ビルトインコンロを交換したい! 故障したビルトインコンロの取替え方法

長年使っていたビルトインコンロが故障してしまった際、「もう寿命だから新しいものに交換したい」ということもあるでしょう。しかし、ビルトインコンロはキッチンに直接組み込まれているため、自分で取り替えることができません。そこで今回はビルトインコンロを交換するにはどのような手順を踏めばいいのかを紹介します。ビルトインコンロの故障でお悩みの方は

この記事を読むことで新しいコンロの選び方や交換の手順を理解いただけるでしょう。

  1. ビロトインコンロの寿命について
  2. ビルトインコンロとは?
  3. ビルトインコンロを選ぶ基準
  4. ビルトインコンロを交換するには?
  5. 業者に依頼する際の注意点

1.ビロトインコンロの寿命について

ビルトインコンロの寿命は大体8年から10年です。10年前後で火の付きが悪くなるなどの不具合が発生することが多くなっています。メーカーに部品が残っていれば修理して使うことも可能ですが、製造から10年以上のものは安全の高い新しいものに交換したほうがよいでしょう。

2.ビルトインコンロの交換に必要な資格

ビルトインコンロは一般的なテーブルタイプのガスコンロと異なり、交換の際にガス接続をしなければなりません。そのため、交換には以下の資格が必要になります。

2-1.都市ガスの場合

  • 簡易内管施工士 (ガス栓まで取替が必要な場合)
  • ガス可とう管接続工事監督者
  • ガス機器設置スペシャリスト(GSS)

2-2.LPガスの場合

  • 液化石油ガス設備士(経済産業省認定国家資格)
  • ガス機器設置スペシャリスト(GSS)

本体の交換のみ自分で行いガス接続だけを有資格者に依頼するということも可能ですが、誤った方法で設置された場合、故障や事故の原因にもなりかねません。安全のためにもプロに依頼することをオススメします。

3.ビルトインコンロを選ぶ基準

それでは新しいビルトインコンロを選ぶ時には何を基準にして選べばよいのでしょうか? 押さえておくべきポイントを紹介します。

3-1.ガスの種別に注意

一口にガスと言っても、都市ガスとプロパンガスの2種類があります。自宅のガスの種別を確認し、対応しているガスコンロを選ぶようにしてください。誤ったガスコンロは使用できなかったり、事故の原因となる恐れもありますので注意してください。

3-2.トッププレートのサイズで選ぶ

ビルトインコンロのトッププレートのサイズは、60cmと75cmのものが主流です。キッチンカウンターを広く使いたい場合は60cm、大きな鍋を使って調理したい場合は75cmを選択すると良いでしょう。ただし、現在設置されているタイプと違う大きさのものを設置する際はシステムキッチンへの工事が必要となることもあります。

3-3.天板の素材で選ぶ

ビルトインコンロの天板に使用されている素材は主にホーロートップ・ガラストップ・フッ素コートです。素材によって見た目・お手入れのしやすさが大きく左右されます。それぞれの特徴を紹介しましょう。

3-3-1.ホーロートップ

昔から使用されている素材で、キズや汚れに強く比較的安価で手に入るというのが特徴です。ただし、熱に弱く、長期間の使用によってホーロートップがはげ落ち、サビが発生してしまうこともあります。

3-3-2.ガラストップ

現在、主流となっている強化ガラスが使用されているタイプのものです。耐久性・耐熱性にすぐれ手入れも簡単という特徴があります。ただし、重いものを落としてしまったりすると割れてしまうこともあるので扱いには注意が必要です。

3-3-3.フッ素コート

銅板にフッ素コートが施されているタイプのものです。比較的安く、油をはじくので手入れがしやすいという特徴があります。ただし、固いものでこするとフッ素コートがはがれてしまうので、掃除の際は注意が必要です。

3-4.搭載されている機能で選ぶ

最近のビルトインコンロには、さまざまな機能が搭載されているものも多いです。温度を検出して一定の温度を保つ機能、タイマー機能、グリルの部分でピザやパンが焼けるなど、こうした機能によって料理の幅が広がります。調理の中でビルトインコンロをどのように活用していきたいかというのも選ぶ際のポイントです。

4.ビルトインコンロを交換するには?

先ほどもお伝えしたように、ビルトインコンロは自分で設置することができないため、ホームセンターで購入してそのまま取り替えるというわけにはいきません。最近ではインターネットでビルトインコンロと工事費がセットになっている商品が販売されています。こうした商品を購入するのが一番手っ取り早いでしょう。当店でもビルトインコンロと工事がセットになったパック商品を多数取り扱っています。交換をお考えの方は対応エリアを確認の上、お問い合わせください。ご要望に合わせたオススメの商品・最適なプランを提案いたします。

5.業者に依頼する際の注意点

最後に、業者にビルトインコンロの設置を依頼する際に注意するポイントを紹介します。トラブルを未然に防ぐためにも以下のことに注意してください。

4-1.ガス接続に必要な資格を持っているか?

ビルトインコンロの設置は必ず有資格者が行う必要があります。中にはコストを抑えるために資格を持たないスタッフに工事をさせているところもあるようです。設置の仕方が間違っていると使えないばかりか事故の原因になりますので、必ず工事担当者が資格を持っているかどうかを確認してください。

4-2.工事価格は適正か?

業者の中には適当な理由をつけて工事費用をつり上げるところもあると言います。一般的な相場を把握し、業者から提示された見積りが適正かをしっかりと判断しましょう。また、逆に安すぎる場合は何らかのコストを削っている可能性がありますので、なぜその値段でできるのかをしっかりと納得した上で依頼するようにしてください。

4-3.アフターサポートは万全か?

どんなに注意して工事をしていても、場合によっては不具合が発生してしまうこともあります。こうした事態になった時、どのように対応してくれるのかを確認しましょう。商品に対する保証の他、工事に対しても保証をつけている業者もあり、こうした業者であれば不具合の際もすぐに対応してもらえるはずです。

まとめ

ビルトインコンロの交換方法・選び方についてご理解いただけたでしょうか?

  1. ビロトインコンロの寿命について
  2. ビルトインコンロとは?
  3. ビルトインコンロを選ぶ基準
  4. ビルトインコンロを交換するには?
  5. 業者に依頼する際の注意点

これらのポイントを押さえ、快適に調理ができるキッチン環境を実現しましょう。