京丹後市の給湯器事情は? 給湯器の交換・業者選びのポイント

京丹後市(きょうたんごし)は、京都府北部に位置する市で、市域一帯が日本海に面しています。別名・海の京都とおいわれており、天然温泉が湧き出ていることもあり温泉施設が豊富です。そんな京丹後市は、夏の気温が高く、冬は降雪量が多い地域でもあります。そのため、冬場は給湯器が必要不可欠になり、冬の寒さに強い種類を設置しなければなりません。京丹後市での給湯器選びは、地理的特徴も確認することが大切です。

そこで本記事では、京丹後市に適した給湯器選びのポイントを紹介します。

  1. 京丹後市での給湯器について
  2. 京丹後市の給湯器交換業者について
  3. 京丹後市の給湯器交換・業者選びのポイント
  4. 京丹後市での給湯器に関してよくある質問

この記事を読むことで、京丹後市に最適な給湯器が分かり、適したタイプが設置できます。知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

1.京丹後市での給湯器について

まずは、京丹後市の地理的特徴・気候を知ることが大切です。きちんと把握しておけば、適切な給湯器を選ぶことができます。それでは、早速チェックしましょう。

1-1.京丹後市の給湯器の傾向・事情は?

京丹後市とは、一体どんなところなのでしょうか。ここでは、地理的特徴・人気の給湯器・気候について説明します。

1-1-1.地理的特徴

京丹後市は、京都府の最北部に位置しており、日本海に面しています。沿岸部は山陰海岸国立公園や若狭湾国定公園に指定され、内陸部には標高400~600mの山々が連なっている地域です。美しい海と緑豊かな山に抱かれた自然環境と、古代丹後王国をはじめとする固有の歴史・文化が、京丹後市の特色といえます。京都府の中でも海と山の両方を楽しむことができる地域です。新しい京都が発見できる土地として、「海の京都」とも呼ばれています。

1-1-2.人気の給湯器の種類

京丹後市で人気の給湯器とは、一体どんな種類なのでしょうか。給湯器は主に、ガス・電気・石油と電気の違いによって3種類に分けることができます。この中でも人気があるのは、パワーのあるガス給湯器か、石油給湯器でしょう。昔からよく使用されていたのは石油給湯器ですが、現在はガス給湯器が主流になっています。ガス給湯器は、給湯能力が高く、瞬間式タイプであれば必要な分のお湯を即座に使うことができるのです。

1-1-3.気候について

京丹後市の気候は、夏の気温が高く、冬の降雪量が多い日本海側気候に属しています。日本の中でも多雪地帯として知られる地域の多くが日本海側気候です。冬の降雪量は地域によって多少異なりますが、大雪に備えが必要となります。また、近年は、豊かな自然エネルギーを活用して、風力発電や太陽光発電の研究が積極的に行われているようです。実際に、平成27年度には、京丹後市再生可能エネルギー導入促進支援補助金(第1次)の公募が行われました。太陽光発電システムなど、自然エネルギーを活用したシステムの導入に力を入れている都市です。

1-2.給湯器の選び方

京丹後市は、冬の寒さが厳しいので大きめの号数の給湯器を設置したほうがよいでしょう。給湯器の号数は給湯能力を表しており、数字が大きくなるほどお湯を沸かすパワーも大きくなります。寒い地域では、どれだけ早く熱いお湯を沸かせるのかが大きなポイントです。

また、家族構成によって号数も異なります。たとえば、単身向けは16号、2人家族は20号、4人家族は24号がベストです。家族構成と地域・気候の特徴を踏まえた上で、給湯器を選びましょう。

後は、機能別のタイプを比較して選んでください。給湯器のタイプには、ガスふろ給湯器・ガス給湯器・ガスふろがまの3種類があります。それぞれの特徴を以下にピックアップしてみました。

  • ガスふろ給湯器:オートタイプに自動たし湯機能をプラスした「フルオート」と、自動お湯はりの「オートタイプ」がある
  • ガス給湯器:給湯専用
  • ガスふろがま:おふろ湯沸かし用

1-3.設置場所について

一般的に、給湯器は風呂場の近くに設置するケースがほとんどです。ただし、給湯器の大きさや隣家との距離など、スペースによって異なるので注意しなければなりません。また、マンションの場合は、設置場所が決められていることもあります。設置業者・管理人・オーナーなどと相談してから、設置を決めたほうがよいでしょう。

1-4.注意点

冬が厳しい地域は、給湯器の配管が凍結しやすい傾向があります。そのため、冬になると給湯器が動かなくなったり、お湯が出なくなったりなどというトラブルも起きやすくなるのです。最もポピュラーな対策としては、配管カバーをつけたり、給湯器の水抜きをしたりする方法があります。

2.京丹後市の給湯器交換業者について

京丹後市で給湯器の交換・設置を行っている業者を5つ紹介します。こちらの業者は当社とは関係ありませんので、詳細は各業者まで直接お問い合わせください。

イースマイル
住所:京都府京都市伏見区竹田藁屋町90(京都営業所)
京丹後市の給湯器修理を24時間年中無休で行っています。給湯器の修理交換が、最短65分で可能というスピード性を重視している業者です。給湯器3大メーカーとなる「ノーリツ」「リンナイ」「パロマ」など、幅広い給湯器の種類を扱っているため、目的・用途に合った種類が選択できるでしょう。

テックス
住所:京都府京都市西京区大枝沓掛町26-383
給湯器専門の業者で、壁取りつけタイプ・据え置きタイプなどさまざまな種類の給湯器を扱っています。京丹後市を中心に全国で給湯器の交換を行っており、即日対応が可能です。すぐに対応できる店舗展開や、在庫数が湯テックスの特徴でもあります。LINEからも無料見積もりができるため、気軽に相談ができるでしょう。

正直屋
住所:京都府京都市伏見区醍醐僧尊坊町1-72
京都府内での給湯器設置・交換工事専門店です。全国90店舗で営業しており、年中無休・即日対応で工事の依頼を受けつけています。また、給湯器の品数が100以上と豊富な在庫をそろえているのも特徴です。工事後も10年保証がついているため、急なトラブルでも無償で対応してくれるでしょう。

オオエデンキ
住所:京都府京丹後市丹後町成瀬寺1486
電気温水器・ボイラー・エコキュートなど給湯器関連の設置工事・販売を行っている業者です。給湯器のほかにも、家電販売・修理、太陽光発電・エコロジー部門の工事も行っています。京丹後市を中心に、太陽光システム・オール電化・電気工事を得意としているため、その点に関しても相談できるでしょう。

3.京丹後市の給湯器交換・業者選びのポイント

適切な給湯器を選び設置するためには、業者選びが大切なポイントです。ここでは、業者選びのポイントを説明します。また、京丹後市の給湯器設置・交換を行っている『給湯器SHOP エコの店』も紹介しましょう。

3-1.業者選びのポイント

給湯器設置・交換業者が多数あると、どこに依頼したらよいのか悩むものです。適当に選ぶと、悪徳業者に引っかかるおそれがあるので注意しなければなりません。業者へ依頼する前に、選び方のポイントを押さえておきましょう。特に、注意しておきたいポイントは以下のとおりです。

  • 丁寧かつスピーディーな対応
  • 給湯器の種類が豊富にそろっている
  • 給湯器交換・設置工事の実績がある
  • 即日対応が可能
  • 工事保証・アフターフォローが充実している
  • 低費用かつ高品質なサービスを提供している
  • 無料見積もり・無料相談を受けつけている
  • 口コミ・評判がよい

業者によってサービス内容が異なるため、ホームページをチェックしてください。複数の業者を比較すると選びやすくなるでしょう。

3-2.『給湯器SHOP エコの店』の紹介

給湯器SHOP エコの店』は、京都府京都市にある給湯器販売・設置工事業者です。リンナイ・ノーリツを始め、人気メーカーの最新給湯器が最大81%オフで販売しています。さらに、工事費込みのパック商品も販売しているため、ほかの業者よりも低価格で工事を行うことが可能です。ガス機器設置スペシャリスト・液化石油ガス設備士など資格保有者が工事を行います。工事後10年間は、無償で修理対応する保証もついているのでご安心ください。無料見積もりの申し込みや、商品・工事・修理についての疑問にも対応しています。ぜひ1度ご相談ください。

3-3.注意点

給湯器の故障は、夏場よりも冬場が圧倒的に多くなります。なぜなら、冬場は凍結など寒さによるトラブルが発生しやすいからです。冬場に給湯器が故障した場合は、即日交換できないことがあります。ホームページに記載されている給湯器が、すぐに準備できるとは限りません。そのため、日ごろからメンテナンスを実施したほうがよいでしょう。
給湯器の平均寿命は約8~10年といわれているため、8年以上使い続けている給湯器は注意が必要です。異常がなくても、1度業者に検査してもらったほがよいでしょう。急に故障するとお湯が使えなくなってしまうので、不具合や異変を感じたら早めに対処してください。

4.京丹後市での給湯器に関してよくある質問

京丹後市での給湯器に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.京丹後市以外の業者でも依頼はできるのか?
A.京丹後市外にある業者でも依頼はできます。全国対応可能な業者もあるので、インターネットで検索してみるとよいでしょう。ただし、業者の中には「対応エリア」が決まっているところもあります。依頼前に、京丹後市が含まれているかどうか確認したほうが安心です。ホームページに記載されていない場合は、電話で尋ねるとよいでしょう。

Q.エコ給湯器のメリット・デメリットが知りたい
A.次世代給湯器と呼ばれているエコ給湯器は、従来の給湯器よりも省エネルギーでお湯を沸かすことができます。エコ給湯器の大きなメリットは、省エネルギーに加え、環境にもやさしく光熱費を抑えることができる点です。設置・本体価格など初期費用が高めというデメリットはありますが、長く使い続ける点ではコストパフォーマンスに優れている給湯器といえるでしょう。

Q.給湯器の熱源を変えることはできるのか?
A.絶対にできるとはいえません。なぜなら、ガス・電気の配管によって変わるからです。ガスから電気に変えるのであれば、電気の配管を設置しなければなりません。個人では分からない部分が多く出てくるため、まずは、業者に相談してください。

Q.給湯器の故障・寿命のサインとは?
A.よくある故障・寿命のサインとしては、以下の症状があります。

  • 給湯器が一定でない
  • 給湯器がうるさくなったり、異音がする
  • エラーコードが頻繁に出る
  • 湯量が明らかに少なくなった
  • お湯はりをすると設定温度よりぬるい・高い

以上のサインが頻繁に出るようであれば、給湯器を交換したほうがよいでしょう。ただし、給湯器を設置してから1~2年程度なら、修理のほうが費用を抑えられる可能性があります。修理か交換で悩むときは、使用年数・故障内容などを見極めてから判断したほうがよいでしょう。業者と相談しながら決めるのも方法の1つです。

Q.気をつけておきたい悪徳業者の特徴とは?
A.スタッフの対応が悪い・すぐに対応してくれない・口コミや評判が悪い業者は要注意です。悪徳業者は、きちんと給湯器をチェックせずに交換をすすめる傾向があります。交換・設置工事の実績・経験がない可能性もあるため、設置後に給湯器が使えないなどのトラブルも起きやすくなるでしょう。業者との間でトラブルにならないためには、複数の業者を比較することが大切です。

まとめ

いかがでしたか? 京丹後市は、京都府の日本海側に属している地域です。海と山、両方の自然エネルギーが豊かな地域で、夏場は気温が高く、冬場は降雪が増えるなど日本海側気候に当てはまります。給湯器を設置する場合は、特に、冬場の使用に注意が必要です。冬場は凍結しやすく、お湯が出ないなどのトラブルに発展しやすい傾向があります。トラブルを未然に防ぐためには、その土地の気候を踏まえた給湯器を選び、対策を立てておかなければなりません。個人では限界があるため、専門業者と相談しながら給湯器の交換・設置を行いましょう。そうすれば、適切な給湯器を設置し、快適に使い続けることができます。