最低限これだけはしておこう! ユニットバスの掃除方法

一人暮らしをすることになったあなた。炊事・洗濯・掃除などそのすべてを自分でする必要があります。その中でも面倒に感じるのがユニットバスの掃除ではないでしょうか。
「放っておいても大丈夫か」と、高を括(くく)っていると浴槽の床やカーテンがとんでもないことになって使い物にならないかも。
この記事では、ユニットバスの掃除方法についてご紹介します。

目次

  1. ユニットバスを掃除しないと……
  2. ユニットバスの掃除方法
  3. カビ対策とキレイにするコツ
  4. ユニットバスの清掃頻度とは
  5. まとめ

1.ユニットバスを掃除しないと……

ユニットバスを掃除しないと具体的にどういったデメリットが発生するのか。掃除をしないことで起こる大きな問題2つを知っておきましょう。

1-1.排水溝が詰まる

ユニットバスを掃除しないでいると排水溝が詰まってしまいます。髪の毛や石けん垢(あか)が排水溝に流れ込み、そのごみを取り除かないでいると水をスムーズに排水することができません。
排水溝が詰まると水が溢(あふ)れ返り、汚染された水が浴槽に逆流してきます。

1-2.カビが発生する

掃除をしないことで最も問題なのはカビの発生です。
カビは初めピンク色ですが、徐々に黒くなって浴槽全体に広がっていきます。カビは放っておいても取れません。むしろ、頑固になってなかなか取れないようになります。
カビは人体に入ることでアレルギーを引き起こすものもあるのです。さらに、衛生的にもカビはよくありませんし、ユニットバスを利用するのが難しくなります。

2.ユニットバスの掃除方法

排水溝の詰まり・カビの発生を防ぐ意味もありますが、リラックス空間の衛生面はきちんと確保したいもの。
この項目では、ユニットバスの掃除方法をご紹介します。

2-1.排水溝

排水溝はフタ表面にあるごみや髪の毛を取ってからパイプの中を掃除します。ごみが詰まっていれば固めの棒などでかき出していきましょう。ごみを除いても流れが悪いときには、市販のパイプクリーナーを流し込みます。
排水溝は普段からの手入れがポイント。排水溝に絡まる髪は、ユニットバスを使い終わった後に取っておくと詰まる可能性が低くなります。また、排水溝に付けることができるネットかカバーを使いましょう。ネットとカバーを置くだけで髪による詰まりが解消できます。

2-2.鏡

浴槽内に鏡がある場合は、使った後の手入れを忘れないようにしましょう。放っておくと拭いただけでは簡単に取れないようになります。スポンジ等でこすっても取れないのが大半です。
鏡を掃除する場合は、市販のクリーナーや洗剤を使うのがおススメ。洗剤を使わないでもいいように普段から拭いておきましょう。

2-3.天井

天井は掃除が難しい場所のひとつ。しかし、放っておくとカビが巣くう場所になってしまうので掃除する必要があります。
ユニットバスの天井が高い場合はフロー人具ワイパーで水分を引き取りましょう。また、届く場合はスポンジで磨くだけで十分です。カビが発生している場合は、カビを除去する洗剤やお酢を付けて磨きます。普段から水分を取っておくだけでカビの発生は大きくカットできるのでこまめに拭いておきましょう。

2-4.浴槽下

浴槽下を掃除するには、浴槽の側面にあるエプロンを取り外します。取り外した後、汚れている部分をスポンジ等で磨いてやればOKです。
浴槽下にはユニットバスを動かすための配管が収納されています。掃除をするとき、この配管を破損しないように注意しましょう。 

2-5.カーテン

カーテンはシャンプーや泡が付きやすいので、使用後にしっかりとシャワーを掛けておきましょう。また、できるのであれば外(そと)に干したほうがカビの発生を防ぐことができます。
もし、カビが発生した場合は漂白剤を使いましょう。浴槽にお湯を張り、そこに漂白剤を混ぜます。30分ほど付けておけばピカピカなカーテンに元通りです。

2-6.タイル・壁面

タイルや壁面はカビが発生しやすく隙間に出てくると掃除が面倒。そんなタイルには歯ブラシでの掃除がおススメです。
歯ブラシに洗剤を付けてゴシゴシと磨くだけでカビや汚れが取れます。もし、歯ブラシで取れない場合は市販のカビ取り剤を使って漂白しましょう。普段から歯ブラシで磨いておくだけで効果は違います。

3. カビ対策とキレイにするコツ

ユニットバスを掃除する一番の目的はカビの発生を防ぐことにあります。この項目では、カビを防ぎながらキレイに保つコツをご紹介しましょう。

3-1.お風呂上りにできる予防

毎日使うユニットバスですから、使い終わった後に手入れをすることでキレイな浴槽を保つことができます。その方法は、お風呂から上がった後に浴槽全体へ冷水シャワーを掛けるだけです。
冷水を掛けることで浴槽内の湿度を下げるだけでなく、石けんカスや皮脂を取ることができるので一石二鳥となります。

3-2.湿気を取る

冷水を掛けた後に湿度は下がりますが湿気(水分)までは下げられません。シャワーを掛けた後に乾いた布で拭いてやるとカビの発生率をグッと下げることができます。
また、浴槽内にあるボトルなどの汚れも拭いてやると衛生的にもプラスです。

3-3.換気を行う

お風呂後に手入れをしてやった後に換気扇を回しておきましょう。また、窓があるのであれば開けておきます。空気循環をしっかりしておけばカビ発生の条件を回避することができるのです。

3-4.カビに効く洗剤

カビやお風呂掃除に役立つのはクエン酸。または、お酢などで構いません。どちらかを洗剤として使うだけでピカピカになります。
タオルに付けて軽く拭いてみましょう。簡単な汚れやカビであればキレイに拭き取ることができます。
ほかにおススメの洗剤が重曹です。重曹はさまざまな汚れに使うことができる便利さもありますが、洗剤を使いたくない場所に使えるのがポイント。
ホームセンターなどで簡単に購入することができます。ひとつ用意しておくと色々な場面で使うことができるので用意しておきましょう。

4.ユニットバスの清掃頻度とは

ユニットバスの手入れは使用後に1回行うのが理想。この作業だけでカビの発生を大きくカットできるからです。また、入浴前にも掃除するのがいいでしょう。また、毎回の掃除が難しくても週の半分以上は掃除することをおススメします。
さらに、排水溝でいえば週2回以上はきちんと掃除することをおススメ。排水溝が詰まってしまい水の流れが悪くなってからだと非常に面倒です。

5.まとめ

いかがでしたか?
この記事ではユニットバスの掃除に関する情報をお届けしました。さいごに、ユニットバスの掃除に関する大事なポイントをまとめておきましょう。

  • ユニットバスを清掃しないとカビが発生する。
  • カビは人体にも悪影響を与える。
  • ユニットバスで特に気を付けたいのは排水溝・タイル。
  • カーテンはあえて付けない選択もできる。
  • お風呂上りのメンテナンスが掃除のコツ。
  • まとめて掃除するのではなくこまめに掃除する。

一人暮らしの中で避けて通れない掃除。特に、浴槽の掃除は面倒で後回しにしがちです。しかし、後回しにすればするほどカビが発生し、排水溝も手が付けられない状態になってしまいます。快適なお風呂ライフのためにも、ユニットバスはしっかりと掃除をしましょう。