ガスコンロがつかない原因と対処法は? 業者選びのポイントも紹介!

「ガスコンロがつかないときはどう対処すればよいのか?」「どんな業者に依頼すればよいのか分からない」とお悩みではありませんか? ガスコンロがつかない原因としては、いくつか考えられるものがあります。自分で簡単に直せる場合もあるため、まずは確認が必要です。

この記事では、ガスコンロがつかなくなる原因や対処法・修理の依頼先などをまとめてご紹介しましょう。

  1. ガスコンロがつかないときに確認すること
  2. ガスコンロがつかない原因と対処法を紹介
  3. 自分で直せない場合は業者へ連絡を
  4. ガスコンロの故障に関するよくある質問

この記事を読むことで、ガスコンロがつかない原因として多いものや、修理業者を選ぶポイントなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.ガスコンロがつかないときに確認すること

まずは、ガスコンロがつかないときに確認すべきポイントをご紹介しましょう。

1-1.ガスの元栓は開いているか

ガスコンロがつかないときは、まずガスの元栓が開いているか確認しましょう。何らかの事情で元栓を閉めてそのままにしている・知らないうちに家族が元栓を閉めていたなどのケースも考えられます。元栓が閉まっていれば当然ガスコンロがつくことはないため、必ず確認してみましょう。

1-2.1か所だけつかないのか、全部つかないのか

ガスコンロが2口以上ある場合は、つかないのが1か所だけなのか、全部つかないのかを確認してください。全部のガスコンロがつかない場合は、電池切れやガス遮断が原因の可能性があります。1か所だけつかない場合は、部品の故障などが疑われるでしょう。

1-3.ほかのガス機器は使用できるか

ガスコンロ以外のガス機器が使用できる状態であるか確認しましょう。ほかのガス機器も使用できない場合は、何らかの理由でガスの供給が遮断されているか、安全装置が作動している可能性も考えられます。

2.ガスコンロがつかない原因と対処法を紹介

ガスコンロがつかない原因として考えられるものをご紹介します。

2-1.電池切れ

ガスコンロがつかない原因として最も多いのが、電池切れによるものです。半年~1年に1回は電池交換が必要になるため、電池交換ランプが点灯していないか確認してみましょう。ただし、ランプがついていなくても電池が切れている場合もあります。新しい電池に交換してガスコンロがつくかどうか試してみるとよいでしょう。

2-2.バーナーキャップのずれや汚れ

バーナーキャップがずれていたり汚れていたりすると、ガスコンロがつかなくなることがあります。バーナーキャップをはめこむ部分に印がついているため、ずれてしまっていないか確認しましょう。また、バーナーキャップの裏面はギザギザの溝になっており、ここに汚れがたまって目詰まりを起こすとガスコンロの火がつかなくなります。定期的に、使い古した歯ブラシなどで汚れをこすり落としておきましょう。掃除後はしっかり乾かし、水分が残っていないか確認してください。

2-3.センサーや点火プラグがぬれている

センサーや点火プラグがぬれていることも、ガスコンロの火がつかない原因になります。「鍋の底がぬれたまま火にかけようとした」「調理中に吹きこぼしてしまった」など、思い当たることがないか考えてみましょう。センサーや点火プラグ周りの水気をしっかり拭き取り、乾燥させてから再度試してみてください。

3.自分で直せない場合は業者へ連絡を

上記の対処法を実践してもガスコンロがつかない場合は、業者に修理を依頼しましょう。依頼先や業者の選び方・注意点をまとめました。

3-1.メーカーや専門業者に依頼する

ガスコンロがつかなくなった場合、製造メーカーやガスコンロの交換・設置業者に修理を依頼しましょう。メーカーに依頼する場合、保証期間内であれば無料で修理可能なケースもあります。ただし、古いガスコンロだとメーカーが部品を保有していないため、修理できない場合もあるでしょう。その場合は、新しいガスコンロへの交換が必要になります。

3-2.業者選びは慎重に

ガスコンロの交換・設置業者は全国にたくさんあるため、修理を依頼する際は業者選びを慎重に行う必要があります。以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • スピーディーな対応をしてくれるか
  • アフターサービスが充実しているか
  • 有資格者が在籍しているか

3-3.複数の業者を比較して選ぼう

ガスコンロの修理にかかる費用は、業者によって異なります。そのため、複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較して選ぶのがおすすめです。そうすることで大まかな相場を把握できるでしょう。もちろん、費用だけでなくサービス内容や対応の仕方などもチェックして選ぶことが大切です。

4.ガスコンロの故障に関するよくある質問

「ガスコンロがつかないときの対処法を知りたい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.ガスコンロの寿命はどのくらいですか?
A.使い方や使用頻度・お手入れの仕方にもよりますが、一般的には10~15年といわれています。

Q.ガスコンロの修理費用はいくらぐらいかかるのでしょうか?
A.故障の内容や程度にもよりますが、10,000~50,000円が相場です。

Q.ガスメーターを遮断されるのはどんなときでしょうか?
A.ガス器具の消し忘れによりガスを長時間使用したときや、震度5以上の地震が発生したとき、ガス漏れ警報器が作動したときなどに遮断されます。

Q.点火スイッチを押している間は火がつくのですが、手を離すと消える場合、原因は何でしょうか?
A.電池切れが原因でこのような症状が起こることもあります。電池を新しいものに交換してみてください。

Q.ビルトインガスコンロは自分で交換できますか?
A.いいえ。ガス管の取り外しや接続に専門的な資格が必要になるため、業者に依頼する必要があります。

まとめ

ガスコンロがつかない原因や対処法・修理業者の選び方などをまとめてご紹介しました。ガスコンロがつかなくなる原因にはさまざまなものがありますが、自分で対処できない場合もあります。業者に修理を依頼すべきかを見極め、早めに対処する必要があるでしょう。