エコキュート・電気温水器の違いは? それぞれの特徴を知ろう!

最近は、オール電化にリフォームする人が増えてきました。
「エコ」に注目している時代だからこそ、オール電化が広まりつつあります。
中には、“エコキュート”か、それとも“電気温水器”にするのかで迷っている人も多いでしょう。
それぞれ、お湯を沸かす仕組みから電気代・機能面など、さまざまな違いがあります。
エコキュート・電気温水器、どちらの方が良いのでしょうか。
2つの違いを理解し、自分に合ったタイプを選んでくださいね。迷っている人は必見です。

  1. お湯を沸かす仕組みについて
  2. 電気代・機能面の違い
  3. それぞれのメリット・デメリット
  4. まとめ

1.お湯を沸かす仕組みについて

エコキュートと電気温水器は、それぞれ“お湯を沸かす仕組み”が異なります。
お湯を沸かす仕組みを知らなければ、自分たちに合った給湯器を選ぶことはできません。
エコキュートと電気給湯器、それぞれの仕組みについて説明します。

1-1.大気中の熱を利用する「エコキュート」

エコキュートがお湯を沸かす仕組みについて説明します。
エコキュートは、ファンから大気中の熱をとりこむところが特徴的です。電気は使いません。
吸いこまれた大気中の熱は、空気熱交換器というところで自然冷媒が熱になります。
そして、圧縮機の中で圧力をかけられ、熱が高温になるのです。
高温になった熱は、水に伝わりお湯になります。
高温の熱で温まったお湯は貯湯タンク内にたまり、使うときに放出するのです。
このような流れが、エコキュートのお湯を沸かす仕組みになります。
ファンによってとりいれられる自然冷媒は、自然界に存在している物質です。
可燃性・毒性がまったくなく、加熱能力に優れています。
エコキュートには、自然冷媒が必要不可欠ですね。

1-2.電気の力によって温まる「電気温水器」

電気温水器の仕組みは、どのようになっているのでしょうか。
簡単に説明すると、電気温水器は電気がとおる“ヒーター”によって、水が温められる仕組みになっています。
タンク内にヒーターがついており、たまっている水を電気によって温めることができるのです。
そして、タンク内で温まった水は、そのまま必要なときに使います。
電気温水器にもさまざまな種類があり、ヒーターの電力や給湯タイプも異なるでしょう。
電気温水器の特徴は、電気を使って水を温めることです。
電気は深夜電気を使うため、普通の電気とは違うところにあります。
電気の力でも、「エネルギー消費量」を考慮したタイプと言えるでしょう。

1-3.エコキュートの方が構造は複雑

エコキュートと電気温水器の仕組みについて説明しました。
2つの違いについて把握できたと思います。
電気温水器は、構造がとてもシンプルなつくりになっていますが、エコキュートは少し複雑ですよね。
さまざまな機能があるからこそ、エコキュートはお湯をつくり出すことができます。
電気温水器は、ヒーターだけで水を温めることができるでしょう。
しかし、エコキュートは自然の物質を利用するため、熱交換器や圧縮機、水熱交換器と呼ばれる機械が必要になるのです。
そのため、貯水タンク以外にも、ヒートポンプユニットと呼ばれる室外機を設置しなければなりません。
2つの違いについて、きちんと把握しておいてくださいね。

2.電気代・機能面の違い

2-1.大きな違いがある“電気代”

エコを重視している給湯器が出ているように、“電気代”が1番気になっている人も多いでしょう。せっかく新しい給湯器を設置するなら、できるだけ電気代がかからないタイプを選びたいですよね。
エコキュートと電気温水器の電気代は、大きく異なります。
圧倒的に、エコキュートの方が電気代を押さえることができるのです。
メーカーによっても異なりますが、あるメーカーが発表したデータを紹介しましょう。
1か月にかかる電気代を比べてみたところ、エコキュートが1,000円代に収まりました。
一方、電気温水器はと言うと、同じくらい使っていたのに電気代が3,000円もかかってしまったのです。
エコキュートは電気のようなエネルギーをまったく使いません。
自然から得ることができる熱を利用しているので、電気温水器の1/3に抑えることができるのです。

2-2.機能面に違いはあるの?

エコキュート・電気温水器、それぞれ機能面に違いはあるのでしょうか。
電気代では大きな違いがあります。
しかし、機能面での差は大してありません。
最近発売しているエコキュート・電気温水器には、それぞれ最先端をいく機能が備わっています。
たとえば、追い炊き機能(フルオート・セミオート)です。
追い炊き機能は、ぬるくなったお湯を再び温めるありがたい機能になっています。追い炊き機能がついている種類のエコキュート・電気温水器を選ぶ人が増えているようです。
また、ほかにも、自動湯はり機能がついている種類もあります。
実際に、どのような機能がついているのかチェックしてみてはいかがでしょうか。
さまざまな機能を比較することも大切なポイントになりますよ。

3.それぞれのメリット・デメリット

3-1.エコキュートのメリット・デメリット

エコキュートか、それとも電気温水器かで悩んでいる人は、それぞれのメリット・デメリットについて知ると良いでしょう。
エコキュートのメリット・デメリットについて説明します。
エコキュートのメリットは、以下のとおりです。

  • CO2が削減でき、環境にやさしい
  • 電気代を抑えることができる
  • 火を使わない安心感がある
  • 災害時に役立つ

以上のようなメリットがあります。
以上の中でも、1番のメリットになるのが「電気代の節約」ではないでしょうか。
月々1,000円~ととても安い電気代になるので、月々の固定費節約につながります。
高効率で運転できることが大きなメリットですね。
しかし、初期費用が高く、室外機の設置が必要なので、ある程度スペースがないといけません。十分に設置スペースがあれば問題ないでしょう。
スペースがない場合は設置できない場合もあるので要注意です。

3-2.電気温水器のメリット・デメリット

電気温水器のメリット・デメリットについて説明します。
主に挙がるメリットは、以下のとおりです。

  • 火を使わない安心感がある
  • 長く使い続けることができる
  • 音が静か
  • スペースが狭くても設置可能

以上のようなメリットがあります。
エコキュートと大きく異なるのが、「設置スペース」ですね。
電気温水器はシンプルな仕組みになっているため、スペースが狭くても設置することができます。
集合住宅地やマンションなどに適している給湯器と言えるでしょう。
しかし、デメリットもあるので注意しなければなりません。
電気温水器のデメリットは、寒冷地では使えないことです。
熱効率が悪くなってしまうため、寒冷地でも一部の地域では利用できません。

4.まとめ

エコキュートと電気温水器の特徴やお湯を沸かす仕組み、電気代・機能面の違い、メリット・デメリットについて説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
どちらかで迷っている人は、それぞれの特徴をきちんと把握することが大切です。
ある程度、知識を習得しておけば、自分に合ったタイプの給湯器が選べるでしょう。

  • 大気中の熱を利用する「エコキュート」
  • 電気で水を温める「電気温水器」
  • 仕組みは、エコキュートの方が複雑
  • 電気温水器の電気代1/3で抑えることができるエコキュート
  • 機能面での違いは大差ない
  • エコキュートは設置スペースが必要
  • 電気温水器は一部の寒冷地で使えない

実際に、資料や実物を見て、さまざまなメーカーのエコキュート・電気温水器を比較すると良いでしょう。

京都環境ネット