小型湯沸かし器の取り付けについて! 電気温水器などの種類もご紹介

給湯器にはいろいろな種類があります。中でも、台所だけでお湯を沸かすのに重宝するのが小型湯沸かし器です。アパートや古い住宅では、台所だけお湯を出す設備が導入されていない事例があります。必要な部分だけ取り付けることができ、場所も取らないのがメリットです。近年では、洗面所に設置できる電気温水器もあり、小型化で高機能なものが増えています。
「小型湯沸かし器は給湯器とどう違う?」「小型湯沸かし器の特徴が知りたい」など、導入を検討されている方は疑問を抱くことでしょう。小型湯沸かし器を使う目的やメリットなどは、あらかじめよく理解しておくべきです。また、取り付け業者の選び方も重要となります。知識を持ち、工事後に起こりやすいトラブルを回避する策となるはずです。
今回は、小型湯沸かし器についてご紹介します。

  1. 湯沸かし器について
  2. 小型湯沸かし器について
  3. 小型湯沸かし器の選び方
  4. 湯沸かし器の取り付け・修理・交換について
  5. 小型湯沸かし器でよくある質問
  6. まとめ

小型湯沸かし器はスポット設置ができ、大変便利なものです。この記事を読むことで正しい知識を身に付け、工事や修理などについて深く理解することができるでしょう。

1.湯沸かし器について

湯沸かし器の基礎知識や設置する目的などをご紹介します。

1-1.湯沸かし器とはどのようなものか?

湯沸かし器とは、湯を瞬間的に沸かす機械のことです。給湯器の1つに分類されます。小型湯沸かし器は、混合水栓から排出されるように設置するタイプです。

1-2.湯沸かし器を使う目的

バランス釜を設置している家庭では、お風呂でお湯を沸かすことができても、台所でお湯を沸かすことができないといった事態になります。不便を解消するため、小型湯沸かし器を設置するのです。

1-3.湯沸かし器の構造

ガスを熱源としている湯沸かし器は、瞬間的にバーナーに着火し、水を湯に換えて排出します。小型湯沸かし器の場合、上部と側面に給気口があり、空気を取り込んで燃焼を促す仕組みです。

1-4.湯沸かし器の種類

湯沸かし器は、一般的な給湯器も含まれます。風呂など家全体の水道栓からお湯を出すことができる機器です。ほかには、洗面所だけ、台所だけといった設置の仕方ができる、小型湯沸かし器もあります。