浴室乾燥機の電気代が気になる! 上手な浴室乾燥機の利用法徹底解説

浴室乾燥機を設置したいけれど、電気代が高そうなので設置をしようかどうか迷ってはいませんか? 近年普及してきた浴室乾燥機ですが、浴室を乾燥させるのみならず、洗濯物の乾燥にも利用できるなど幅広い利用方法があるのも魅力的です。しかし、気になるのは電気代ではないでしょうか。この記事は、浴室乾燥機を上手に利用する方法や電気代などについて解説をしています。

  1. 浴室乾燥機とは
  2. 浴室乾燥機について
  3. 浴室乾燥機の電気代について
  4. 浴室乾燥機のお得な使い方とは?
  5. 浴室乾燥機の設置について
  6. よくある質問

この記事を読むことで、浴室乾燥機を上手に使う方法と上手な節約方法を知ることができるでしょう。浴室乾燥機は非常に便利です。賢く、そしてお得に使いましょう。

1.浴室乾燥機とは

この項では、浴室乾燥機の定義とメカニズムや機能などについて紹介をします。

1-1.定義

浴室乾燥機とは浴室の天井に埋め込んで、浴室を換気する設備です。浴室に温風を流し衣類乾燥としても利用することができます。洗濯機の乾燥機とは違い、衣類を吊るしたまま乾かすことが可能です。そのため、洗濯機にシワがつきません。天井に埋め込むタイプがほとんどですが、壁掛けのタイプもあります。熱源には電気もしくはガス温水を利用し、ガス温水は浴室乾燥機本体とは別に給湯の熱源が必要です。

1-2.浴室乾燥機の機能

浴室乾燥機の機能としては下記のものがあります。

  • 浴室乾燥機能
  • 洗濯乾燥機能
  • 浴室暖房機能

浴室乾燥機能は、浴室の換気と乾燥を素早くおこなうことができカビの増殖を防止することができます。洗濯乾燥機能は、雨の日や梅雨時に浴室乾燥をする際に利用することができる機能です。浴室乾燥機を利用することでシワなく乾きます。花粉症対策にもなるでしょう。浴室暖房機能ですが、浴室を暖かくする機能です。暖かい場所から寒い浴室に入るとヒートショックを起こしてしまいます。浴室暖房機能はヒートショック予防となるでしょう。

1-3.浴室乾燥機の目的

湿度の高い浴室を乾燥させる目的として利用されます。浴室や水回りは日の当たらない北側に設置されるため、湿度が高くなりカビの原因になるのです。浴室乾燥機は換気と乾燥をすることでカビの繁殖を予防します。また、寒い浴室はヒートショックの原因となるでしょう。そのため、浴室を暖めるために浴室乾燥機を利用します。

1-4.人気、最近の傾向

浴室乾燥機は、天井に埋め込むビルトインタイプと、天井や壁に掛けて使うタイプがあります。人気があるものはビルトインタイプです。ビルトインタイプは、本体を天井の裏に設置するため、見た目が非常にスッキリとして人気があります。新築の家ではビルトインタイプの浴室乾燥機が標準装備されているのがほとんどです。