省エネ給湯器の魅力を一挙公開! 業者の依頼方法やポイントも!

給湯器を交換するにあたって「省エネ給湯器について知りたい」という人は多いでしょう。省エネ給湯器とは、省エネに特化した給湯器のことです。「エコジョーズ」や「エコキュート」「エコウィル」など、各メーカーからさまざまな商品が販売されています。今回は、その省エネ給湯器について、それぞれの特徴や最近の傾向、選び方などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 省エネ給湯器とは?
  2. 省エネ給湯器の種類
  3. 省エネ給湯器の選び方
  4. 省エネ給湯器の故障、交換について
  5. 省エネ給湯器の取り付けについて
  6. 省エネ給湯器に関するよくある質問

この記事を読むことで、省エネ給湯器を導入するメリットや設置方法などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.省エネ給湯器とは?

まずは、省エネ給湯器の特徴やメカニズム、最近の傾向などをご紹介します。

1-1.定義

給湯器の熱源にはガスや電気などがあります。さまざまな仕組みによってエネルギーの消費を抑え、効率よくお湯を沸かすことができるようにしたのが省エネ給湯器なのです。無駄な排熱を抑えることができるため、地球環境にもやさしい給湯器といわれています。

1-2.メカニズム

省エネのメカニズムは給湯器の種類によって違います。たとえば、エコジョーズはガスを熱源とする給湯器です。二次熱交換器で水を温めた際に発生した排ガスを利用し、一次熱交換器で再びお湯を温めます。このように、従来は捨てていた排ガスを再利用することで有害物質の発生を抑え、効率的にお湯を沸かすことができるのです。

1-3.ほかとの違い

省エネ給湯器は、省エネルギーにすぐれているという点のほかにも、従来の給湯器との違いがあります。まず、環境にやさしいシステムであるということです。二酸化炭素の排出量を大幅にカットできる省エネ給湯器が普及することは、温暖化対策にもつながります。また、従来の給湯器よりも効率よくお湯を作り出すことができ、メンテナンスの手間も軽減できるという点も大きな違いです。

1-4.特徴

省エネ給湯器は、従来の給湯器より初期費用が高くつきます。この点をデメリットと考える人も多いでしょう。しかし、長く使い続けることで電気代やガス代の節約につながるため、トータルコストで考えると絶対にお得です。「場所をとる」というイメージがあると思いますが、種類によってはコンパクトなサイズのものを選ぶこともできます。

1-5.最近の傾向

最近の傾向としては、省エネ給湯器と太陽光発電システムを併用して導入する家庭が多くなっています。太陽の光エネルギーを直接電気に変換するもので、この方法によって二酸化炭素の排出量をさらに削減でき、光熱費も削減可能です。

2.省エネ給湯器の種類

省エネ給湯器の種類や注意点などをまとめました。

2-1.省エネ効果について

省エネ給湯器は無駄なエネルギーを使わないため、年間平均1万円程度の光熱費を節約できます。その省エネ効果は従来の給湯器に比べて10%以上といわれており、すぐれた熱効率であることが分かるでしょう。

2-2.種類

省エネ給湯器は各メーカーから販売されており、主に以下のような種類があります。

  • エコジョーズ:排熱を活用し、少ないガス量でお湯を沸かすガス給湯器
  • エコキュート:空気熱を利用してお湯を沸かす電気給湯器
  • エコウィル:ガスを燃料にしてエンジンで発電するガス給湯器

2-3.メーカー

リンナイ・ノーリツ・パロマが国内給湯器の3大メーカーと呼ばれています。特にリンナイとノーリツは知名度とシェア率が高く、すぐれた省エネ給湯器が豊富です。メーカーによって性能に大きな差はないでしょう。設置条件に当てはまるものの中から、給湯器を導入する目的を考え、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

2-4.機能

最近はさまざまな機能がついた省エネ給湯器が登場しており、注目を集めているのです。追い炊きや自動湯沸かしなどの機能はもちろん人気があります。さらに、暖房機能や半身浴モード機能・ミストサウナ機能・オーディオ機能など、バスタイムをより快適に楽しむための機能を求める人が増えているのが現状です。

2-5.使用上の注意点

光熱費を節約できるといわれている省エネ給湯器ですが、使い方によっては逆にガス代や電気代が高くついてしまう場合もあります。たとえば、エコキュートは電気代が安い深夜にまとめてお湯を沸かしてためておく仕組みです。電気料金設定の見直しをするなど、無駄な光熱費が発生しないように注意しましょう。

3.省エネ給湯器の選び方

省エネ給湯器を選ぶポイントや設置場所についてご紹介しましょう。

3-1.選び方のポイント

省エネ給湯器を選ぶ際には、以下のポイントを参考にしてください。

  • 家族構成に合った号数か
  • どんな機能がほしいか
  • 必要な設置スペースがあるか
  • 屋外設置か屋内設置か

特に号数の選び方は重要で、号数が大きいほど一度に使えるお湯の量が多くなります。単身世帯は16号、2人家族は20号、4人家族は24号がおすすめです。

3-2.向いている家庭

前述したとおり、省エネ給湯器は従来の給湯器よりも初期費用がかかります。しかし、ランニングコストを抑えたいという家庭には絶対におすすめです。また、毎月の光熱費を節約したい場合は、どの給湯器だとどのくらい節約できるのか、よく調べてから購入するようにしましょう。

3-3.種類やサイズ

「省エネ給湯器は場所をとる」というイメージがあると思います。しかし、最近は薄型タイプのものも登場しており、狭いスペースでも設置可能なものが増えているのです。特に、マンションやアパートだと給湯器を置く場所に限りがあるでしょう。そういった場所にも設置できる給湯器もあるということを覚えておいてください。

3-4.設置場所について

エコジョーズは貯湯タンクがありませんが、エコキュート・エコウィルは貯湯タンクを置くスペースの確保が必要です。メンテナンスのしやすさも考えて、ある程度のすき間も作らなければなりません。スペースの問題で設置が難しい場合は、薄型エコキュートの購入を検討しましょう。

3-5.設置、選び方の注意点

給湯器には「適した設置場所」があります。間違えて設置すると熱効率が悪くなってしまう、給湯器の寿命が短くなってしまうなどの可能性もあるため、十分注意してください。また、マンションやアパートに設置できる給湯器の種類が決まっている場合もあるため、業者と相談してから決めるようにしましょう。

4.省エネ給湯器の故障、交換について

省エネ給湯器によくある故障や寿命、交換にかかる料金や補助金などについてご紹介します。

4-1.よくある故障

省エネ給湯器に起こりやすいのは、以下のような故障です。

  • お湯が出ない
  • 異音や異臭がする
  • お湯になるまで時間がかかる
  • お湯の温度が安定しない
  • 途中で電源が落ちる
  • 頻繁にエラーコードが出る

4-2.対応策

エラーコードが表示された場合は、まず取り扱い説明書でどのように対応するべきか調べてください。内容によっては、給湯器の電源を入れ直すだけで改善することもあります。お湯が出ない場合は給水元栓やガス栓が閉じていないか確認し、お湯の温度が安定しない場合はフィルターにゴミが詰まっていないかチェックしてみましょう。この方法でも改善しない場合は、すぐ業者に連絡してください。

4-3.寿命、耐用年数

省エネ給湯器の寿命は10年前後といわれています。購入からこのくらいの時間がたつと、さまざまな不具合が現れやすくなるでしょう。製造終了から10年経過すると、故障しても「修理部品がない」という理由で修理が難しくなります。交換が必要になってしまうため、普段からしっかりと点検を行い、寿命をのばす使い方をしましょう。

4-4.料金について

料金は号数や機能によって大きく異なります。給湯専用のものであれば10万円台から購入できますが、多彩な機能がついたものは40万円以上です。さらに、設置や交換工事にかかる費用もプラスされることになるため、事前にしっかりと確認しておきましょう。

4-5.補助金について

自治体によっては、省エネ給湯器の導入に対して補助金が支給されます。この制度をうまく活用すると、お得に省エネ給湯器を取り入れることが可能です。自分が住んでいる地域ではどのような制度になっているのか、事前に確認しておくとよいでしょう。

5.省エネ給湯器の取り付けについて

省エネ給湯器の取り付けについて、依頼先や方法・料金などをご紹介します。

5-1.どこへ依頼するのか?

省エネ給湯器の取り付けを依頼できるのは、ガス会社や電気会社・メーカー・専門業者のいずれかです。ただし、ガス会社や電気会社ではメーカーや機種が限られていることも多く、メーカーはそのメーカーの製品しか取り扱っていません。そのため、おすすめなのは専門業者です。給湯器の取り付けだけでなく、交換や修理も受け付けています。また、どのメーカーの給湯器でも扱いが可能という点もメリットでしょう。独自の割引サービスを設定している業者も多いため、ぜひチェックしてみてください。

5-2.DIYできるのか?

給湯器の取り付けを自分で行うのはおすすめできません。特にガスを使用する場合は専門の資格が必要になりますし、万が一失敗した場合、火災や爆発などの事故が発生する危険もあるのです。必ず業者に依頼するようにしてください。

5-3.業者を選ぶポイント

業者を選ぶポイントは以下のとおりです。

  • 豊富な実績がある
  • 在庫数が多い
  • 素早い対応をしてくれる
  • 無料見積もりを受け付けている
  • トラブル対応力にすぐれている
  • アフターフォローが充実している

5-4.設置方法

給湯器の販売と設置工事を行っている「給湯器SHOP エコの店」では、まずホームページのフォームから無料見積もりをお申し込みいただきます。その後、現地調査を行い、正式なお見積もりの内容にご納得いただけましたら、ご契約という流れです。ご希望の日時に取り付け工事を行い、完了後にお支払いとなります。

5-5.料金設定

料金設定については、業者ごとに異なります。そのため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較してから決めるようにしましょう。そうすることで、大まかな相場を知ることにもつながります。

5-6.注意点

業者を選ぶ際には、悪徳業者の存在についても知っておきましょう。見積もりの内容と異なる料金を請求し、高額な料金をだまし取るような業者もいます。また、手抜き工事をされてしまうと事故が発生する危険もあるため、慎重に業者選びをしてください。インターネットの口コミなどもチェックするとよいでしょう。

6.省エネ給湯器に関するよくある質問

「省エネ給湯器の導入を検討している」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

6-1.エコジョーズとエコキュートでは、初期費用はどちらが高くなりますか?

A.本体価格に大きな差はありませんが、設置工事費用はエコキュートの方が高くなります。そのため、初期費用はエコジョーズの方が安く抑えられるでしょう。

6-2.省エネ給湯器の寿命をのばす使い方にはどのようなものがありますか?

A.イオウや酸・塩分を含む入浴剤を使用するのはやめましょう。入浴剤の成分を含んだお湯が配管をとおると劣化がすすみます。また、循環アダプターのフィルターは定期的に洗浄してください。こまめなメンテナンスが給湯器の寿命をのばします。

6-3.ハイブリッド給湯器とは何ですか?

A.電気とガスの両方でお湯を沸かす給湯器です。使用湯量が少ないときはヒートポンプで、多いときはエコジョーズでお湯を沸かすため、より効率的といえるでしょう。

6-4.省エネ給湯器でさらに節約するためのポイントを教えてください。

A.入浴中以外はお風呂にふたをする・リモコンをこまめに消す・沸かすよりお湯を足して温め直すなどの節約術があります。意識するだけでもトータルコストが違ってくるでしょう。

6-5.業者のアフターフォローにはどのような内容のものがありますか?

A.「給湯器SHOP エコの店」では、2年間のメーカー保証に加え、10年間の無料工事保証がついています。また、全国どこからでも修理のご依頼を受け付けているため、安心です。

まとめ

いかがでしたか? 省エネ給湯器の特徴やメリット、選び方などをまとめてご紹介しました。給湯には大きなエネルギーが必要になります。そのエネルギー消費を抑えるために開発されたのが、省エネ給湯器なのです。豊富な種類から自分の家庭やライフスタイルに合ったものを選び、より快適な生活を手に入れるとよいでしょう。ぜひこの記事を参考にして、省エネ給湯器の導入を検討してください。