ガスコンロの買い替え時期、知っていますか? 選ぶコツと処分方法

生活する上で必需品となるガスコンロ。調理だけでなくお湯を沸かすときにも必要となってきます。しかし、ガスコンロは長期間使うことで劣化していくもの。劣化したガスコンロをいつまでも使い続けると思わぬ事故を引き起こします。
この記事ではガスコンロの買い替え時期を中心に情報をまとめました。

目次

  1. ガスコンロの寿命
  2. ガスコンロの買い替え時期
  3. ガスコンロを選ぶポイント
  4. ガスコンロの処分方法
  5. 修理 or 買い替え? 見極めるポイント
  6. まとめ

1.ガスコンロの寿命

1-1.ガスコンロはいつごろ壊れる?

ガスコンロは平均して10~15年ぐらいなら使うことができます。もちろん、この年数は目安のため使用している品目・使い方によって年数は左右するものと思いましょう。

1-2.普段の使い方によって変わる寿命

ガスコンロの平均寿命は15年程度ですが過ぎたからと言ってすぐに交換する必要はありません。1つの目安だと思ってください。
しかし、沸騰させすぎてガスコンロを水浸しにすると劣化も早いと考えておきましょう。

2.ガスコンロの買い替え時期

2-1.火が付かない

ガスコンロの掃除が不十分だと点火する穴がふさがって火が付かなくなるのです。また、部品の劣化や故障により火力の変更ができなくなったり異音が聞こえたりしていると交換するサイン。
また、部品によっては生産がストップしているものがあるため買い替えたほうが早いです。

2-2.金属の腐食

ガスコンロの金属が腐食することでガス漏れなどの危険が出てきます。ガスの点火部分だけでなく周りの部分でも腐食を見つけたときは交換するようにしましょう。

2-3.安全装置があるものに替える

2008年10月以降に販売したガスコンロには安全装置の装着が義務化になっているのをご存じでしょうか。油の温度上昇防止・消し忘れ・立ち消え防止などの機能が付いているものです。
自分の使っているガスコンロに寿命が来ていて安全機能がない場合は買い替えることをおススメします。ガスコンロは使用方法を間違えると火事の元です。火事が起こってすべてを失う前に予防を心がけるようにしましょう。

3.ガスコンロを選ぶポイント

新しいガスコンロに買い替えるとき、どうせなら機能にこだわりたいもの。この項目ではガスコンロを選ぶポイントに関してご紹介しましょう。

3-1.設置タイプを考える

ガスコンロには大きく分けて3つの種類があります。

  • 据え置き…一般的なガスコンロで食卓やガス台に載せて使用します。キッチンにあるガス栓からガスホースを接続することで使用することができます。
  • ビルトイン…システムキッチンに組み込んで設置するタイプ。キッチンとの一体感があり見栄えがよいです。しかし、設置には工事が必要です。
  • カセットコンロ…小型のガスボンベを使って火を付けます。小型で使うのに便利ですがガスボンベを頻繁に交換して使う必要があります。

自分が理想とするキッチン環境を考えてからガスコンロを選びましょう。

3-2.強バーナーの位置を考える

点火する場所が2つ以上あるガスコンロでは火力が異なることが多いです。左右で火力が違うのは引火事故を防ぐため。
基本的には壁側と反対方向に火力が強いコンロが来るようにします。

3-3.コンロ数で選ぶ

コンロの数が多ければ多いほど調理を同時進行することができるもの。
ビルトインは1~3個、据え置きタイプは1~2個が一般的です。必要な数のガスコンロを選びましょう。

3-4.機能から決める

最近のガスコンロにはさまざまな機能が付いています。
水無し・両面を一気に焼くことができるグリルや、揚げ物の温度調整ができる機能が付いているガスコンロもあるのです。また、ガスコンロ回りがすっきりしていて掃除に困らないタイプもあります。
ほかにもグリルでパンが焼けるなどガスコンロによって付いている機能はさまざま。自分に必要な機能を考えてから購入しましょう。

3-5.安全装置があるものを選ぶ

新しくガスコンロを買い替えるときは安全装置が付いているものを選びます。2008年10月以降に生産されたガスコンロであれば標準装備されているので安心してください。
しかし、型落ちなど古いタイプのガスコンロを買った場合は製造年数を確認するようにしましょう。安全装置がないといざというとき危険です。

4.ガスコンロの処分方法

新しいガスコンロに買い替えると古いものは不用になります。この項目では不用となったガスコンロを処分する方法をご紹介。

4-1.自治体にごみとして出す

ガスコンロは自治体の粗大ごみとして出すことができます。地域によっては不燃ごみとして出せる場所もあるようなので確認してから捨てましょう。
自治体にごみとして出す場合は必ず自治体のルールを守って捨ててください。

4-2.不用品回収業者に依頼する

不用になったガスコンロは不用品回収業者に引き取ってもらうことができます。
不用品回収業者であれば自分でごみ捨て場に運ぶ必要はありません。しかも、自分が指定した日時に引き取りにきてくれるのがポイント。ガスコンロ以外にも引き取ってもらいたいものがあれば依頼を検討してみましょう。
また、回収には費用が必要ですが事前に見積もりを取ってもらうことができます。自分のガスコンロを引き取ってもらうのに必要な予算が計算できるのはうれしいポイント。

4-3.買い替え時に引き取ってもらう

新しいガスコンロを買ったとき、店舗によっては古いガスコンロを引き取ってもらうことができます。
買い替えをする店舗によってサービスは異なるので事前に確認しておきましょう。

5.修理 or 買い替え? 見極めるポイント

5-1.10年以上で異常がある場合

自分の使っているガスコンロで火が付かない・異音がする・火が安定しない等の異常が出た場合は製造年数を確認してみましょう。自分の使っているガスコンロが10年以上使っているものであれば寿命が近いです。
修理して使い続けるのも1つの手。ですが、使っているガスコンロが旧式であれば部品がないことが考えられます。そうなると、ガスコンロを買い替えたほうが手っ取り早くて修理よりも長く使うことができるのです。
調子の悪いガスコンロを使い続けるのは非常に危険。また、安全装置がないとその危険は倍増します。長年使っていて異常のあるガスコンロは早めに買い替えましょう。

5-2.取り扱い説明書を見てみる

取り扱い説明書には故障に対するガイドラインが掲載されています。そのガイドラインに沿って修理と買い替えを検討することもできるのです。
取り扱い説明書で「業者に相談してください」という不調が出たときは買い替えを検討したほうがいいでしょう。修理してもすぐにダメになる可能性が大きいです。

6.まとめ

いかがでしたか?

この記事ではガスコンロの寿命と買い替え時期に関してまとめてきました。さいごに、ガスコンロに関する大事な情報をチェックしておきましょう。

  • ガスコンロの平均的な寿命は10~15年。
  • 火が付かないなどの異常があれば買い替えを検討する。
  • 普段の使い方によって寿命は左右する。
  • ガスコンロを買い替えるときは自分にあった機能を選ぶ。
  • 不用なガスコンロは自治体・回収業者に引き取ってもらう。

調理のとき必要となるガスコンロ。ガスコンロは自分にとって使いやすいものを安全に使いたいものです。長年使っているもので異常が目立つ場合は素直に買い替えることをおススメします。