エコジョーズと従来型の給湯器を比較してみました。どちらがお得?

省エネ効果が高く、光熱費も安くなるというエコジョーズ。
「次に給湯器を変えるときは、エコジョーズにしようか」と考えている方もいると思います。
では、エコジョーズと従来型の給湯器を比較した場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?
そこで、今回はエコジョーズと従来型の給湯器を比較してみます。
いったいエコジョーズのどのような点が従来型よりも優(すぐ)れているのでしょうか?
エコジョーズの導入を考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

目次

  1. エコジョーズの特徴とは?
  2. エコジョーズと従来型の給湯器を比較すると?
  3. エコジョーズの導入がお勧めのご家庭とは?
  4. エコジョーズの導入はどこに依頼すればいいの?
  5. おわりに

1.エコジョーズの特徴とは?

まず始めに、エコジョーズの特徴についてご紹介します。
従来型の給湯器とどこが違うのでしょうか?

1-1.エコジョーズの仕組み

エコジョーズは、ガスの力でお湯を沸かします。
これだけならば、従来型のガス給湯器と同じですね。
しかし、お湯を沸かす際には必ず「排気熱」が生まれます。
従来のガス給湯器は、約200度の熱が排気熱として空中に放出されていました。
エコジョーズは、この排気熱をもう一度利用して、少ないガスでお湯を沸かす給湯システムです。
エコジョーズで排出される排気熱は、50度前後。
ですから、150度の排熱が再度お湯を沸かすのに使われるのですね。

1-2.エコジョーズのメリット

エコジョーズのメリットは、なんといっても光熱費の節約です。
お湯を使う頻度や家族構成にもよりますが、ガス代が平均して年間16000円ほど安くなります。
つまり、使えば使うほど、エコジョーズの方がお得になるのです。
また、排気熱を利用する分エコジョーズの方が、少ないガスでたくさんのお湯が沸かせます。
ですから、毎日たくさんのお湯を使う場所ならば、エコジョーズの方がお得になるのです。
さらに、エコジョーズを使えば、地球温暖化の原因となるCO2の排出量を12%カットできます。

2.エコジョーズと従来型の給湯器を比較すると?

では、エコジョーズと従来型の給湯器を比較した場合、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?
この項では、その一例をご紹介します。

2-1.導入費用が安いのはどっち?

エコジョーズを導入すると光熱費が安くなることは、お分りいただけたと思います。
では、導入費用が安いのはどちらでしょうか?
結論を先に申し上げますと、従来型の方が安いです。
エコジョーズは排気熱を利用する分、仕組みが複雑になります。
また、「ドレン配管工事」という特別な工事も必要です。
ですから、製品にもよりますが約10万円エコジョーズの方が高くなります。
しかし、エコジョーズを導入する際はエコポイントが使用できるのです。
それを利用すれば、導入費が安くなるでしょう。
また、ガス会社によっては特別割引がある「エコジョーズガス料金」を導入しているところもあります。
なので、何年か使えば高い導入費のものは取れるでしょう。

2-2.設置が簡単なのはどっち?

給湯器の設置工事も、従来型の方が簡単です。
早ければ半日程度で終わるでしょう。
エコジョーズの場合は、前述したように「ドレン配管工事」が必要。
ですから、家の構造によっては工事に時間がかかる場合もあります。
とはいえ、築15年未満の家ならば「エコジョーズが構造上設置できない」という家はほとんどないでしょう。
しかし、築20年以上の家屋やマンションにエコジョーズを設置したいという場合は、業者に下見をしてもらうとよいですね。

2-3.寿命はどちらが長いの?

エコジョーズも従来型の給湯器も寿命は10年前後と同じです。
ですから、毎日使うお湯の量が少しならば、エコジョーズを導入した費用はなかなか回収できません。
また、故障した場合はエコジョーズの方は構造が複雑な分、修理に手間と費用がかかるでしょう。
エコジョーズを導入する際は、近所に修理を請け負ってくれる業者がいるかどうか確かめてからの方がよいと思います。

3.エコジョーズの導入がお勧めのご家庭とは?

では、これまでのことをふまえて、エコジョーズの導入がお勧めの場所はどんなところでしょうか?
この項では、その一例をご紹介します。

3-1.お湯をたくさん使うご家庭

毎日お湯をたくさん使い、光熱費がかさむご家庭はエコジョーズ導入がお勧めです。
お湯を使えば使うほどお得になりますから、費用の回収も早いでしょう。

3-2.ガス代が高い地域に住むご家庭

ガス代は、地域によって差があります。
都市ガスかプロパンガスでも料金が異なるでしょう。
ですから、ガス代が高い地域に住むご家庭ならばエコジョーズの導入がお勧めです。
年にして16000円ほどガス代が安くなれば、助かるご家庭も多いでしょう。

3-3.電気よりもガスを使うご家庭

エコジョーズを導入すると、特別なガスの料金プランに加入できる場合があります。
これに加入すれば、ガス代がよりいっそうお得になるでしょう「お湯だけでなく、毎日たくさんの料理をするのでガスを使う」というご家庭にも、エコジョーズはお勧めです。
また、エコジョーズ導入と一緒にガス床暖房なども導入すると、料金がさらにお得になる場合もあります。
一度検討してみてください。

4.エコジョーズの導入はどこに依頼すればいいの?

エコジョーズを導入するためには、業者に依頼しなくてはなりません。
ガス給湯器を扱っている業者は、「ガス会社の直営店」と「住宅設備機器会社」のふたつがあります。
ガス会社の直営店とは「××ガスサービスショップ」と名乗っているお店です。
ガス会社の直営店ですから、ガス料金プランなども詳しいでしょう。
また、ショップ数が多いのも特徴です。
ただし、取り扱っている給湯器の種類は決して多くありません。
ショップによっては「最新機器しか取り扱っていません」という場合もあるでしょう。
一方住宅設備機器会社の方は、いろいろなメーカーの給湯器を取り扱っています。
中には石油、ガス、電気と燃料が異なる給湯器を一緒に扱っているところもあるでしょう。
また、「型落ち品を安く売りますよ」というのをセールスポイントにしている業者もいます。
ですから、いろいろな業者のエコジョーズを比較検討してから導入したい、という方には住宅設備機器会社に依頼した方がよいでしょう。
さらに、できるだけ自宅近くの業者に依頼した方が工事もスムーズに行く場合が多いです。
評判のよい業者でも、家から遠くては打ち合わせに行くのも大変でしょう。

5.おわりに

いかがでしたか?
今回は、エコジョーズと従来型の給湯器を比較してみました。
まとめると
エコジョーズは排気熱を利用してお湯を沸かす。

  1. 従来型の給湯器に比べてガス代が安くなる。
  2. CO2の排出量も減るので、エコ活動に貢献(こうけん)できる。
  3. エコジョーズの導入にはエコポイントが使用できる。
  4. たくさんお湯を使う家ならば、エコジョーズを導入しても元が取れる。

ということです。エコジョーズは、ガス会社が力を入れて宣伝しているガス給湯器のひとつ。
ものが値上がりしている時代ですから、「光熱費が安くなる」といわれれば、導入を検討したくなるでしょう。
しかし、エコジョーズを導入しても元が取れるのは約5年後といわれています。
また、家族の人数が少なかったり家でお湯をあまり使わなかったりする場合は、エコジョーズのメリットはあまりありません。「光熱費が安くなる」という言葉だけに飛びつかずに、従来型の給湯器と比較してから導入を決めてください。