【必読】給湯器から煙が出る原因は? 故障の対処法を詳しく解説!

給湯器は、いつでも使いたいときにお湯を使えることで、毎日の暮らしを豊かにしてくれるものですよね。しかし、使用頻度が高いために、故障などを起こしやすいのも事実でしょう。たとえば、給湯器から煙が出る場合は特に注意してください。慌てず、適切な対応をすることで危険を避け、安全を確保できるのです。今回は、給湯器から煙が出る場合について、正しい対処方法と修理・交換に関する必要な知識を解説します。

  1. 給湯器から煙が出ると危険な状態?
  2. 給湯器から煙が出たときの対応について
  3. 給湯器から煙が出たときの修理・交換について
  4. 給湯器から煙が出ることに関するよくある質問

この記事を読むことで、給湯器から煙が出た場合でも何をするべきか分かるので、落ち着いて対応ができます。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.給湯器から煙が出ると危険な状態?

最初に、給湯器から煙が出る状態について解説します。主な原因や危険性・注意点などを確認しましょう。

1-1.煙が出るのはどこから? どんな状態?

給湯器から煙が出ている場合、どこからどんな状態で出ているか確認しましょう。古いガス小型瞬間湯沸かし器は、着火不良が起こりやすく不完全燃焼を起こして煙が出ることがあるので気をつけてください。また、給湯器のタイプにかかわらず10年以上使用している給湯器も注意が必要です。経年変化により、内部の部品が劣化して故障し、煙が出る原因になることがあります。

1-2.給湯器から煙が出る主な原因は?

給湯器から煙が出る場合、次のような原因を考えることができます。

  • 不完全燃焼を起こしている
  • 給湯器内部に異物(害虫やゴミなど)が入り燃焼している
  • 空焚(からだ)きをした

1-3.給湯器から煙が出ることの危険性や注意点

給湯器は、通常は使用中に煙が出ることはありません。白い煙が出ているように見える場合は、水蒸気であることが多いものです。しかし、明らかに水蒸気以外の煙(灰色・黒色など)が出ているときは、故障や不具合が起きていることを意味しています。煙が出ている場合は、使用を中止し速やかに業者に連絡してください。