追い焚き配管は定期的に洗浄が必要なの? 雑菌も繁殖するって本当?

追い焚き配管とは、お風呂に設置されているお湯が循環する配管のことです。給湯器を使用してお湯を沸かすタイプの風呂釜で、追い炊き機能がついていれば、追い焚き配管がついています。追い焚き配管は使っているうちに汚れが内部にこびりつき、雑菌が繁殖するため、定期的に洗浄することがおすすめです。
そこで、今回は追い焚き配管の洗浄方法について解説しましょう。

  1. 追い焚き配管とはどのようなもの?
  2. 追い焚き配管に洗浄が必要な理由
  3. 追い焚き配管の洗浄方法
  4. 追い焚き配管の洗浄機能とは?
  5. 追い焚き配管の洗浄に対するよくある質問

この記事を読めば、追い焚き配管を洗浄するタイミングや、洗浄方法の種類などもよく分かりますよ。自宅の浴槽に追い炊き機能がついている人は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.追い焚き配管とはどのようなもの?

追い焚き配管とは、配管内にお湯を循環させ、給湯器の熱で温め直すための配管です。浴槽内の追い焚きボタンを押すと、浴槽内のお湯が配管を通って再び浴槽内に出てきます。その際、給湯器の熱で暖められるので、追い焚きとなるのです。追い焚き配管には、強制循環式(1つ穴)と自然循環式(2つ穴)があり、現在は1つ穴の強制循環式が主流となっています。