追い焚き配管は定期的に洗浄が必要なの? 雑菌も繁殖するって本当?

追い焚き配管とは、お風呂に設置されているお湯が循環する配管のことです。給湯器を使用してお湯を沸かすタイプの風呂釜で、追い炊き機能がついていれば、追い焚き配管がついています。追い焚き配管は使っているうちに汚れが内部にこびりつき、雑菌が繁殖するため、定期的に洗浄することがおすすめです。
そこで、今回は追い焚き配管の洗浄方法について解説しましょう。

  1. 追い焚き配管とはどのようなもの?
  2. 追い焚き配管に洗浄が必要な理由
  3. 追い焚き配管の洗浄方法
  4. 追い焚き配管の洗浄機能とは?
  5. 追い焚き配管の洗浄に対するよくある質問

この記事を読めば、追い焚き配管を洗浄するタイミングや、洗浄方法の種類などもよく分かりますよ。自宅の浴槽に追い炊き機能がついている人は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.追い焚き配管とはどのようなもの?

追い焚き配管とは、配管内にお湯を循環させ、給湯器の熱で温め直すための配管です。浴槽内の追い焚きボタンを押すと、浴槽内のお湯が配管を通って再び浴槽内に出てきます。その際、給湯器の熱で暖められるので、追い焚きとなるのです。追い焚き配管には、強制循環式(1つ穴)と自然循環式(2つ穴)があり、現在は1つ穴の強制循環式が主流となっています。

2.追い焚き配管に洗浄が必要な理由

この項では、追い焚き配管の洗浄を定期的に行わなければいけない理由を解説します。一般的な掃除では、ダメなのでしょうか?

2-1.追い焚き配管が汚れる理由

追い焚き配管は、追い焚きをするたびに浴槽内のお湯が配管内に入ります。入浴したお湯は一見綺麗に見えますが、垢(あか)等で汚れており、そのようなお湯が通る配管も汚れていくのです。入浴する人数が多いほど、お湯や配管は汚れやすくなるでしょう。

2-2.雑菌も繁殖しやすくなるって本当?

少人数家族の場合、お風呂のお湯を沸かし直して数日間使う、というところもあるでしょう。確かに、追い焚きのほうがお湯をはりなおすよりも光熱費がかかりません。しかし、長期間お風呂のお湯を沸かし直し続けていると、「レジオネラ菌」という細菌が繁殖する場合があります。レジオネラ菌に感染すると、劇症性のレジオネラ肺炎や一過性ポンティック熱を発症する可能性があるのです。これらを発症すると、高熱や咳・頭痛・筋肉痛などが症状として現れ、最悪の場合は死に至ります。
レジオネラ菌は36度前後で最も増殖しやすいので、お湯の中は絶好の繁殖場所です。お湯を循環して利用する、公衆浴場や介護施設等の浴室に発生しやすい菌ですが、ご家庭でも2~3日お湯を変えずに沸かし直して使用しているという場合は、注意しましょう。

2-3.追い焚き配管の汚れを防止する方法

追い焚き配管の汚れを防止するためには、追い焚きの回数をできるだけ少なくすることが一番です。入浴する時間を調整し、可能な限り追い焚きの回数を少なくすれば、汚れ防止になります。また、いくら少人数家庭でも1日おきには、浴槽のお湯を交換しましょう。
また、入浴剤も種類によっては配管をいためます。入浴剤を使う場合は、注意書きをよく読みましょう。

3.追い焚き配管の洗浄方法

この項では、追い焚き配管の洗浄方法を紹介します。どのような方法があるのでしょうか?

3-1.専用の洗剤を使用する方法

ホームセンターなどには、追い焚き配管を洗浄する専用の洗剤が販売されています。自分で追い焚き配管を洗浄したい場合は、専用の洗剤を利用しましょう。強制循環式(1つ穴)・自然循環式(2つ穴)・24時間風呂用などの種類がありますので、自宅の浴槽の種類に合わせて購入してください。専用の洗剤による洗浄は、月1回が目安と言われています。
使い方は簡単です。お湯を追い焚き配管の入り口から5cm以上上くらいまではっておき、そこに専用の洗剤を溶かしましょう。残り湯を使用してもよいですが、入浴剤がはいっているものは使えません。専用の洗剤を入れた状態で2~3分追い焚きを行い、その後10分間放置し、排水を行ってください。その後で、すすぎのためにもう一度水をためて追い焚きを5分ほど行い、排水します。

また、普段の掃除でも追い焚き配管の入り口にかぶせられているカバーは、定期的に古歯ブラシなどで掃除しましょう。

3-2.業者に依頼する方法

  • 追い焚きをするとお湯から臭いがする
  • 追い焚きをすると黒っぽいゴミのようなものが出る
  • 専用の洗剤を使用して掃除をしたら、湯垢のようなものが大量に出てきた

このような場合は、追い焚き配管を掃除してくれる業者に依頼しましょう。1時間~半日程度で、配管内を掃除してくれます。費用は1万~2万円代が相場です。インターネットを検索すれば、すぐに最寄りの業者が見つかるでしょう。業者によっては、1年に1度程度業者による清掃をすすめているところもあります。業者に掃除をしてもらえば、配管内はかなりきれいになるでしょう。

3-3.注意点

配管内は細く長いため、自分で掃除をしようと掃除器具などを不用意に入れれば、かえって配管を傷つけてしまいます。自分で配管内を掃除する場合は、洗剤だけの使用にとどめておきましょう。

4.追い焚き配管の洗浄機能とは?

最新式の給湯器には、追い焚き配管の洗浄機能がついているものもあります。配管洗浄機能・配管お掃除機能・自動洗浄機能とメーカーにより名称は異なりますが、このような名前がついている場合は、洗浄機能がついていると考えてよいでしょう。自動洗浄機能とは、配管内を定期的に水洗いするものや、排水時に追い焚き配管内のお湯を排出する機能です。つまり、水洗いや内部に水を残さないように強制排出する機能になります。なにも行わないよりマシですが、過信しすぎるのもやめましょう。
汚れの原因となるものの一つである皮脂は脂性の汚れで、水では洗い流せません。また、洗剤や消毒液などを通すわけでもないので、殺菌効果や除菌効果もないのです。ですから、2か月に1度程度は専用洗剤で内部を洗い、前項で紹介したような症状が気になった場合は、専用の業者に洗浄を依頼しましょう。

5.追い焚き配管の洗浄に対するよくある質問

Q.賃貸物件の場合、業者を呼んで勝手に清掃をしてよいのでしょうか?
A.基本的には構いません。気になる場合は、管理会社や大家さんに問い合わせてください。

Q.汚れで配管がつまるということは、ありませんか?
A.汚れではありませんが、とろみがつく入浴剤などを使用した場合は気をつけましょう。基本的に使用しないでください。

Q.追い焚き機能を全く使わなければ、配管は汚れませんか?
A.はい。しかし、汚れを恐れて追い炊き機能を使わなければ、不便です。

Q.基本的に配管が古ければ、汚れも付着しているのでしょうか?
A.その可能性はあります。ただし、古くても掃除をこまめにしている配管はきれいでしょう。

Q.お湯に中性洗剤などを混ぜて自動洗浄機能を使えば、きれいになりますか?
A.いいえ。お湯に中性洗剤などを混ぜてもきれいになりません。

6.おわりに

いかがでしたか? 今回は、追い焚き配管の洗浄について解説しました。あまり清掃をされることのない場所ですが、放っておいた時間が長いほど、汚れは溜まっています。専用の洗剤はホームセンターなどで手に入るので、まずは自分で掃除をしてみましょう。