シャワーの水圧が弱い原因・上げる方法・注意点について知ろう!

シャワーの水圧が弱くなると使いづらくなってしまいます。
なぜシャワーの水圧が弱くなったのでしょうか。
シャワーの水圧を上げるためには原因を知ることが大切です。
原因を把握しつつ水圧を上げる方法を実践していきましょう。
シャワーの水圧が弱い原因や水圧を上げる方法、注意点について説明します。
シャワーの水圧が弱くなっている人はぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. シャワーの水圧が弱い原因
  2. シャワーの水圧を上げる方法
  3. シャワーの水圧を上げる際の注意点
  4. まとめ

1.シャワーの水圧が弱い原因

シャワーの水圧が弱い原因は人によってさまざまです。
プロの業者でなければ原因はわからないと思うでしょう。
しかし、自分たちで原因を確認できる方法があります。
自分たちでできる確認方法をいくつか紹介していくのでぜひチェックしてください。

1‐1.全体の水圧・元栓を確認する

シャワーの水圧が弱い原因は「元栓」がしっかりあいていないケースがよくあります。元栓が中途半端になっていると全体の水圧に大きく関係するのです。
一般的に、水道管から家に水を引き込んでいます。
元栓が中途半端にあいていれば引き込む力が弱まると思っておいてください。
そのため、シャワーの水圧も弱くなってしまうのです。
シャワー以外のところもチェックしておきましょう。
シャワーの水圧と同じように弱まっている場合は元栓に原因があります。
元栓のほとんどは水道メーターの近くにあるのでぜひチェックしてみてください。
元栓が中途半端に開いているのであれば完全にあけておきましょう。

1‐2.給湯器の容量不足

あなたの家は家族構成に合わせた給湯器を使っているでしょうか。
シャワーの水圧は給湯器の容量不足が大きく関係している可能性が高いです。
元栓が開いているのにシャワーの水圧が弱い場合は給湯器をチェックしてください。
また、お湯を使うときだけ水圧が弱くなるケースも給湯器が問題になっています。
給湯器の容量不足が原因の場合は買い替えをしなければなりません。
家族構成に合ったぴったりの容量を選ぶ必要があります。
給湯器の容量は給湯能力として「号数」で表示しているのです。
号数は水温25℃のお湯が1分間に出る量を記載しています。
たとえば、16号の場合は16ℓ、24号であれば24ℓです。
1人暮らしでは16号でも良いですが、家族4人にもなると24号ほどの給湯器に買い替えなければなりません。

1‐3.止水栓の状態が悪い

シャワーの水圧が弱い原因は「止水栓」にもあります。
蛇口の近くにある止水栓は水圧のコントロールができる部分です。
主に蛇口の修理や水漏れ防止のために取りつけています。
止水栓の状態が元栓と同じく中途半端になっているとシャワーの水圧が弱まってしまうのです。
水圧をもとどおりにしたい場合は止水栓を完全にあけきった状態にしなければなりません。
しっかり開いているかどうか、中途半端になっていないかどうか確認してください。
まずは、シャワーの水圧が弱い原因を自分で探ってから適切な対処をしていきましょう。

2.シャワーの水圧を上げる方法

2‐1.低水圧用シャワーヘッドに換える

元栓や止水栓を完全にあける、給湯器を買い替えるなどさまざまな方法があります。
しかし、一向に改善できない場合は困ってしまうでしょう。
そこで、シャワーの水圧を上げる方法としておすすめしたいのが「低水圧用シャワーヘッドに換える」ことです。
給湯器を買い替えたいけれど交換できない場合もぜひ低水圧用シャワーヘッドを利用してください。
低水圧シャワーヘッドに交換するだけでシャワーの水圧を上げることができます。
なぜなら、シャワーヘッドの穴が小さい、数を減らしているなどの工夫で水圧を上げているからです。
低水圧用シャワーヘッドは水圧を上げるだけでなく、節水にもつながります。
水の量を制限することで勢いを強くしているため、一石二鳥の方法になるでしょう。
ぜひ低水圧用シャワーヘッドに換えてみてください。

2‐2.業者に調査を依頼する

さまざまな方法を試してみたけれどなかなか解消できない場合、業者に調査を依頼してください。
自分たちで何とかしようと考えてはいけません。
あちこち触ってしまうと余計に状態がややこしくなってしまいます。
水道管に問題がある、もともとの水圧が低い、水漏れしているなどほかの原因になっている可能性もあるのです。
自分での対処が難しいのでプロである業者に調べてもらったほうが早いでしょう。
場合によっては給湯器を買い替えなければならないケースもあります。
修理か買い替えかで悩んだ場合は業者と話し合うことが大切です。
後悔しないためにも1度相談することをおすすめします。

3.シャワーの水圧を上げる際の注意点

3‐1.マンションやアパートの場合

マンションやアパートに住んでいる場合、給水装置に問題がある可能性はあります。
自分たちで取り扱い説明書を読みながら対処するのも良いでしょう。
しかし、変に触ってしまって壊れるケースもあります。
賃貸であれば大家さんのものなので壊してしまってはいけません。
水圧問題を解決したいのなら大家さんに報告したほうが賢明です。
勝手にいじくってしまうと後でトラブルになる恐れがあります。
気持ち良く解決するためにも1度大家さんに相談してください。
大家さんに相談してから業者に連絡して調べてもらいましょう。

3‐2.修理をしてもらう場合

給湯器に問題がある場合、修理かまたは買い替えをしてもらわなければならないケースがあります。
修理・買い替えをする場合は必ず業者の「見積もり」を確認してください。
業者の見積もりをしっかり確認してから依頼することが大切です。
業者の中には不正を働く悪徳業者もいます。
実際、見積もりをしっかり確認していなかったせいでお金トラブルに発展した人もたくさんいるのです。
お金トラブルになってしまうと嫌な気持ちになりますよね。「やっぱり修理しなければ良かった」と後悔するでしょう。
後悔しないためにも業者に依頼する前は必ず「見積もり」を確認してください。
不備な点やわからないところがあればすぐに質問しましょう。
質問したとき丁寧に答えてくれる業者なら安心して依頼できます。
しかし、軽く受け流す、きちんと説明してくれない業者は危険です。
また、保証期間がついているかどうかも確認しましょう。
保証期間がついている給湯器であれば買い替えた後問題が起きても無料で修理してくれますよ。

4.まとめ

シャワーの水圧が弱い原因や水圧を上げる方法、シャワーの水圧を上げる際の注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
最も大切なのはシャワーの水圧が弱い原因を見つけることです。
原因さえ見つかればすぐに対処できます。
自分でできる確認をしたけれど原因が見つからない場合は業者に相談してくださいね。原因を知ることが1番の対処法になるでしょう。

  • 全体の水圧、元栓を確認する
  • 給湯器の容量不足が原因になっていることも
  • 止水栓の状態が悪い
  • 低水圧用シャワーヘッドに交換する
  • 業者に調査を依頼する
  • マンションやアパートの場合は大家さんに相談する
  • 業者に依頼するときは「見積もり」を確認する

以上のポイントは要チェックです。
ポイントをしっかり踏まえつつシャワーの水圧が弱い原因を見つけていきましょう。
業者に調査を依頼する際は、見積もりを必ず確認してくださいね。
自分にとって安心して依頼できる業者を選ぶことが大切です。