給湯器の交換・業者選びのポイント~京丹後市の給湯器事情について~

京丹後市(きょうたんごし)は、京都府北部に位置する市で、市域一帯が日本海に面しています。別名・海の京都とおいわれており、天然温泉が湧き出ていることもあり温泉施設が豊富です。そんな京丹後市は、夏の気温が高く、冬は降雪量が多い地域でもあります。そのため、冬場は給湯器が必要不可欠になり、冬の寒さに強い種類を設置しなければなりません。京丹後市での給湯器選びは、地理的特徴も確認することが大切です。そこで、本記事では、京丹後市に適した給湯器選びのポイントを紹介します。

  1. 京丹後市での給湯器について
  2. 京丹後市の給湯器交換業者について
  3. 京丹後市の給湯器交換・業者選びのポイント
  4. 京丹後市での給湯器に関してよくある質問

この記事を読むことで、京丹後市に最適な給湯器が分かり、適したタイプが設置できます。知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

1.京丹後市での給湯器について

まずは、京丹後市の地理的特徴・気候を知ることが大切です。きちんと把握しておけば、適切な給湯器を選ぶことができます。それでは、早速チェックしましょう。

1-1.京丹後市の給湯器の傾向・事情とは

京丹後市とは、一体どんなところなのでしょうか。ここでは、地理的特徴・人気の給湯器・気候について説明します。

1-1-1.地理的特徴

京丹後市は、京都府の最北部に位置しており、日本海に面しています。沿岸部は山陰海岸国立公園や若狭湾国定公園に指定され、内陸部には標高400~600mの山々が連なっている地域です。美しい海と緑豊かな山に抱かれた自然環境と、古代丹後王国をはじめとする固有の歴史・文化が、京丹後市の特色といえます。京都府の中でも海と山の両方を楽しむことができる地域です。新しい京都が発見できる土地として、「海の京都」とも呼ばれています。

1-1-2.人気の給湯器の種類

京丹後市で人気の給湯器とは、一体どんな種類なのでしょうか。給湯器は主に、ガス・電気・石油と電気の違いによって3種類に分けることができます。この中でも人気があるのは、パワーのあるガス給湯器か、石油給湯器でしょう。昔からよく使用されていたのは石油給湯器ですが、現在はガス給湯器が主流になっています。ガス給湯器は、給湯能力が高く、瞬間式タイプであれば必要な分のお湯を即座に使うことができるのです。

1-1-3.気候について

京丹後市の気候は、夏の気温が高く、冬の降雪量が多い日本海側気候に属しています。日本の中でも多雪地帯として知られる地域の多くが日本海側気候です。冬の降雪量は地域によって多少異なりますが、大雪に備えが必要となります。また、近年は、豊かな自然エネルギーを活用して、風力発電や太陽光発電の研究が積極的に行われているようです。実際に、平成27年度には、京丹後市再生可能エネルギー導入促進支援補助金(第1次)の公募が行われました。太陽光発電システムなど、自然エネルギーを活用したシステムの導入に力を入れている都市です。

1-2.給湯器の選び方

京丹後市は、冬の寒さが厳しいので大きめの号数の給湯器を設置したほうがよいでしょう。給湯器の号数は給湯能力を表しており、数字が大きくなるほどお湯を沸かすパワーも大きくなります。寒い地域では、どれだけ早く熱いお湯を沸かせるのかが大きなポイントです。
また、家族構成によって号数も異なります。たとえば、単身向けは16号、2人家族は20号、4人家族は24号がベストです。家族構成と地域・気候の特徴を踏まえた上で、給湯器を選びましょう。
後は、機能別のタイプを比較して選んでください。給湯器のタイプには、ガスふろ給湯器・ガス給湯器・ガスふろがまの3種類があります。それぞれの特徴を以下にピックアップしてみました。

  • ガスふろ給湯器:オートタイプに自動たし湯機能をプラスした「フルオート」と、自動お湯はりの「オートタイプ」がある
  • ガス給湯器:給湯専用
  • ガスふろがま:おふろ湯沸かし用

1-3.設置場所について

一般的に、給湯器は風呂場の近くに設置するケースがほとんどです。ただし、給湯器の大きさや隣家との距離など、スペースによって異なるので注意しなければなりません。また、マンションの場合は、設置場所が決められていることもあります。設置業者・管理人・オーナーなどと相談してから、設置を決めたほうがよいでしょう。

1-4.注意点

冬が厳しい地域は、給湯器の配管が凍結しやすい傾向があります。そのため、冬になると給湯器が動かなくなったり、お湯が出なくなったりなどというトラブルも起きやすくなるのです。最もポピュラーな対策としては、配管カバーをつけたり、給湯器の水抜きをしたりする方法があります。