ガスコンロが故障!? 修理か買換えか…ガスコンロの寿命の見極め方法

お湯を沸かしたり、料理を作ったりと春夏秋冬、毎日使用するガスコンロが故障したら一大事です!

故障かな?と思っても修理を頼んだほうがいいのか、買い替えたほうがいいのかわからなくてお悩みの人も多いでしょう。

そこでガスコンロの寿命や修理と買換えを見極めるポイントなどの情報をお届けします。

目次

  1. ガスコンロの寿命とは
  2. 修理か?買換えか?見極めのポイント
  3. ガスコンロ交換時期の目安
  4. ガスコンロの修理や取り替えはどこに依頼するの?
  5. 業者選びの注意点

1. ガスコンロの寿命とは

毎日活躍しているガスコンロがある日突然、一発で着火しなくなる、すぐ火が消えるなどの状態になると焦りますよね。

丈夫そうに見えてもガスコンロには寿命があるのです。

一般的にガスコンロの寿命は10年前後と言われています。

というのも、大切に使って長持ちさせてもメーカー側に部品があるのは10年程度なので、突然故障しても修理できなくなってしまうからなのです。

ただし10年というのはあくまでも目安で、その家庭のガスコンロの使い方によっても寿命は異なってきます。

例えば…

  • 家族の人数が多くて、一日に何度も炒め物や揚物などを作っている
  • 普段は外食ばかりでお湯はウォーターサーバーでまかなっているので、週に1度休日に使うだけ

というように使用頻度が極端に異なれば、ガスコンロのくたびれ方は当然違います。

またガスコンロのお手入れの仕方でも寿命は異なるでしょう。

毎回料理をするごとに拭いて、五徳はこまめに洗い、バーナー周りも掃除すると当然ガスコンロは長持ちします。

油の飛び散りや吹きこぼれによる五徳の焦げ付きなどを放置したまま使っていれば、寿命も縮まってしまうのです。

2.修理か?買換えか?見極めのポイント

突然使えなくなったガスコンロは修理すればいいのか、交換したほうがいいのか迷いますよね。

故障した!と思ったら、乾電池切れだった、バーナーキャップが濡れていたり目詰まりしていた…ということもあります。

おかしいな?と感じたら下記のことを行ってください。

2-1.ガスコンロの使用年数を調べる

ご自宅のガスコンロは何年使用していますか?

一般的にガスコンロの寿命は10年前後といわれています。

部品のなかには消耗品もあるので、使用年数が長ければ長いほど壊れやすくなってくるそうです。

もうそろそろ10年になるかも…という場合は、修理を依頼しても部品がすでに無くなっていることも考えられます。

またせっかく修理をしても、寿命間近であればそれほど持たないかもしれません。

かなり長い間使用しているガスコンロの場合は、故障を機に最新の製品への交換を考えたほうがよいでしょう。

2-2.取扱説明書を読む

東京ガスのホームページには「故障かなと思ったら」という項目があり、最初にチェックしたいポイントや、機器別にチェックポイントが掲載されています。

http://home.tokyo-gas.co.jp/kiki/trouble.html

ガスコンロの項目で「こんな症状のときは」のチェックポイントをすべて見てください。

また「ガス機器固有の症状もございますので、ガス機器付属の取扱説明書もあわせてご確認ください」と記載されています。

ご自宅のガスコンロの取扱説明書には、トラブル時のチェックポイントや修理業者を呼んだほうが良い状態など、詳しく記載されているはずです。

取扱説明書も合わせて見ると、修理のほうがいいのか買換えのほうがいいのか見極めがつくでしょう。

2-3.ガスコンロ取り付け業者に問い合わせをする

上記の項目をチェックしても、修理か買換えか見極められない場合もあります。

そんな時にはガスコンロメーカーや取り付け業者などに問い合わせをしてみましょう。

プロの視点からのアドバイスを得られます。

3.ガスコンロ交換時期の目安

3-1.使用してから10年が経過している

前の項目でもご説明したように、ガスコンロの寿命は10年前後です。

10年以上経過すると修理しようにも部品がないこともあります。

10年以上使用しているガスコンロの場合は、迷わず交換したほうが良いでしょう。

3-2.安全装置付きが義務となった2008年以前のガスコンロ

2008年10月から、ガスコンロは安全装置付きが義務づけられているのはご存じですか?

揚げ物の温度上昇防止、消し忘れや立ち消え防止などの機能がついているのでより安全性が高くなりました。

もし故障したガスコンロが2008年以前のものなら、これを機に安全装置付きの新しい製品に買い替えるのもよいでしょう。

3-3.費用面を考慮する

置き式のガスコンロの場合は、ホームセンターなどで1万円前後で購入できるので気軽に交換が可能です。

でもビルトンガスコンロ(システムキッチンの一部に組み込まれているコンロ)の場合、交換には20万円前後かかります。

使用年数や修理費用を考えたうえで最新のものに交換するか、まだまだ使用するかを考慮してください。

4.ガスコンロの修理や取り替えはどこに依頼するの?

ガスコンロが故障かな?と思ったら修理するか、取り替えになるのですが、どこに依頼すればいいのか迷ってしまいますよね。

賃貸マンションにお住まいの場合は、管理会社に連絡をすれば修理業者を案内してくれるケースも多いようです。

自分で探す場合には、ガスコンロメーカーのお客様センターや、ガスを供給しているガス会社、ガスコンロを購入した販売店などでも受け付けています。

またガス機器の販売、取り付けをしている会社でも工事や修理などを受け付けている会社があるので相談してみてはいかがでしょう。

5.業者選びの注意点

置き型式のガスコンロは自分で交換できますが、システムキッチンと一体になっているビルトインコンロは自分で交換することはできません。

その場合は専門の業者に依頼する必要がありますが、業者選びにはどのようなことに注意すればいいのでしょうか。

5-1. 無料見積もりサービスを行っている

ビルトインコンロは交換するとなると高額です。

予算を考える必要があるので、無料で事前に見積もりを行ってくれる業者を選びましょう。

5-2. 修理や交換の対応がスピーディー

ガスコンロは毎日使用するものなので、修理や交換に1〜2週間もかかるようでは生活に支障がでてしまいます。

迅速に対応してくれる業者を選びましょう。

見積もりの際にどれくらいのスピードで行ってくれるのかを事前に確認してください。

5-3. 資格を保有している

ガス機器を取り扱うための資格を多く保有している業者のほうが安心です。

5-4. しつこいセールスをしない

キャリアが長く信頼を築き上げてきた業者は、無料見積もりの後にしつこくセールスをするようなことはありません。

無理やり契約を進めようとする業者は断ったほうが無難です。

5-5. アフターサービスが充実している

ガスコンロを交換した場合、その後のメンテナンスやアフターサービスがきちんとしている業者がおすすめです。

以上のことを考慮し、信頼のおける業者を選んでください。

6. まとめ

いかがでしたか?

ガスコンロの故障で修理したほうがいいのか、交換したほうがいいのかとお悩みの方に向けて必要な情報をご紹介しました。

  1. ガスコンロの寿命とは
  2. 修理か?買換えか?見極めのポイント
  3. ガスコンロ交換時期の目安
  4. ガスコンロの修理や取り替えはどこに依頼するの?
  5. 業者選びの注意点

ガスコンロは故障してしまうと料理ができないという不自由さがあるので、できるだけ早く問題を解決したいものです。

上記の項目を参考にして、まずは自分でチェックできることから始めましょう!

修理にしても交換にしても、ガスは家の安全にも関わることなのできちんと対応してくれる信頼おける業者を選んでください。