給湯器の冷水サンドイッチ現象とは? 原因と予防方法を解説!

シャワーのお湯をいちど止めて再度出したときに、熱いお湯が出た後に冷水が出ることを「冷水サンドイッチ現象」といいます。「快適な温度のお湯が安定して出ない!」とお困りの方にむけ、冷水サンドイッチ現象の原因と防ぐ方法をご紹介しましょう

  1. 冷水サンドイッチ現象とは?
  2. 冷水サンドイッチ現象の原因
  3. 冷水サンドイッチ現象を防ぐ方法

1.冷水サンドイッチ現象とは?

シャワーを使用中、1度止めて再びお湯を出したとき、温度が変化することはありませんか? 最初に熱いお湯が出てから、次に冷たい水に変わり、それから快適な温度のお湯が流れるまでにちょっと時間がかかる…ということを経験された人は多いのではないでしょうか。

熱い→冷たい→ちょうどいいという順番を経て、ようやく温度が安定することを「冷水サンドイッチ現象」と呼びます。

シャンプーをした後に、流そうと再び止めていたシャワーを頭にかけたときに「熱い!」と驚いたり、逆に「冷たい!」と震えてしまったりする冷水サンドイッチ現象は、古い給湯器を使っているご家庭でよく見られるようです。

冷水サンドイッチ現象が起こる給湯器をお使いのときには、いきなりシャワーのお湯を裸の体にかけず、まずは手にかけて温度を確かめ、ちょうどいいお湯になってからかけたほうがよいでしょう。

しかしながら、温度の変化を気にせず、いつでも快適な温度のお湯を使えるような状態になるのが一番です。冷水サンドイッチ現象の原因と、防ぐ方法を探ってみました。

2.冷水サンドイッチ現象の原因

冷水サンドイッチ現象の原因として挙げられるのが、古い給湯器です。瞬間型の給湯器の場合、水は給湯器の内部にあるバーナーの炎を用いた熱交換器を通過することでお湯になります。

ところが、使用していたお湯をいちど止めると、給湯器への水の流れもストップし、シャワーヘッドのすぐ近くで待機状態にあるお湯は、給湯器の余熱で高温になるのです。そのために、再びシャワーを出したときには、たまっていた高温のお湯がまず先に出ます。

その次に、再度バーナーの燃焼が始まる前に給湯器内部に流れ込んだ水が温まらないまま、熱いお湯の後に出てきてしまうのです。たまっていた高温のお湯と冷たい水を排出した後で、やっと熱交換器で適温に温まったお湯が出てきます。

また、冷水サンドイッチ現象以外にも、シャワーの流量が少ないために給湯器が着火せず、熱交換器が働かない場合もあるでしょう。さらに、いちどシャワーを止めたことにより配管の中でお湯がさめてしまい、使い始めに少しぬるいお湯が続くということもあります。

3.冷水サンドイッチ現象を防ぐ方法

3-1.自分で調節しながら使う

熱いお湯が出たかと思ったら、今度は冷たくなり、やっと適切なお湯になる…という冷水サンドイッチ現象は防ぐことができるのでしょうか。冷水サンドイッチ現象そのものは、故障ではありません。

水が給湯器の中に入って熱交換器で温めてから排出される構造なので、いちどシャワーを止めるたことにより、余熱で熱くなったお湯の次に熱交換器で温められなかった水が出てくるのは仕方ないのです。

防ぐためには、いきなり体にシャワーのお湯をかけるのではなく、手にかけて温度を確認してから使うしか方法はないでしょう。

その他の方法としては、シャンプーや体を洗うときにはシャワーを止めないという手段もあります。ただし、お湯を出しっ放しではもったいないので、シャワーヘッドをバスタブの中に入れる、などの工夫をしなければなりません。

さらに、給湯器の温度設定を高めにしておき、シャワーの蛇口で調節するようにすれば、ある程度は冷水を緩和することが可能です。どの程度の温度差ならば気にならないのか、調節して試してみてください。

3-2.「Q機能」機能付きの給湯器か確認する

夏ならまだいいのですが、寒い冬は裸のまま温度が適切になるまで待つのは苦痛です。お風場も寒いので、シャンプーや体を洗った後に泡だらけのまま待つのも大変でしょう。

そこで、冷水サンドイッチ現象に悩まされずに快適なバスタイムを過ごすには、古い給湯器から「Q機能」付きの給湯器に交換するのがおすすめです。Q機能とは、冷水サンドイッチ現象を抑えるための機能のことを指します。

バイパス回路があるので、熱くなったお湯は水を混ぜたり、水が給湯器の中に入ってからバーナーが燃焼して温めるまでの時間を短縮化してすぐお湯にしたりなどの工夫が凝らされている機能です。Q機能付きの給湯器なら、冷水サンドイッチ現象に悩まされるようなことはほとんどありません。

また、Q機能はどの給湯器メーカーでも共通です。もし冷水サンドイッチ現象を感じたら、自宅でお使いの給湯器がQ機能付きのものかいちどチェックをしてください。

そして、古い給湯器ならば新しいものに交換するほうがおすすめです。Q機能付きなのにもかかわらず、冷水サンドイッチ現象が続く場合は故障も考えられるので、修理店などに点検を依頼したほうがよいでしょう。

3-2.古い給湯器を新しい製品に交換する

Q機能付きの給湯器ではなく、毎回お風呂に入るたびに冷水サンドイッチ現象が気になっている…という場合は、給湯器を新しい製品に交換するのが一番です。Q機能付きの給湯器ならば、シャワーを使用するときの温度差がほとんど気にならなず、快適にバスタイムを過ごせます。

また、家庭用のガス給湯器の場合は、家族の人数や使用頻度にもよりますが、平均では10〜15年が寿命といわれているのです。各メーカーでも普通に使用して安全な状態がたもてるのは「10年」と設定しています。

10年以上経過した古い給湯器の場合は、冷水サンドイッチ現象だけではなく大きな着火音がする、お風呂の追い焚きがうまくできないなどほかのトラブルも多いのです。故障してお湯が出なくなるとなにかと大変でしょう。古い給湯器は早めに交換してください。

3-3.サーモスタット式のシャワー金具にする

水とお湯の両方の蛇口があり、二つを調節しながら温度設定をする「2ハンドル式」や、レバーを動かして温度を大まかに調節する「レバー式」はシャワーの温度変化がしやすいのです。気持ちのよい温度に調節しても、他でお湯を使用すると水圧が変化して温度が変わってしまいます。

サーモスタット式なら数値で正確な温度設定ができ、内部でお湯と水の量を自動的に調節するので、常に安定した温度のお湯を使えるでしょう。

2ハンドル式やレバー式から最新のサーモスタット式に変えるのも、おすすめです。もし、サーモスタット式のシャワー金具であるにもかかわらず、お湯の温度が安定しなかったり、ほかでお湯を出すと水が冷たくなったりする場合は、故障が考えられます。専門の業者に点検、修理を依頼してください。

まとめ

シャワーをいちど止めて再び出すと、最初に熱湯が出てから急に冷水に変わり、それからやっと適切な温度のお湯になる冷水サンドイッチ現象についてご説明しました。

  1. 冷水サンドイッチ現象とは
  2. 冷水サンドイッチ現象の原因
  3. 冷水サンドイッチ現象を防ぐ方法

身も心もくつろげるシャワータイムなのに、熱いお湯や冷水がでてくると思わずいらっとすることもあるでしょう。冷水サンドイッチ現象は、安定した温度を供給するQ機能が付いていない古い給湯器でよく起こります。

また、Q機能付きの給湯器なのに冷水サンドイッチ現象が続く場合は、給湯器の故障も考えられるのです。寿命を迎えた給湯器や、故障している給湯器をだましだまし使用するのは、お湯の温度が安定しないだけではなく危険も伴います。早めに最新の機能が付いた給湯器に交換してください。快適な温度のお湯で、気持ちのよいシャワータイムを過ごしましょう!