ガス給湯器の故障原因は? 症状別の対処方法を解説

ほとんどの一般家庭にある「ガス給湯器」は、寒い時期に大活躍してくれる機械です。冷たい水を温かいお湯に換えてくれる便利なものですが、壊れてしまうと寒いときは不便ですよね。
長年使ってきたガス給湯器であれば“寿命かな?”と思いますが、新しい給湯器が壊れると何が原因かわかりません。
ガス給湯器の故障原因を考えながら、その原因にあった対処方法を紹介していきたいと思います。
ガス給湯器を使っている人はぜひチェックしてみてください。

1.水しか出ない場合

故障状況にもさまざまですが、お湯にならず水しか出てこない場合は、1番に考えられる故障原因は「ガスメーターの遮断」です。ガスメーターが遮断されてしまっているとお湯を沸かすための機能が正常に働くことはできません。このようなケースはガスメーターを再度動かすための操作を行わなければならないでしょう。ガス給湯器を購入したときについてきた説明書があれば説明書通りに操作を行っていってください。

ほかのところが故障していなければすぐにお湯が出てくるはずです。ガス栓が閉まっていたり、プロパンガス自体がきれていたりすることもあるのでそれらの確認もすると良いでしょう。水栓器具が壊れてしまっているのであれば、ガス給湯器の会社に連絡して交換してもらわなければなりません。お湯が出ない、水しか出てこない場合はこれらの原因が考えられるので必ずしも二度と使えないというわけではありません。

2.水もお湯も出てこない場合

いくら操作してもお湯も水すら出てこない場合は、いくつかの故障原因が考えられます。
配管の凍結、水栓の不具合、給水バルブの故障、給湯器自体の故障など挙げられますが、水も出てこない場合は新しい給湯器に交換しなければならないこともあります。
水栓や給水バルブの故障であれば交換で済みますし、凍結が原因であればあついお湯を配管にかけるだけで元通りに動くでしょう。給湯器そのものの故障であれば交換するほかありません。
自分で原因を確かめることもできますが、なかなか判明できない場合は給湯器の会社に連絡して専門の人に見てもらった方が早く解決できます。

3.適切な対処方法は?

故障しているのか原因を探るためにも、まずは自分で以下の項目をチェックしましょう。

  • マイコンメーターが点滅しているかどうか
  • ガス、水の元栓が開いているかどうか
  • 乾電池はきれていないかどうか
  • 出ない箇所はいくつあるのか

もし、マイコンメーターが点滅しているのであれば復帰操作をおこなえば、正常に戻ります。
ただし、ガスの臭いがする、マイコンメーターが点滅していないようであればすぐにガス会社か、またはガス給湯器メーカーに連絡してください。
連絡次第、すぐに点検にきてくれます。
故障原因となっているところを調べ、的確に修理をしてくれるでしょう。
修理サービスは無料だったり、お金がかかることもあるので事前に確認しておいてください。
対処方法はそのときの状況によって変わるので、自分で確認できることはすべてチェックしてから考えましょう。

まとめ

ガス給湯器の故障原因は、ガスや水の元栓や配管の状況、水栓器具の破損などさまざまな原因が挙げられます。自分でできる確認はしておき、状況によってガス会社・給湯器メーカーに連絡をして点検をしてもらいましょう。故障を未然に防ぐための方法としては“定期的メンテナンス”がかかせません。いざ故障をして困ることのないように定期的にメンテナンスを行っていきましょう。