給湯器の選び方を徹底解説! 後悔しないポイントや注意点を詳しく!

そろそろ給湯器の交換をお考えではありませんか? 給湯器があると、いつでもお湯を使うことができてとても便利ですよね。しかし、給湯器を選ぼうにも、どんな基準を重視するといいのか、どんな点に注意するべきかよく分からないこともあるでしょう。せっかく給湯器を購入するのなら、失敗したくないですよね。

そこで今回は、給湯器の選び方について詳しく解説します。

  1. 給湯器の選び方:給湯器のタイプで選ぶ
  2. 給湯器の選び方:沸かし方で選ぶ
  3. 給湯器の選び方:号数で選ぶ
  4. 給湯器の選び方:メーカーで選ぶ
  5. 給湯器の設置業者を選ぶポイントは?
  6. 給湯器の選び方に関するよくある質問

この記事を読むことで、給湯器を選ぶポイントや注意点がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.給湯器の選び方:給湯器のタイプで選ぶ

最初に、給湯器をタイプで選ぶ方法について見ていきましょう。

1-1.風呂給湯器

風呂給湯器は、給湯とお風呂の湯張りを自動で行うことが可能です。追いだき機能を利用できるので、お風呂が冷めてもお湯を沸かし直すことができ、水道代を節約することができます。キッチンとお風呂の両方でお湯を使いたい場合におすすめです。

1-2.給湯暖房熱源機

給湯暖房熱源機は、給湯・お風呂の湯張り・床暖房・浴室暖房乾燥機が行えます。各部屋の暖房に利用できるので、寒い冬でも快適に過ごすことが可能です。家族の健康が気になる、家族に寒がりがいるなどの場合におすすめします。ただし、床暖房や浴室暖房乾燥機を設置すると、初期費用が多くかかり、毎月の光熱費も増加しやすいので注意しましょう。

1-3.給湯専用器

給湯専用器は、給湯専門のタイプで追いだきや足し湯機能などがありません。高温のお湯を沸かし、水を混ぜることで温度調整して使うことになります。給湯器に対し、ごくシンプルな機能を求める場合におすすめです。

1-4.地域によっては寒冷地仕様がおすすめ

同じ種類の給湯器でも、寒冷地仕様を選べる場合があります。北海道・東北・北陸地方など、冬の寒さが極端に厳しい地域では、通常仕様の給湯器では凍結に弱く、使い勝手が悪くなるものです。給湯器の種類を考えるときは、寒冷地仕様を選べるか、住んでいる地域に対応しているかチェックするようにしましょう。

2.給湯器の選び方:沸かし方で選ぶ

給湯器を選ぶときは、沸かし方をチェックすることも大切です。

2-1.ガス給湯器

ガス給湯器は、ガスを燃焼させることでお湯を沸かします。熱効率が高く、効率よくお湯を沸かすことが可能です。お湯をたくさん使いたい場合にも、力を発揮することでしょう。ただし、不完全燃焼による一酸化炭素中毒のリスクがあり、常に換気をよくしておく必要があります。

2-2.電気給湯器

電気給湯器は、電気を利用してヒーターを温め、お湯を沸かすタイプの給湯器です。オール電化住宅の多くが、電気給湯器を使用しています。ガス給湯器や石油給湯器と比較して安全性が高く、ガスもれや一酸化炭素中毒の心配がない点がメリットです。高齢者や小さな子どもがいる家庭でも安心して使えます。ただし、停電などで電気がストップするとまったく機能しなくなるのがデメリットです。

2-3.石油給湯器

石油給湯器は、灯油を燃焼させてお湯を沸かす方式の給湯器です。ガスや電気よりもパワフルで、寒冷地での使用にも十分対応できます。特に、大規模施設ではより多くのお湯を必要とするため、石油給湯器を採用しているところが多いでしょう。ただし、光熱費が灯油価格の変動による影響を受けやすいことや、燃料切れになると使えなくなることなどがデメリットです。

2-4.ハイブリッド型

ハイブリッド型の給湯器は、ガスと電気の2つの熱源を使い分けることができるものです。ガスと電気のよい点を利用し、効率よくお湯を沸かすことができます。たとえば、給湯量が少ない夏場に電気を利用し、給湯量が増加する冬場にはガスを利用することで、光熱費を抑えながらも快適に使うことができるのです。

3.給湯器の選び方:号数で選ぶ

給湯器を選ぶときは、号数も重要なポイントになります。

3-1.号数は給湯能力の目安になる

給湯器の号数は、給湯能力を判断する目安の一つです。現在は、16号・20号・24号の3種類があります。号数が大きいほど、多くの量を給湯可能です。たとえば、16号の給湯器は、25℃のお湯を1分間に16リットル給湯することができます。同様に、20号は1分間に20リットル、24号は1分間に24リットルのお湯が使用可能です。

3-2.家族の人数ごとにおすすめの号数は?

家族の人数ごとにおすすめの号数をご紹介しましょう。

3-2-1.家族の人数が2人なら16~20号

夫婦2人だけなどでお湯の使用量が多くない場合は、16号を選ぶといいでしょう。日中は家族が出払っており、朝晩にシャワーを浴びる、キッチンでお湯を使うといった程度なら十分にカバーできます。お風呂に入るのが好きなど、お湯を使う機会が多いケースでは、20号もおすすめです。

3-2-2.家族の人数が3~4人なら20~24号

家族の人数が3~4人なら20~24号がおすすめです。光熱費を節約したい、主にシャワーを浴びたりキッチンで使ったりすることが多いといった場合は、20号でもいいでしょう。ただし、子どもが成長するにつれ、お湯を使う量が増えるものです。家族に女性が多い場合も、24号を選ぶと不満が出にくいでしょう。

3-2-3.5人以上の大家族なら24号

5人以上の大家族なら、迷わずに24号を選びましょう。大量のお湯を使うことができ、不便を感じないはずです。光熱費の節約を目的に20号を選ぶと、給湯能力が足りなくて困ることがあります。また、給湯器をフル稼働させることで、寿命を早く迎えることになるので経済的にもマイナスです。

4.給湯器の選び方:メーカーで選ぶ

給湯器をメーカーで選ぶ方法もあります。主な給湯器メーカーについて特徴を見ていきましょう。

4-1.給湯器の主なメーカーは?

給湯器の主なメーカーには、以下のようなところがあります。いずれも長年の実績があり、知名度・品質共に優れているのが特徴です。

  • ノーリツ:知名度・国内シェアとも高く、修理技術に定評がある
  • リンナイ:国内最大手の給湯器メーカーで、製造コスト削減による低価格化が特徴
  • パロマ:安全性の高い給湯器を追求し、環境への配慮も優れている
  • パーパス:知名度は一歩劣るものの、充実した機能で人気が急上昇中

4-2.メーカーごとの強みをチェックして選ぶのがおすすめ

給湯器のメーカーを選ぶときは、メーカーごとの強みをチェックして選ぶといいでしょう。給湯器を選ぶ際、何を重視するかによっても適するメーカーが異なります。また、同じ機能でも、メーカーごとに細かな使い勝手や仕様が違うものです。カタログ表記だけでは違いが分かりにくいため、なるべくメーカーや販売店のショールームに足を運び、実物を見て比較検討するといいでしょう。

5.給湯器の設置業者を選ぶポイントは?

信頼できる業者を選ぶポイントを詳しくご紹介しましょう。

5-1.豊富な種類を用意している

給湯器の種類を豊富に用意していると、希望に合った機種を選びやすくなります。特定のメーカー品だけを販売している場合、機種が限られてしまうのがデメリットです。どんな種類の給湯器を取り扱っているか、業者のホームページなどで確認しておくことをおすすめします。多くのメーカー・機種をそろえた業者を選べば、予算面でも都合が付きやすい点もメリットです。

5-2.リーズナブルな価格設定

リーズナブルな価格設定をしている業者を選ぶと、同じ予算でも高品質な給湯器を購入できます。販売実績が豊富にある業者では、メーカーからの仕入れが安くなることで求めやすい価格に設定することが可能です。また、無駄な経費を削減することで、低価格化を実現している業者も存在しています。なるべく安く購入するには、複数の業者に見積もりをもらって比較するのもおすすです。

5-3.顧客からの評判がよい

顧客からの評判がよい業者なら、安心して給湯器の設置を依頼できます。業者の中には、契約を交わすまでは態度がよくても、契約後は急にそっけなくなるところもあるので注意しましょう。売り上げを上げるためだけに近づいてくる業者は、サービスが悪い、価格が高い、設置工事が雑など、何かと評判が悪いものです。口コミや評判もきちんとチェックし、悪い評価が多い業者を避けましょう。

5-4.保証やアフターフォローが充実している

保証やアフターフォローが充実している業者を選ぶことが大切です。評判のよい業者の中には、購入後10年の長期間保証を付けているところもあります。給湯器を安心して使うためにも、保証やアフターフォローの期間や内容をきちんと確認しておきましょう。給湯器は、購入後平均10~15年ほど使うことになります。使っている途中に不具合が出ても、保証やアフターフォローが充実していれば、いざというときにも安心です。

6.給湯器の選び方に関するよくある質問

最後に、給湯器の選び方に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.給湯器の寿命は何年ぐらい?
A.購入後、約10~15年です。給湯器が寿命を迎えると、以下のような症状が見られます。

  • お湯がぬるい
  • お湯がまったくでない
  • お湯や水がまったく出ない
  • 一部の機能が使えなくなる
  • 異音や異臭がする
  • 突然電源が落ちることがある
  • 電源が入らない

寿命を迎えた給湯器は、突然故障したり不完全燃焼による一酸化炭素中毒の原因になったりするため、早めに買い替えましょう。

Q.給湯器の交換に必要な日数は?
A.多くの場合、半日~1日で工事が完了します。午前中から工事に取りかかることができれば、夜には快適に使えるようになるでしょう。ただし、特別な配管工事が必要になる場合などは、2~3日程度かかることもあります。

Q.集合住宅用の給湯器を選ぶときの注意点は?
A.集合住宅では、マンションタイプを選びましょう。集合住宅では、一戸建てと比較して設置スペースに余裕がありません。設置スペースの広さや形状によっては、設置でないことがあるので業者によく相談して選ぶことが大切です。

Q.現在使用中の給湯器と同じメーカーを選ぶべきか?
A.特に不満がないのなら、同じメーカーを選んでもいいでしょう。買い替え後もすぐ操作に慣れることができます。反対に、機能や性能で不満がある場合は、ほかのメーカーも幅広く検討することがおすすめです。

Q.高価な給湯器を選ぶほうが満足度が高くなる?
A.一概には言えません。高価な給湯器は、高性能・高機能ですが、使い方によっては宝の持ち腐れになったり光熱費が余分にかかったりします。価格よりも、使い勝手を重視して選ぶほうが満足することでしょう。

まとめ

今回は、給湯器の選び方について詳しく解説しました。給湯器を選ぶときは、給湯器のタイプ・沸かし方・号数・メーカーなど、さまざまなポイントをチェックすることが大切です。それぞれの家庭の状況に合った給湯器を選ぶためにも、価格の安さだけで判断しないようにしましょう。実際に給湯器を選ぶときは、この記事を参考に信頼できる業者に相談してアドバイスしてもらうことをおすすめします。給湯器は、決して安い買いものではありません。満足するものを購入するためにも、業者に相談しながら最適な1台を探してみてください。