給湯器の水漏れは故障のサイン? 原因と対処法を知ろう

給湯器を使い続けていると、さまざまな故障のサインが現れることもあるでしょう。
たとえば、水漏れ。
水漏れは故障の症状として、よくある例の1つです。
水漏れを起こした場合、給湯器を使い続けるとどうなるのでしょうか。

そんな人たちのために、給湯器の寿命や故障のサイン、水漏れの原因や対処法をまとめてみたいと思います。

目次

  1. 給湯器の寿命と故障のサイン
  2. 水漏れの原因
  3. 水漏れの対処法
  4. まとめ

1.給湯器の寿命と故障のサイン

給湯器が故障するとお湯が出なくなるため、生活に支障をきたすことになります。
給湯器の寿命と故障のサインについて知っておくべきではないでしょうか。

1-1.給湯器の寿命は?

使用頻度や家族構成にもよりますが、一般的に家庭用給湯器の寿命は10~15年と言われています。
経年劣化のよる部品の摩擦や、基盤の故障などが不調の原因です。
しかし、給湯器は定期的にメンテナンスを行う機会がなかなかないため、不調に気づかずに使い続けているケースが非常に多くなっています。
メーカーは給湯器の設計標準使用期間を10年と定めていますが、実際には10年以上使い続けることができるものがほとんどです。
ただ、部品の取り扱いをしなくなった時点でメーカーも修理対応ができなくなります。
対応できる場合もありますが、時間がかかったり修理費が発生したりすることになるでしょう。
そのため、購入から10年以上経過している場合は、修理より交換することをおすすめします。

1-2.給湯器の故障のサインとは

給湯器を使い続けていると、さまざまな故障のサインが現れます。
よくある例は以下のとおりです。

  • 水漏れする
  • お湯の温度が安定しない
  • お湯を出す際に大きな着火音がする
  • お湯がぬるい
  • 黒い煙が出てくる

また、給湯器のリモコンにエラーコードを表示するタイプのものもあります。
故障の内容を示す重要なサインなので、取り扱い説明書で確認するようにしましょう。

2.水漏れの原因

給湯器の故障にはさまざまな症状があります。
今回は、水漏れを起こす原因について考えてみましょう。

2-1.長期間使用しないことで圧力が上がった

「出張で2週間家を空けて帰宅したら、給湯器から水漏れしていた」という例はよくあります。
長期間使用せずにいると、給湯器内の圧力が上がり、水抜き栓から水が漏れてしまうでしょう。
そのため、長期間不在にするときは、元栓を閉めて給湯器の水抜きをする必要があるのです。

2-2.経年劣化

給湯器の経年劣化により、水漏れを起こす場合もあります。
ただし、経年劣化の場合、何年も使用していないと水漏れまで至ることはないでしょう。
利用回数や家族構成によっては、5年以上で経年劣化を起こす可能性はあります。
もし5年以下で水漏れを起こすようなら、経年劣化ではなく、別の原因が考えられるでしょう。
早めに修理業者に連絡してください。

2-3.給湯器が北側を向いている

マンションなどではボックスに収納している給湯器がほとんどですが、一軒家では屋外に設置されていることが多いでしょう。
もし、屋外で北側を向いている場合は、注意が必要です。
北側は風が強いため、耐久温度以下になり、水が凍って破裂してしまう可能性があるでしょう。
このように、給湯器の水漏れには方角が影響する場合もあるということを覚えておいてください。

2-4.心配のない水漏れもある

水抜き栓から水漏れを起こしている場合、故障ではないので修理の必要はありません。
給湯器は、内部の圧力が高くなると水抜き栓から水を排出して圧力を下げるのです。
逆に、水抜き栓以外の場所から水が漏れている場合は、故障の可能性が高いでしょう。
水抜き栓の位置を確認するためにも、取り扱い説明書をチェックしてみてください。

3.水漏れの対処法

最後に、給湯器が水漏れを起こした場合の対処法についてご紹介します。

3-1.水漏れは劣化スピードを上げる

給湯器が水漏れを起こす原因はさまざまなものが考えられます。
水漏れを起こすということは、内部の配管やパッキンが劣化している証拠でしょう。
水漏れを放置しておくと、劣化はさらにすすみます。
今以上に劣化スピードを上げないためにも、早めに業者に連絡をし、対処してもらってください。
給湯器の水漏れ修理は、水漏れ修理の業者より、給湯器を取り付けたガス会社に依頼する方が安全です。

3-2.すぐに使用を中止し、業者に連絡する

給湯器が水漏れを起こしている場合、そのまま使い続けると配管が完全に壊れてしまいます。
そうなると修理できるものもできなくなってしまい、交換するしかなくなってしまうでしょう。
給湯器からの水漏れを確認した場合、すぐに使用を中止してください。
水漏れしている部分に自分で応急処置をして使い続けるのは、大変危険です。
ガス給湯器の修理には国家資格が必要なため、資格を持っている業者に依頼するようにしましょう。
使用している給湯器のメーカーと連絡を取ってくれる業者を選ぶことをおすすめします。
信頼できる業者を選ぶためにも、慎重に検討してください。

3-3.水漏れを放置するのは危険

給湯器は水漏れを起こしても、必ずしもすぐに故障するわけではありません。
もちろん水漏れを起こす箇所にもよりますが、調子が悪いながらも使い続けることができる場合もあるのです。
しかし、水漏れを放置して使い続けることは危険でしょう。
もし、水漏れが炎の近くで起こっていた場合、不完全燃焼を引き起こすこともあります。
不完全燃焼が起これば、一酸化炭素が発生し、死亡事故につながる可能性もあるということを覚えておいてください。

4.まとめ

給湯器の水漏れに関する情報をご紹介しました。

  • 給湯器の寿命と故障のサイン
  • 水漏れの原因
  • 水漏れの対処法

「給湯器が水漏れを起こしている」「水漏れの原因と対処法を知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

京都環境ネット