給湯器の種類にはどんなものがあるの? お勧めを選ぶポイントとは?

給湯器は、お風呂を沸かしたり家中にお湯を供給する便利な機器です。
ところで、「ガス」のイメージが強い給湯器ですが、実はガス以外の燃料でお湯を沸かす給湯器もあります。
そこで今回は、給湯器の種類についてご紹介しましょう。
今は暖房と併用できる給湯設備もありますが、それはいったいどんなものでしょうか?
給湯器を交換したいという方や、新しく給湯設備を家に設置したいという方は、この記事を読めば参考になります。
また、給湯器は家の種類や地域によっても、お勧めの機種が違ってくるでしょう。

目次

  1. 給湯器の種類とは?
  2. 給湯器を選ぶ際のポイントは?
  3. 給湯器の設置や交換を依頼できる業者とは?
  4. 給湯器は突然壊れることもある
  5. おわりに

1.給湯器の種類とは?

まず始めに、給湯器の種類についてご説明しましょう。
給湯器と言うと「ガス」のイメージが強いですが、その他にどのようなものがあるのでしょうか?

1-1.ガス給湯器

最もポピュラーな給湯器です。
日本中で使われており、大きさも種類ももっとも豊富でしょう。
この給湯器はガスを使ってお湯を沸かす仕組みで、キッチンにつける小型のものから屋外設置タイプの大型のものまであります。また、マンションなどの集合住宅でも使わることが多いでしょう。

1-2.石油給湯器

石油を燃料としてお湯を沸かす給湯器です。
ガスに比べてランニングコストが安いということで、主に寒い地方で利用されています。
定期的に石油を給油する必要がありますが、お湯を毎日たっぷりと使うというご家庭にお勧めです。

1-3.電気給湯器

電気の力でお湯を沸かす給湯器です。
「深夜電気温水器」という名前で、販売されている商品もあるでしょう。
電気給湯器は、夜間の電気代が安い時間帯にお湯を沸かしてそれを供給する仕組みです。
ですからコストは低いのですが、使えるお湯の量に限りがあります。
少人数のご家庭や、お風呂を沸かす以外にあまりお湯を使わないご家庭向けでしょう。

1-4.エコキュート

こちらも電気でお湯を沸かす仕組みの給湯器ですが、大気熱を一緒に利用するタイプです。
電気のみでお湯を沸かす給湯器より、消費電力は約3分の1で済みます。
その分導入費用が高くなりがちですので、新たに家を建てるなど給湯器の新規購入を考えている人向けです。

1-5.ハイブリット給湯器

前述のエコキュートにガスの力を加えて、お湯を沸かすシステムです。
床暖房や浴室暖房と言った温水暖房にも対応しているので、給湯器と言うより「給湯設備」でしょう。
この給湯器は電気とガスの良いとこどりをしているので、ランニングコストが従来のガス給湯器に比べて約2分の1になります。
ただしこちらも導入費用が高く、なおかつ床暖房まで導入する場合は工事が大掛かりになるでしょう。
ですから「ガス代が安くなる」と言うだけで、気軽に導入できません。
大規模リフォームや新築をして、新しく給湯器を導入したいという方向けです。

2.給湯器を選ぶ際のポイントは?

どうでしょうか?給湯器は皆様が思っているより種類が豊富なのです。
では、自宅にぴったりの給湯器を選ぶ為には、何を基準にすればよいのでしょうか?
この項では、給湯器を選ぶポイントをご紹介します。

2-1.お湯を使う頻度や量を考える

給湯器を選ぶ前に、自宅で使うお湯の量やお湯を使う頻度を大体で良いので把握しておきましょう。
1日中たくさんお湯を使うようならば、電気給湯器よりはガスや石油給湯器の方がお勧めです。

2-2.家の状態を考慮する

マンションなどの集合住宅は、石油給湯器は不可という所もあります。
また、石油からガス給湯器に変えたいが、ガス管が給湯器まで伸ばすのが難しいというケースもあるでしょう。
このように、家の状態によって給湯器の形状が決まってしまう場合もあります。
また、オール電化住宅の場合は、最初から「電気給湯器」か「エコキュート」かの2択しか選べないこともあるでしょう。

2-3.工事の手間も考える

単純にコストだけを比較すると、エコキュートやハイブリット給湯器の方が良いでしょう。
しかし、エコキュートやハイブリットを導入するには、大がかりな工事が必要です
特に床暖房も一緒に導入しようとすれば、床板もはがす必要があるでしょう。
ですから、導入費用も考えて給湯器を選びましょう。
前述したようにエコキュートやハイブリット給湯器は家を新築したり、リフォームするのと同時に導入する方が費用が安く済みます。

3.給湯器の設置や交換を依頼できる業者とは?

では、給湯器の設置や交換をしたい場合はどのような業者に依頼すればよいのでしょうか?
この項では、給湯器の設置や交換をしてくれる業者をご紹介します。

3-1.メーカー直営の業者

「パロマ」や「リンナイ」といった給湯器メーカーは、交換や設置を行ってくれる直営店を持っている場合があります。
メーカー直営ということで、アフターフォローも手厚いことが多いです。
ただし、取り扱っている給湯器はそのメーカーのものだけですから、給湯器を比較検討したい方には不向きでしょう。

3-2.ガス会社や電力会社の直営店

ガス会社や電力会社の直営店も、給湯器を販売しています。
「サービスショップ」と呼ばれるお店で販売していることが多いでしょう。
こちらはメーカーの種類は豊富ですが、ガス会社ならガス給湯器、電力会社ならば電気給湯器のみです。
ですから、ガスと電気を比較したいという方には不向きでしょう。

3-3.住宅設備機器会社

いろいろなメーカーや燃料の給湯器を扱っている業者を、「住宅設備機器会社」と言います。
「給湯器販売」や「給湯器設置会社」と名乗っている業者もあるでしょう。
このような業者なら、いろいろなメーカーや燃料の給湯器を比較して選べます。
ただし、業者によってはメーカーや燃料会社の直営店よりも、対応がずさんな場合があるでしょう。
業者を選ぶ際は、実績のある評判の良い業者を選ぶことが大切です。

4.給湯器は突然壊れることもある

給湯器の寿命は10年~15年と言われています。
しかしこれはあくまでも目安であり、もっと早く寿命が来る場合もあるでしょう。
また、給湯器は「調子が悪いな」と思ったら、ある日突然壊れる場合もあります。
特にハイブリット給湯器が壊れた場合は、給湯設備だけでなく床暖房まで止まってしまうかもしれません。
ですから、「給湯器の調子が悪いな」と思ったら、できるだけ早く業者に点検してもらいましょう。
給湯器によっては交換までに時間がかかることもあり、その間不自由な暮らしを強いられるかもしれません。

5.おわりに

いかがでしたか?
今回は給湯器の種類や、選ぶ際のポイントをご紹介しました。
まとめると

  • 給湯器はガスの他に、石油や電気などが燃料のものもある
  • ハイブリット給湯器は、給湯だけでなく床暖房も一緒に設置できる
  • お湯を使う量や頻度に合わせて給湯器を選ぼう
  • いろいろな給湯器を比較したい場合は住宅設備機器会社に依頼しよう

ということです。
給湯器は年とともに進歩していますので、今後はもっとコストパフォーマンスの良い給湯器ができるかもしれません。
しかし、前述したように家の状態によって設置できる給湯器が限られる場合もあるのです。
ですから、「絶対にこの給湯器にする」と決めて業者に連絡するよりも、「現在、このような給湯器を使っているけれど、もっとガス代(電気代)を安くする方法はありますか?」と相談に行ったほうがよいでしょう。
また、ガス会社や電力会社は、定期的に給湯器の展示発表会をしています。
そのような場所に出かけて、アドバイスをもらっても良いですね。
同じ燃料の給湯器でも、新しいものの方がコストが安い場合が多いでしょう。