お湯が出ないのはなぜ? 給湯器のトラブルが起きたらチェックすべき4項目

「お湯が出ない」というのは、実は給湯器のトラブルで最も多い例です。突然お湯が出なくなると生活に支障をきたすことになりますので、すぐに何とかしなければなりません。「電源が入っていなかった」というちょっとしたミスならよいのですが、給湯器の故障である場合は早急に対処する必要があるでしょう。

「給湯器のお湯が出ないので困っている」「水は出るのにお湯が出ない」「給湯器が故障した場合、どこに依頼すればいいのか?」そんな人たちのために、お湯が出ないときの原因や対処法についてまとめてみたいと思います。

  1. お湯が出ない場合に考えられる原因
  2. 故障かどうか確認する方法
  3. どこに依頼すればいいのか
  4. 注意点について

1.お湯が出ない場合に考えられる原因

お湯が出なくなったからといって、必ずしも給湯器が故障しているとは限りません。考えられる原因にはどのようなものがあるか、水もお湯も出ない場合と水は出るがお湯は出ない場合に分けてご紹介しましょう。

1-1.水もお湯も出ない場合

お湯だけでなく水も出ない場合は、給湯器の故障よりも水道管のトラブルが原因である可能性が高いでしょう。最も多いのが、水道管の凍結。寒冷地では冬になるとよくあることなのですが、気温が低下して水道管が凍結してしまうと、水が出なくなります。

気温が上昇すれば自然に解凍されて水が出るようになる場合もありますが、時間が経過したり室内を温めたりしても改善されない場合は、業者に解凍作業を依頼しましょう。また、何らかの原因によって水道管の元栓が閉まっている可能性もあります。元栓と止水栓が開いているか確認してみてください。

その他にも、地域で行っている水道管工事などの影響で断水になっているケースも考えられます。ポストにお知らせが入っていないかチェックしてみましょう。

1-2.水は出るがお湯は出ない場合

問題は「水は出るがお湯は出ない」場合です。「給湯器の故障かもしれない」と思っても、まずは冷静になって自分でできるチェック項目を確認してみましょう。

  • ガス栓、給水元栓は開いているか
  • 運転スイッチはオンになっているか
  • ガスメーターは動いているか
  • ブレーカーは落ちていないか
  • 水抜き栓のフィルターが汚れていないか
  • 電源プラグが抜けていないか

以上のことに問題がなければ、安全装置が働いて自動的にガスが止まってしまっている可能性も考えられます。長時間お湯を出しっぱなしにするとガスの元栓が落ちてしまうケースがある、ということを覚えておきましょう。それでも、改善されない場合は給湯器の故障やトラブルが考えられます。修理や交換が必要になる可能性もありますので、業者に連絡してください。

お湯が出ないからといって故障とは限らないんですね。
はい。まずはこの記事に書かれている内容を確認してみましょう。

2.故障かどうか確認する方法

業者を呼んだものの「故障ではなかった」となると時間の無駄になってしまいます。本当に故障しているのか、業者に連絡すべきなのかを判断するために、故障を確認する方法を知っておきましょう。

2-1.エラーメッセージの確認

給湯器の設定温度や時刻表示の部分に、見慣れない数字やアルファベットが表示されていないか確認してみてください。給湯器からのエラーメッセージなので、取扱説明書のエラーメッセージ表を見れば何を意味しているのかが分かります。取扱説明書がなければインターネットで検索してみましょう。どのようなエラーが起こっているのかが分かれば、業者を呼ぶ必要があるのか判断できるはずです。

2-2.ガスコンロを点火してみる

ガスコンロの火を付けてみて点火しないようなら、ガスが遮断されていることに原因があります。もしガスコンロが点火するようなら給湯器に問題があるということなので、業者に問い合わせてみましょう。その前に念のため、給湯器のコンセントを抜いて数秒待ってみてください。コンセントを抜き差しすることでエラーが解除されてお湯が出るようになる可能性もあります。

エラーメッセージの確認は大切なんですね。
はい。エラーの内容は説明書で確認してください。

3.どこに依頼すればいいのか

では、給湯器の調子が悪いときや故障したときには、どこに依頼すればいいのでしょうか? 給湯器が突然故障するとパニックになりがちなので、あらかじめ連絡先について調べておくと安心です。

3-1.ガス会社

ガス事業法に基づいて家庭や企業にガスを供給している会社で、東京ガス、大阪ガス、東邦ガス、西部ガスなどがあります。給湯器の故障や不具合に対応しているので、まずはコールセンターや営業所に問い合わせてみてください。

ガス会社から直接購入した給湯器なら、保証期間内は無償で修理してもらえます。保証期間外であれば出張料と技術料のほかに修理内容に応じて別途料金が発生しますが「信頼できる」という点が最大のメリットと言えるでしょう。ただし、ガス会社のメイン事業はガスの供給であるため、機種が限定されるケースもあります。

3-2.給湯器メーカー

ノーリツ・リンナイ・パロマ・パーパスなどの給湯器メーカーに修理を依頼するという手もあるでしょう。修理だけならメーカーに依頼するのが最もスピーディーですが、メーカーのスタッフではなく、業務委託を受けた専門業者が対応します。そのため、業者によっては修理代金が高くなる、保証期間の延長ができないなどの例もあるようです。

3-3.専門業者

給湯器の販売や取り付け、修理を行っている専門業者であれば、対応が迅速でアフターサービスも充実しています。各メーカーの機種を扱っているので、安心してお任せできるでしょう。専門知識が豊富なスタッフが多いので、適切なアドバイスもしてもらえるようです。

故障の原因によって連絡する場所が異なるんですね。
はい。必要ならば複数の場所に連絡しましょう。

4.注意点について

最後に、給湯器の修理や交換を専門業者に依頼する際の注意点をいくつかご紹介します。失敗しない業者選びのために、ぜひ知っておいてください。

4-1.技術力があり施工実績が豊富

給湯器の修理や交換を適切に行うためには、スタッフの知識や技術が必要です。「安さ」だけで選ばず、ガス設備士やガス機器設置スペシャリストなどの資格を持ったスタッフがいる業者に依頼するようにしましょう。施工実績はどのくらいあるのか、お客様からの評価はどうなのかについても、しっかりとチェックするべきです。実績や評価は業者のホームページやインターネットの口コミを参考にすれば分かります。

4-2.アフターサービスがしっかりしている

給湯器には定期的な点検が必要です。こまめに点検をし、メンテナンスしている給湯器は、やはり寿命も長くなります。「無料点検は何か月までか」「メーカーの長期保証プランは充実しているか」などをチェックして、アフターサービスのしっかりしている業者を選ぶようにしましょう。

4-3.見積もりを比較して選ぶ

給湯器の修理や点検にはそれなりの金額がかかります。料金が工事内容に見合っているかどうかは、素人には判断しにくいものです。必ず事前に複数の業者に見積もりを依頼して、比較してから選ぶようにしてください。慎重に業者選びをすることは、重要なポイントになるでしょう。

慌てて業者を選んではいけないんですね。
はい。しっかりと吟味して選んでください。

まとめ

給湯器のお湯が出ない原因についてまとめてみました。

  • お湯が出ない場合に考えられる原因
  • 故障かどうか確認する方法
  • どこに依頼すればいいのか
  • 注意点について

「自宅のお湯が出なくて困っている」「お湯が出ない原因が知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。