給湯器を交換する際の選び方とは? 号数は何を表しているの?

給湯器はお風呂を沸かしたり、欲しい時にすぐにお湯を供給できる便利なものです。
給湯器がないというご家庭はごくわずかでしょう。
しかし、給湯器にも寿命があります。
そこで今回は、給湯器を交換したり購入する場合の選び方をご紹介しましょう。
給湯器には燃料や号数の違いがあります。
いったい何を目安に選んだらよいのでしょうか?
この記事を読めば、それがわかるかもしれません。
給湯器の購入や交換を考えている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. 給湯器を選ぶ目安とは?
  2. 給湯器はどこで買えばいいの?
  3. 給湯器を設置や交換をしてもらう際の注意点とは?
  4. おわりに

1.給湯器を選ぶ目安とは?

この項では、給湯器を選ぶ目安をご紹介します。
家族構成やお湯を使う頻度によって、給湯器を選びましょう。

1-1.燃料はガス?石油?

給湯器には

  • ガス給湯器(ガス湯沸かし器)
  • 石油給湯器
  • 電気温水器
  • エコキュート

の4種類があります。
このうち電気温水器とエコキューとは導入費用が高いため、家を建てるのと同時に導入し、同じタイプのものを買い替える方が多いでしょう。
導入台数だけ見れば、ガス給湯器の方が多いです。
しかし、石油給湯器はガス給湯器に比べてランニングコストが安いというメリットがあります。
ですから、冬が長くお湯を使う機会が多い北国や家族の人数が多く毎日たくさんのお湯を使うご家庭は、石油給湯器の方がお得かもしれません。
しかし、ガス給湯器か石油給湯器に変えたいという場合は特別な工事が必要になることもあります。
このような場合は、業者と相談して給湯器の種類を決めるとよいでしょう。

1-2.給湯器のサイズとは?

給湯器にはサイズがあります。
ガス給湯器の場合号数で、石油給湯器の場合は給湯出力kw(kchal/h)で表されているでしょう。
これだけではわかりにくいので、カタログには「何人家族用」と記されているものも多いです。
しかし、家族の人数に合わせて給湯器を買えばよい、というわけではありません。
たとえば、お風呂にお湯を入れながらキッチンでお皿を洗う場合、サイズが小さな給湯器だとお湯がぬるくなったり出が悪くなったりします。
つまり、家族の人数よりもライフスタイルに合わせて給湯器を選んだほうがよいのです。
たとえ家族の人数が少なくても同じ時間に複数の場所でお湯を使うのであれば、号数が大きいほうがスムーズにお湯が使えるでしょう。
なお、給湯器は外気温によって性能が左右されます。
厳冬期だと、給湯器が本来持っている性能の8割程度しか発揮されないのです。
ですから、厳冬期の性能を元にして給湯器を選びましょう。
そうすれば、「一番お湯が欲しい冬にお湯が出にくい」といった事態を防げます。

1-3.マンションは規約に基づいて給湯器を選ぶこと

マンションは、規約で給湯器の種類やサイズが決まっている所が多いです。
また、防火の問題で石油給湯器は不許可な所がほとんどでしょう。
ですから、マンション住まいで給湯器を交換したい場合は規約をよく読み返してください。

2.給湯器はどこで買えばいいの?

では、給湯器は買う際はどこに行けばよいのでしょうか?
この項では給湯器を取り扱っている業者についてご紹介します。

2-1.給湯器メーカー

「ノーリツ」や「リンナイ」「パロマ」などの給湯器メーカー直営店でも、給湯器を扱っています。
ただし、この場合はメーカーの製品しか扱っていません。
いろいろなメーカーの性能を比べたい方には不向きです。

2-2.燃料会社

ガス会社や灯油などの燃料販売所でも、給湯器は取り扱われています。
しかしこれも、ガス会社はガス給湯器だけ、燃料販売所は石油給湯器だけを扱っているのです。
ですから、両方の燃料の給湯器を比較してみたいという方には不向きでしょう。

2-3.通信販売

Web通販サービスのAmazonでも、給湯器は取り扱われています。
自分で取り付けられるタイプのものもあれば、工事費込みで販売されているものもあるのです。
品ぞろえは豊富ですが、製品を自分の目で確かめることはできません。

2-4.住宅設備機器の販売設置会社

住宅設備機器の販売設置会社では、通信販売と同じようにさまざまなメーカーの給湯器を扱っています。
中にはガス給湯器と石油給湯器の両方を扱っている会社もあるでしょう。
どの給湯器にしようか迷っているという場合は、相談に乗ってくれることも多いです。
いろいろなメーカーの給湯器を比較検討してから決めたい、という方にはもっともおすすめでしょう。

3.給湯器を設置や交換をしてもらう際の注意点とは?

では最後に、給湯器の交換や設置をしてもらう際の注意点をご紹介します。
これを守れば、スムーズに交換や設置ができるでしょう。

3-1.早めに依頼する

給湯器の設置や交換依頼は冬に多くなるそうです。
ですから、時期によっては予約がびっしりで依頼してもすぐに対応できないこともあるでしょう。
給湯器がなければ、大変不便です。
給湯器の交換や設置の依頼は早めにしておいてください。
特に、ガス給湯器から石油給湯器に変えたりする場合は、工事が長引くこともあります。

3-2.サイズが違う給湯器に変えた場合は、新しい工事が必要となる場合もある

家族が増えたので給湯器のサイズをアップしたという場合は、設置場所を変えなければならないケースもあります。
設置場所を変えると配管工事も必要になりますから、工事期間も長引くでしょう。
給湯器のサイズを変える際も、早めに依頼してください。

3-3.アフターサービスを確認しておく

設置会社によっては、1年間は無料で点検してくれるといったサービスを行っている所もあります。
給湯器が新しくなると、ごくまれにですが不具合を起こすこともあるのです。
アフターサービスを実施している会社に依頼した場合は、その内容を確認しておきましょう。

3-4.定期点検を忘れないこと

給湯器の寿命は10年~15年と言われています。
しかし、毎日長時間使っている場合は、平均よりも寿命が短くなることもあるでしょう。
前述したように、給湯器は急に故障することもあります。
また、壊れかけの給湯器をだましだまし使っていると一酸化炭素中毒や火災の原因にもなるでしょう。
ですから、給湯器を交換して終わりではなく、定期的に点検を受けてください。
特に設置から8年を過ぎると、いつ故障してもおかしくない状態になります。
さらに、給湯器が外にある場合は排気口や吸気口を常にきれいにしておいてください。
ごみやほこりが詰まっていると故障の原因になります。

4.おわりに

いかがでしたか?
今回は給湯器の選び方についていろいろとご紹介しました。
まとめると

  • 給湯器は家族の数よりもライフスタイルに合わせて選ぼう
  • 給湯器の燃料(石油とガス)の特徴を知っておくと選ぶ目安になる
  • 給湯器は住宅設備機器の販売設置会社で選ぶと選択肢がいろいろある
  • 工事は早めに依頼しよう

ということです。
給湯器は毎日使う物ですが、他の家電と比べると詳しい人が少なく壊れてから慌てる方も多いでしょう。
給湯器の寿命はおよそ10年~15年といわれています。
ですからその時になったら「いつ故障してもおかしくない」と考えて、新しい給湯器の目星をつけておくとよいでしょう。
また、お湯の出方に不満がある方は思い切ってサイズをあげると、不満が解消する場合もあります。
しかし、サイズが上がれば維持費も上がりますので注意してください。
なお、前述したように壊れかけの給湯器をだましだまし使ってはいけません。
火事や一酸化炭素中毒になる恐れがあります。
給湯器の調子が悪くなったらできるだけ早く交換しましょう。