浴室乾燥機の電気代が気になる! 上手な浴室乾燥機の利用法徹底解説

浴室乾燥機を設置したいけれど、電気代が高そうなので設置をしようかどうか迷ってはいませんか? 近年普及してきた浴室乾燥機ですが、浴室を乾燥させるのみならず、洗濯物の乾燥にも利用できるなど幅広い利用方法があるのも魅力的です。しかし、気になるのは電気代ではないでしょうか。この記事は、浴室乾燥機を上手に利用する方法や電気代などについて解説をしています。

  1. 浴室乾燥機とは
  2. 浴室乾燥機について
  3. 浴室乾燥機の電気代について
  4. 浴室乾燥機のお得な使い方とは?
  5. 浴室乾燥機の設置について
  6. よくある質問

この記事を読むことで、浴室乾燥機を上手に使う方法と上手な節約方法を知ることができるでしょう。浴室乾燥機は非常に便利です。賢く、そしてお得に使いましょう。

1.浴室乾燥機とは

この項では、浴室乾燥機の定義とメカニズムや機能などについて紹介をします。

1-1.定義

浴室乾燥機とは浴室の天井に埋め込んで、浴室を換気する設備です。浴室に温風を流し衣類乾燥としても利用することができます。洗濯機の乾燥機とは違い、衣類を吊るしたまま乾かすことが可能です。そのため、洗濯機にシワがつきません。天井に埋め込むタイプがほとんどですが、壁掛けのタイプもあります。熱源には電気もしくはガス温水を利用し、ガス温水は浴室乾燥機本体とは別に給湯の熱源が必要です。

1-2.浴室乾燥機の機能

浴室乾燥機の機能としては下記のものがあります。

  • 浴室乾燥機能
  • 洗濯乾燥機能
  • 浴室暖房機能

浴室乾燥機能は、浴室の換気と乾燥を素早くおこなうことができカビの増殖を防止することができます。洗濯乾燥機能は、雨の日や梅雨時に浴室乾燥をする際に利用することができる機能です。浴室乾燥機を利用することでシワなく乾きます。花粉症対策にもなるでしょう。浴室暖房機能ですが、浴室を暖かくする機能です。暖かい場所から寒い浴室に入るとヒートショックを起こしてしまいます。浴室暖房機能はヒートショック予防となるでしょう。

1-3.浴室乾燥機の目的

湿度の高い浴室を乾燥させる目的として利用されます。浴室や水回りは日の当たらない北側に設置されるため、湿度が高くなりカビの原因になるのです。浴室乾燥機は換気と乾燥をすることでカビの繁殖を予防します。また、寒い浴室はヒートショックの原因となるでしょう。そのため、浴室を暖めるために浴室乾燥機を利用します。

1-4.人気、最近の傾向

浴室乾燥機は、天井に埋め込むビルトインタイプと、天井や壁に掛けて使うタイプがあります。人気があるものはビルトインタイプです。ビルトインタイプは、本体を天井の裏に設置するため、見た目が非常にスッキリとして人気があります。新築の家ではビルトインタイプの浴室乾燥機が標準装備されているのがほとんどです。

2.浴室乾燥機について

この項では、浴室乾燥機の効果について紹介をしていきます。

2-1.効果について

浴室乾燥機の効果としては、浴室を暖めるのみならず、洗濯物を乾燥させる効果があります。雨の日や梅雨時、また花粉のシーズンなどで部屋干しの際に活躍をするでしょう。また、防カビ・防臭効果のある浴室乾燥機の設置も増加傾向にあります。

2-2.種類

浴室乾燥機は、電気式とガス温水式の2種類があります。

熱源が電気の、電気式の場合は浴室乾燥機の中で熱を作り、浴室の乾燥や暖房に利用するのです。そして、ヒートポンプ式と呼ばれるものもあります。ヒートポンプ式は、浴室以外の部屋から空気を吸い込んで熱をため込み、その熱を利用して浴室の乾燥・暖房をおこなうものです。

一方、ガス温水式は、浴室の外に設置した熱源機の中でお湯を循環し熱を作りだし、その熱を浴室乾燥機に利用します。ガス温水式の方が温度上昇と乾燥がスピーディーです。

また、天井埋込型(ビルトインタイプ)・天井付けタイプ・壁掛けタイプと設置方法によって分けることもできます。

2-3.販売しているメーカーについて

浴室乾燥機の製造と販売は、給湯器を販売しているメーカーであれば、ほとんど製造と販売をおこなっているのです。ガス温水式の浴室乾燥機を製造販売しているメーカーとして有名なものは、パロマやリンナイなどがあります。一方、電気ヒーター式の浴室乾燥機を販売しているメーカーとして有名なものは三菱やPanasonicなどです。TOTOも電気式浴室乾燥機を販売していいます。

2-4.そのほかの機能

浴室乾燥機のそのほかの機能としては、下記のようなものがあります。

  • ミストサウナ
  • プラズマイオンクラスター機能
  • 涼風機能

ミストサウナ機能は、浴室をサウナ空間にすることができる機能です。小さなお子さんがいる家庭では、一緒にお風呂に入る親はお子さんの体を洗うなどしていると湯冷めをしてしまいます。そのようなときにミストサウナを利用すれば湯冷めをしにくくなるでしょう。そして、プラズマイオンクラスター機能は、浴室内に浮遊するカビ菌を退治する機能です。また、夏の暑い時期に涼風機能を利用すれば浴室乾燥機から涼しい風が出て、快適に入浴することができます。

3.浴室乾燥の電気代について

この項では浴室乾燥機の電気代について紹介をします。

3-1.浴室乾燥機の消費電力は?

浴室乾燥機の消費電力は、Panasonic製の「FY-13UG6E」の場合は下記のとおりです。

  • 衣類乾燥:1250W
  • 強暖房:1300W
  • 強涼風:25.5W
  • 換気:25.5W

3-2.1年間ではいくらになる?

電気代は機器の種類や電力会社のプランにより異なります。たとえば、電力量料金を27円/kWhとして計算をした場合、衣類乾燥なら1日3時間使用で101円です。これを1年間使用した場合、約36,360円になります。

3-3.ガス温水式、電気式の比較

ガス温水式と電気式を比較した場合、ガスなら電気式よりもムラなくスピーディーに暖めることが可能です。東京ガスの試算では、ガス温水式なら約6分でお風呂場を暖めることができますが、100Vの電気式であれば浴室の温度を25度まで上げるのに約17分かかります。

3-4.洗濯機の乾燥機能の電気代との比較

東京ガスの試算では、ガス温水式(4.1kWタイプ)の場合、洗濯物が完全に乾くまでに約64分で42円です。そして、電気式(1.4kW:100V)の場合は148分で78円となります。

ドラム式洗濯乾燥機(ヒーター乾燥)の場合、1回の乾燥にかかる電気代は48.92円です。また、ドラム式乾燥機(ヒートポンプ式乾燥)の場合、1回の乾燥にかかる電気代は14.31円となります。

3-5.洗濯乾燥機にはないメリットとは?

洗濯乾燥にはないメリットとして、浴室乾燥機は吊るしたまま洗濯物を干すことができます。そのため、洗濯乾燥機ではどうしてもできてしまうシワを作らずに済むことができるでしょう。もちろんですが、浴室乾燥機は乾燥機の代わりにも使えるというだけの話です。24時間の換気に利用すればシックハウス症候群対策をすることができます。また、浴室を暖めることができるのでヒートショック予防など、浴室乾燥機にはさまざまな使い方があることを忘れてはいけません。

4.浴室乾燥のお得な使い方とは?

この項では、浴室乾燥機のお得な使い方について紹介をしていきます。また、コストをかけない使い方なども合わせて解説をしていきましょう。

4-1.コストをかけない使い方

浴室乾燥機は洗濯乾燥機と比較すると、どうしてもコストがかかってしまいます。そのため、コストを抑える方法としては夜間電力の使用です。夜間の方が電気料金を安く抑えることができるので、夜間に浴室乾燥機を利用して乾かすという方法があります。また、ほかの乾燥機と併用することもコストを抑えるのには有効でしょう。たとえば、仕上げのみ浴室乾燥機を利用するというものです。そして、意外と忘れがちですが、浴室乾燥機のフィルターを掃除することで使用電力をわずかですが抑えることが可能になります。 ・

4-2.オール電化と浴室乾燥機について

オール電化の住宅の場合、契約体系により深夜の電気料金が安くなるのがほとんどです。従量電灯契約と比較すると半額以下で電気を使用することができます。これを利用した浴室乾燥機を使用するのがオール電化の場合は理想的でしょう。つまり、昼に洗濯をするのではなく、夜に洗濯をして、浴室に干したまま就寝するのです。そうすれば翌朝には洗濯物が乾きます。

4-3.電気プランについて

電気の契約プランは時間帯別電灯と従量電灯があります。まず、時間帯別電灯はオール電化住宅に採用されている電気プランで、23時~翌日7時まで電気料金が安くなるのです。一方で、日中の電気料金は割高になります。従量電灯は時間帯に関係なく電気の使用量に応じて課金される電気プランです。そのため、浴室乾燥機を利用するオール電化の家では、時間帯別電灯をうまく使い電気料金を安く抑えましょう。

5.浴室乾燥機の設置について

この項では、浴室乾燥機の設置について業者選びのポイントから料金、注意点について解説をします。

5-1.料金についてタイプ別に紹介

浴室乾燥機は本体価格のほかに必ず設置のために工事費用がかかるので注意しましょう。工事費用については、業者により異なりますが、2万円~4万円程度が相場になります。ガス温水式浴室乾燥機は、室内機の設置のほかに室外機の設置をおこない、室外機と室外機を温水パイプでつなぐ工事が必要です。そのため、室内機のみを設置する電気式よりも工事費用は高くなる傾向があります。費用は本体と工事費を含め、ガス温水式浴室乾燥機は10万円以上、電気式浴室乾燥機は10万円以下が相場です。また、天井に埋め込むタイプの場合、天井に穴をあけ、補強工事が発生することもありますので高額になる傾向があります。  

5-2.おすすめの家庭

浴室乾燥機がおすすめの家庭としては下記の家庭があげられます。

  • 高齢者がいる家庭
  • 外干しをすることが困難な家庭
  • 共働きで夜に洗濯をする家庭
  • 部屋干しをするスペースがない家庭

5-3.業者選びのポイント

業者選びのポイントは、下記の点をあげることができます。

  • 見積もり費用がしっかりしている
  • アフターフォローがしっかりしている
  • 電気工事士等の有資格者である
  • 浴室乾燥機の設置の実績が豊富である
  • 疑問点について丁寧に答えてくれる

5-4.アフターフォローについて

浴室乾燥機は、浴室という機械には過酷な環境にて365日稼働します。そのため、アフターフォローをしっかりする業者を選ぶようにしましょう。

5-5.業者選びの注意点

業者選びの注意点として、見積書をきちんと読み、わからない部分がある場合は必ず質問をするようにしましょう。料金のトラブルについてはよく起こります。自分は関係ないと考えず疑ってかかるべきです。また、業者選びはインターネットの口コミを参考にしておくといいでしょう。信頼できる業者と同じく信頼できない業者は存在します。   

6.よくある質問

Q.マンションでも浴室乾燥機を設置することはできるでしょうか?
A. 賃貸マンションでなければ、浴室乾燥機を設置することはできます。

Q.浴室乾燥機を後付けで設置することができるでしょうか?
A. 可能です。ガス温水式浴室より電気式の方が簡単に設置することができます。

Q.壁掛けタイプとビルトインタイプどちらがいいでしょうか?
A. 壁掛けタイプのほうが設置費用がかかりません。見た目はビルトインタイプのほうがいいでしょう。どちらにせよ、お好みで選ぶべきです。

Q.浴室乾燥機を購入した方がいいのでしょうか?
A. 浴室乾燥機はカビ菌を除菌できるほか、ヒートショック予防にもなります。高齢者がいる家庭では、浴室乾燥機を設置して損はありません。

Q.ヒートポンプ式と電気ヒーター式、どちらが電気代は安くなりますか?
A.ヒートポンプ式の方が電気代は安くなるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。浴室乾燥機の電気代などについてまとめました。安く抑える方法なども記載しましたが、お役に立つでしょうか。浴室乾燥機の需要は年を追うごとに高まっています。将来的にマイホームを購入する予定があるなら、設置を検討してもいいのではないのでしょうか。電気代なども利用方法を工夫することで安く抑えることが可能です。ぜひともお役に立ててください。