気になる頭皮のニオイを解消! 塩シャンプーがスゴかった!

これからの汗ばむ季節、気になるのが「頭皮のニオイ」。中年男性に限らず、若い女性でも頭皮のベタつきや油っぽいニオイに悩んでいる人は多いそう。しかし、最も身近な調味料、「塩」でシャンプーすることで、簡単にそのお悩みを解消することができちゃうんだとか。本日はその塩シャンプーのやり方とその効果をご紹介したいと思います。

  1. 頭皮のニオイは洗いすぎが原因?
  2. 塩シャンプーのやり方は?
  3. 塩シャンプーは一日おきがベター

1.頭皮のニオイは洗いすぎが原因?

そもそも頭皮はどうして臭くなってしまうのでしょうか? 実はその原因は、「洗いすぎ」かもしれません。頭皮には「常在菌」という良い菌がいて、それがニオイをバリアする役割を果たしています。シャンプーで洗いすぎると、その常在菌までいなくなってしまって、逆にニオイが発生しやすくなってしまうのだそうです。その洗いすぎを適度に防いでくれるのが、塩シャンプーなのです!

2.塩シャンプーのやり方は?

  1. まずは食塩水を作ります。洗面器に出来るだけ温かいお湯を張り、ティースプーン2~3杯の食塩を投入します。塩は溶けにくいので、なるべくお湯の温度を高くすることがコツ。
  2. まずはお湯のみで丁寧に髪を洗いましょう。髪についた埃やフケを、食塩で髪を洗う前に、この時点で洗い流します。
  3. はじめに作った食塩水をすくい、頭皮に揉みこむように洗っていきます。毛穴の一つ一つをマッサージするように、丁寧に洗っていきましょう。
  4. しっかりとお湯ですすいで完了です。

3.塩シャンプーは一日おきがベター

頭皮のベタつきを防いでくれる塩シャンプーですが、塩には香料が入っていないため、逆に地肌本来のニオイが気になる人もいるそうです。

そこでおすすめしたいのが、一日おきの塩シャンプー。塩シャンプーをした翌日は、普通のシャンプーで髪を洗っていきましょう。ノンシリコンタイプのシャンプーが用意できると、毛穴のつまりを防ぐことが出来、効果抜群です。

まとめ

これからの季節、是非塩シャンプー、試してみてくださいね!