給湯器を選ぶポイント

給湯器を選ぶポイント

給湯器選びの3つのポイント

「たくさんの種類があってどれにすれば良いのか分からない!」
と、給湯器選びに困っているお客様へ、当社が給湯器を選ぶ3つのポイントをお教えします。

まず知っておこう!給湯器の種類

給湯器の種類は大きく分けて次の3つです。

  • ガスふろ給湯器 設置フリータイプ
    給湯器から離れた浴槽でもポンプでお湯を循環させて湯はり・おいだきができるタイプ。
  • ガスふろ給湯器 浴槽隣接設置タイプ
    戸建住宅など、浴室に隣接してガス給湯器を設置するタイプ。
  • ガス給湯器
    給湯専用のタイプ。高温水供給式の給湯器や音声ナビ付き給湯器などがあります。

安さで選ぶ!同タイプへの取り替え

給湯器を取り替える場合は、基本的に現在お使いのものと同タイプへの取り替えがお勧めです。同タイプであれば工事が簡単で、費用も安くすみます。

機能で選ぶ!バージョンアップしたい方へ

現在お使いの給湯器に不満がある方は当社にご相談ください。不満を解消する機能を備えた新しい給湯器を、お客様の住まいやご予算に応じてご提案させていただきます。

お住まいの形態別にバージョンアップの例をいくつかご紹介します。(ただし設置場所の条件により、取り替え不可能な場合もあります。)

一戸建ての場合

ガス給湯器 高温水供給タイプ → ガスふろ給湯器 設置フリータイプへ取替
ガス給湯器はおいだきができません。高温水を供給して湯温を上げることでおいだき感覚を得ることはできますが湯量も増えてしまいます。
ガスふろ給湯器に取り替えれば、湯量はそのままでおいだきが可能。その他にも便利な機能が増えます。

ガス給湯器 給湯専用タイプ → ガスふろ給湯器 設置フリータイプへ取替
給湯専用タイプは自動お湯はり機能がないため、時間を見て給湯栓を閉めに行かなければなりません。ガスふろ給湯器に取り換えれば、自動お湯はり・自動保温ができ、その他の機能も充実!

(ガス給湯器 高温水供給タイプへも取り替え可能ですが、商品代が高くなるわりには機能はさほど増えないのでお勧めしません。)

メンテナンスや給排水に問題がある場合は、
ガスふろ給湯器 浴槽隣接設置タイプ → 設置フリータイプへの取り替えもご提案します。

マンションの場合

マンションでの取り替えは追炊配管等の変更が建築上不可能なため、原則として同じタイプへの取り替えになります。

ガス給湯器 高温水供給タイプ → ガス給湯器 給湯専用タイプへ取替
より経済的に取り替えをご希望なら、給湯専用タイプ+オートストップ機能もお勧めです。自動お湯はり機能はありませんがオートストップ機能をつければ、「ついうっかりしてお湯をあふれさせてしまった」ということはありません。(ただし、湯はりが完了したら浴室の給湯栓を閉める必要があります。そのままにしておくと洗面・台所もお湯が出ません。)リモコンの給湯温度を60度に上げて給湯栓から熱いお湯を足すことで、冷めてしまったお湯の温度を上げることも可能です。家族の人数が少ない場合などはこのタイプでほぼ問題ありません。

家族の人数で選ぶ!給湯能力

給湯能力は16号・20号など「号数」で表し、「水温+25度のお湯を1分間に何リットル給湯できるか」がその基準です。例えば、水温+25度のお湯を1 分間に20リットル出せる給湯器なら20号、28リットルなら28号となります。今ご利用の給湯器の湯量にご不満がありましたら、号数を大きくすることをお勧めします。

当社がお勧めする人数別の給湯能力(号数)

5人以上 28号 シャワーと2ヵ所の給湯が同時にできるパワフル給湯
3~4人 24号 余裕のパワーで冬でもシャワーと給湯が同時にできます
2人 20号 シャワーと給湯の同時使用が可能なゆとりのパワー
1人 16号 年間通してシャワーが使えます
まずは無料見積りをご利用ください!

「今の給湯器を取り替えるのに費用はどのくらいかかるのか?」などの疑問にお答えします。どんな機能の給湯器が我が家に合っているのか、と言ったお住まい・要望・予算等に応じた商品選びのサポートも可能です。

無料見積りのお申し込みはこちら

お電話でのお申し込みはこちらまで

0120
ページのトップへ

現在地:給湯器SHOPエコの店 HOME給湯器を選ぶポイント

無料見積り申し込み
修理のご依頼はこちら
お問い合わせはこちら