電気温水器の仕組みについて知りたい! 導入したい場合の注意点は?

電気温水器は給湯器の一つで、火を使わずに電気の熱でお湯を沸かすので、子どもやお年寄りでも安心して利用できるという特徴があります。では、電気温水器の仕組みはどのようなものなのでしょうか?

そこで今回は、電気温水器の仕組みや特徴をご紹介します。電気温水器のメリット・デメリットや導入する際の注意点などもご紹介しましょう。これから給湯器を入れたいのだけれどどのタイプにしようか迷っているという方は、この記事を読んで電気給湯器の特徴を知ってください。

  1. 電気温水器の仕組みは?
  2. 電気温水器のメリット・デメリットは?
  3. 電気温水器が向いているケースは?
  4. 電気温水器を設置する方法や注意点

1.電気温水器の仕組みは?

電気温水器とは、電気料金の安い深夜に電気の力でお湯を沸かしてタンク内に貯蔵しておくタイプの給湯器です。つまり、巨大な電気ポットのようなもの。深夜電力は昼間の電気代の約3分の1ですから、大量にお湯を沸かしても光熱費がお得です。

また、不完全燃焼などの危険もありませんから、お年寄りだけのご家庭でも安心して使えるでしょう。さらに、地震などで水道が止まったときもタンク内のお湯を非常用水として使用できます。

タンク内のお湯は使うたびに新しい水を入れますから、「お湯が空っぽになった」ということもありません。そのうえ、導入費もほかの電気給湯器より安いため導入しやすいでしょう。いろいろなサイズがありますから、家族の人数に合わせて選んでください。

電気温水器は、本体内部にお湯を溜めておく仕組みなんですね。
はい。そのため、お湯がなくなれば使えなくなります。

2.電気温水器のメリット・デメリットは?

では、電気温水器のメリット・デメリットはなんでしょうか? この項では、その一例をご紹介します。給湯器を選ぶ際の参考にしてください。

2-1.電気温水器のメリットは?

前述したように、電気温水器最大のメリットは「安全」です。不完全燃焼を起こして一酸化炭素中毒が発生する心配もないでしょう。また、常にタンク内にお湯が蓄えられていますから、蛇口を開けばいつでもお湯がでます。

さらに、お風呂も沸かさずに給湯器内のお湯を入れる形になりますので、ガス代もかからないでしょう。お年寄りだけのご家庭や一定時間子どもだけですごすご家庭でも、安心してお湯が使えます。

2-2.電気温水器のデメリットは?

電気温水器のデメリットは、使えるお湯の量に限りがあることです。タンク内にお湯がなくなれば、深夜に沸かすまでお湯を使えません。ですから、タンクの容量に対してお湯を使う量が多すぎると、途中でお湯がなくなってしまうでしょう。導入の際は自宅で使うお湯の量を確かめる必要があります。

また、たくさんの来客が来たときなども、お湯の量を調整して使わないと後で困ったことになるでしょう。さらに、お湯をタンク内にためるという構造のため、大型で重くなりやすいです。設置する際は基礎工事が必要。ですから、住宅によっては設置できないところもあります。

お湯を沸かすのに火を使わないので安全性は高いんですね。
はい。ただしお湯を使う量が多いほど給湯器本体のサイズも大きくなるため、大人数の家庭にはやや不向きです。

3.電気温水器が向いているケースは?

では、給湯器を選ぶ際に電気温水器がおすすめというケースはどんなものでしょうか? この項では、その一例をご紹介します。

3-1.少人数の家庭

4人までの家庭で、お湯をそれほど使わない家庭ならば電気温水器はおすすめです。生活パターンが一緒で、お湯を使う時間が限られているご家庭ならばなおよいでしょう。家族が6人以上になってくると、大容量の電気温水器でもお湯が足りなくなるかもしれません。

3-2.冬でもあまり寒くならない地方に住んでいるご家庭

北国では冬になるとたくさんお湯を使います。ですから、少人数のご家庭でもお湯が足りなくなるかもしれません。ですから、季節によってお湯の使用量の差が激しい地域より、年間通してそれほど量が変わらない地域の方が電気温水器は向いています。

3-3.高齢者だけのご家庭

年を取ると、どうしても体の機能がおとろえてきます。耳が遠くなって、ガス湯沸かし器の警報に気がつかないという可能性もあるでしょう。ですから、老夫婦2人暮らしなど、お年寄りだけのご家庭は電気温水器が向いています。

3-4.オール電化のご家庭

オール電化の家は、ガスと電気を併用して使っている家庭よりも電気代が安い場合が多いです。ですから、オール電化のご家庭はガス給湯器よりも電気温水器の方が光熱費は安くなるでしょう。家を建てる際に、業者側から打診がある場合もあります。

オール電化住宅でも電気温水器はおすすめなんですね。
はい。電気料金のプランしだいではかなりお得になります。

4.電気温水器を設置する方法や注意点

では、最後に電気温水器を設置する方法や注意点をご紹介しましょう。住宅によっては補強工事が必要になる場合もあります。

4-1.電気温水器を扱っている業者は?

電気温水器はメーカーや電力会社の直営店、または住宅設備会社などで取り扱っています。
電気温水器を設置すると決めている場合は、メーカーや電力会社の直営店を利用するとよいでしょう。ガス給湯器と電気温水器を比べてみたい方やいろいろなメーカーの電気温水器の性能を比較したい方は、住宅設備会社を利用してみてください。

4-2.電気温水器を選ぶ際の注意点

電気温水器にはいろいろなサイズがあります。小さい方が安いですが、使える湯量も少ないです。また、夏と冬で使う湯量が違う場合は多く使う方に合わせましょう。「このくらいで行けるだろう」といいかげんな憶測をすると、いざ使ってみたら毎日お湯が足りなくなるかもしれません。

さらに、集合住宅に住んでいる方は、マンションの管理規約などをよく読んでおきましょう。場合によっては重量オーバーで設置できない可能性もあるのです。

4-3.基礎工事ができるかどうか確認しよう

自宅に電気温水器が設置できるかどうかわからないという場合は、まずは業者に相談してみましょう。そうすれば、自宅を下見しにきてくれます。コンクリートの基礎工事が必要になる場合もありますし、屋内に設置する場合は床の補強工事が必要でしょう。その場合は工事費が余計にかかりますので、その費用も計算に入れておいてください。

また、ガス給湯器から電気温水器に変更したい場合は配管の工事も必要です。大がかりな工事になる場合もありますから、心づもりをしっかりとしておいてください。なお、新築で電気温水器を導入する場合は、電気温水器の置き場所に気をつけましょう。雨風が直撃する場所ですと寿命も短くなりやすいです。簡単なものでよいので、屋根がつけられるならつけておきましょう。さらに、定期的な点検を心がけると長持ちします。

基礎工事ができるかどうかも重要なポイントですね。
はい。特に、集合住宅の場合は基礎工事ができないこともあります。まず業者に相談し、設置可能かどうか確認してもらいましょう。

おわりに

今回は電気温水器の仕組みや特徴、導入する際の注意点をご紹介しました。

まとめると

  1. 電気温水器は深夜に電気の力でお湯を沸かし、内部に蓄えておく設備である。
  2. 火を使わない分お年寄りや子どもでも安心して使える。
  3. 設備が大型になるので、設置場所に気をつけよう。

ということです。

電気温水器はエコキュートに比べると安価ですが、ガス給湯器に比べると高価なものが多いでしょう。ですから、後から設置するよりも家を建てる際に同時に設置するケースが多いです。

また、高齢になったのでより安全な給湯器を設置したいという理由で設置する人も多いでしょう。ガス給湯器に比べると設置場所を選びますが、24時間安全にお湯が使えるメリットは大きいです。少人数のご家庭で、お湯をそれほど使わないという場合は導入しておいて損はないでしょう。逆に、大家族だけれど電気温水器を導入したいという場合は、容量をよく検討して導入してください。来客などを考慮に入れて、余裕のある容量をつけた方がよいですね。