「薄毛は遺伝」と諦めないで!頭皮の洗い方1つで人生が変わる!

薄毛の原因にはさまざまなものがあります。
間違ったシャンプーの仕方もその1つ。
頭皮に負担をかけ、頭皮環境が乱れてしまっていることに原因がある可能性もあるのです。
薄毛に悩んでいる人こそ、正しいシャンプー方法を知っておく必要があります。
薄毛を予防するためには、頭皮のケアを欠かすことができないということをご存じでしょうか?

  • 最近、薄毛が気になってきた
  • 頭皮のケアと薄毛にはどのような関係があるのか?
  • 正しい頭皮の洗い方を知りたい

そんな人たちのために、頭皮のケアと薄毛の関係、正しい頭皮の洗い方についてまとめてみたいと思います。

目次

  1. 頭皮のケアと薄毛の関係
  2. 間違った頭皮の洗い方をするとどうなるのか
  3. 正しい頭皮の洗い方とは
  4. まとめ

1.頭皮のケアと薄毛の関係

1-1.薄毛は遺伝?

「薄毛は遺伝だから仕方ない」と諦めている人も多いでしょう。
実際に、薄毛は遺伝します。
ただし、遺伝するのは「薄毛になりやすい体質」であり、親が薄毛だからと言って必ずしも薄毛になるわけではないのです。
薄毛には、抜け毛を引き起こしやすい男性ホルモンが大きく関係しています。
この男性ホルモンの量が多ければ多いほど、薄毛になるリスクは高くなるのです。
遺伝するのはこの男性ホルモンの分泌量。
特に母親が薄毛の場合、その影響を強く受けやすいと言われています。
しかし、「遺伝なら何をしても意味がない」と諦めてしまうのは間違いです。
薄毛は遺伝だけでなく、食生活や生活習慣の影響も大きく受けています。

1-2.頭皮環境を整えることで薄毛を予防できる

「親が薄毛なので自分も将来が心配」という人は、今のうちから頭皮ケアを始めましょう。
頭皮環境を整えることは、薄毛予防にとって必要不可欠です。
薄毛の主な原因である「頭皮の血行不良」や「汚れや皮脂分泌による毛穴の詰まり」を防ぐためには、正しい洗い方で頭皮をケアしなければなりません。
もちろん、頭皮環境を整えるためには内側からのケアも大切です。
毎日の食事で栄養バランスを保つよう心がけてください。
「食事だけでは難しい」という場合は、サプリメントで補うのもよいでしょう。

2.間違った頭皮の洗い方をするとどうなるのか

2-1.強く洗うと頭皮を傷つけることに

頭皮の汚れや毛穴の詰まりを取り除くために、ゴシゴシと力を入れて洗っていませんか?
確かに、頭皮をキレイな状態にすることで、頭皮環境がよくなり、抜け毛が減るイメージはあるでしょう。
しかし、実際には頭皮を傷つけることになります。
頭皮が荒れると正常な皮脂の分泌をコントロールすることができなくなり、抜け毛が増え、薄毛はさらに進行してしまうでしょう。

2-2.抜け毛を恐れてはいけない

「シャンプーをすると髪の毛が抜けるため、力を入れずにそっと洗うようにしている」という人も少なくありません。
確かに力を入れずに洗うと、抜け毛は少なく済むでしょう。
しかし、実は、本来抜けるはずだった髪の毛が頭皮に残っているのです。
次のシャンプーで、頭皮にとどまっていた髪の毛が一気に抜けることになるでしょう。
恐る恐る洗うと、毛穴の汚れが落ちきらず、血行もよくなりません。
結果として抜け毛の原因となり、薄毛は進行してしまうでしょう。
ヘアサイクルさえ正常に機能していれば、髪の毛は抜けたらまた生えてくるのです。
間違った洗い方のせいで、新しく生えてくるはずの髪の毛を抜いてしまう方が怖いでしょう。

2-3.2度洗いは必要な皮脂を取り除いてしまう

頭皮をスッキリした状態にするために、シャンプーで2度洗いしてしまう人もいるでしょう。
しかし、最近のシャンプーは洗浄力の強さが特徴。
2度も洗ってしまうと、必要な皮脂まで取り除いてしまうことになります。
皮脂は頭皮にとってバリアのようなもの。
バリアがなくなった頭皮は、当然、刺激に対して敏感に反応するようになってしまいます。
汗をかく、風が当たるなど、少しの刺激にも反応し、頭皮トラブルを引き起こしてしまうのです。

3.正しい頭皮の洗い方

3-1.まずはシャンプー選びから

市販のシャンプーは洗浄力が強く、頭皮環境の悪化につながります。
いくら丁寧に洗っても、洗浄力の強いシャンプーを使っていては意味がないでしょう。
頭皮環境を整えるためには、比較的洗浄力の弱いアミノ酸系シャンプーがおすすめです。
頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーなら、薄毛予防に効果的でしょう。

3-2.正しい洗い方の手順

まず、シャンプーを使う前にブラッシングとお湯で下洗いをします。
シャンプーの使用量を減らすだけでなく、髪のすべりをよくすることで抜け毛を減らす目的です。
優しく髪をほぐすようにして洗いましょう。
シャンプーは髪につける前に泡立てます。
髪につけてから泡立てるより、泡状の方がすき間に入り込むため汚れが落ちやすくなるでしょう。
頭皮を洗うときは、力を入れすぎないように、指の腹で優しく洗ってください。
爪を立てて洗うようなことはくれぐれもしないようにしましょう。
最後のポイントは、すすぎです。
すすぎが不十分だとシャンプーの成分が頭皮に残り、薄毛の原因になります。
シャワーでたっぷりとお湯をかけて、念入りにすすいでください。

3-2.頻度

  • 洗浄力の強いシャンプーを使わない
  • 2度洗いをしない
  • 力を入れてゴシゴシしない

以上のことから「とにかく頭皮をキレイにしよう」という考えは必要ないということが分かりました。
洗う頻度も、1日1回で十分です。
不快感がなければ、2~3日に1回洗う程度でよいでしょう。
スポーツなどで汗をかいたときは、シャンプーを使わずにお湯だけで頭皮を洗うのがおすすめです。

3-3.お湯の温度

頭皮を洗うときは、お湯の温度も薄毛予防に関係してきます。
最適なお湯の温度は38度です。
40度以上のお湯で洗うと、必要な皮脂や潤いを壊してしまう可能性があります。
逆に、お湯の温度がぬるすぎる場合は、皮脂や汚れ、整髪料が頭皮に残ってしまい、頭皮トラブルの原因になるでしょう。
普段、シャワーのお湯を38度以外に設定している人は、ぜひ見直してみてください。

4.まとめ

頭皮の正しい洗い方についてご紹介しました。

  • 頭皮のケアと薄毛の関係
  • 間違った頭皮の洗い方をするとどうなるのか
  • 正しい頭皮の洗い方とは

「最近、薄毛が気になってきた」「薄毛予防のために正しい頭皮の洗い方を知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。