必見!!ビルトインコンロの交換時期とその方法とは?自分でできる?

ビルトインコンロとは、システムキッチンの一部になっているタイプのガスコンロのことです。
一昔前の主流だった移動式のガスコンロと異なり、作業台とひと続きになっています。
そのため、掃除もしやすく見た目もよいでしょう。
しかし、その反面ガスコンロが壊れてしまったときの交換方法に悩む方も少なくないと思います。
そこで、今回はビルトインコンロの交換方法やその費用についてご紹介しましょう。

  1. ビルトインコンロとは?
  2. ビルトインコンロの現状とは?
  3. ビルトインコンロの寿命と故障の種類について
  4. ビルトインコンロは自分で交換できるの?
  5. ビルトインコンロを交換してくれる業者とは?
  6. ビルトインコンロ交換にかんするよくある質問

移動式ガスコンロは自分で交換できたのだから、ビルトインコンロも自分で交換したいという方もいるかもしれません。
この記事を読めば、ビルトインコンロの交換が素人では難しい理由も分かります。また、業者の選び方もご紹介していきましょう。最近ガスコンロの調子が悪いという方は必見ですよ。

1.ビルトインコンロとは?

ビルトインコンロの「ビルトイン」とは造りつけの、とか組みこまれているといった意味の英語です。
つまり、ビルトインコンロとは通常のコンロではむき出しになっている機械の部分が、天板の下に埋まる形になっています。
このような形状ですと、作業台とコンロに段差が無くなるので、使いやすいです。
また、移動ができるガスコンロですとどうしても作業台とコンロの間にすきまができるので掃除もしにくかったでしょう。
さらに機械部分を埋めこめるビルトインコンロは、移動式のガスコンロより大きなものが置けます。
そのため、ガス台の上が狭くならずに広々と使えるでしょう。
「ビルトインコンロにしたら、何だかガス台が広く感じる」というのは、決して気のせいではありません。
しかし、その反面ガスコンロが不調になってしまうと交換が大変です。値段も移動ができるガスコンロよりは高めになります。

2.ビルトインコンロの現状とは?

この項では、ビルトインコンロの現状についてご紹介していきます。
いったいどのようなメーカーから販売されており、どのくらいの値段が相場なのでしょうか?

2-1.ビルトインコンロのメーカーとは?

ビルトインコンロは、ガスコンロと同じメーカーによって作られていることが多いです。
一例をあげると、リンナイやノーリツなどになります。このふたつのメーカーはラインナップも豊富で、予算やライフスタイルに合わせて商品を選べるでしょう。
また、ガスコンロは有名メーカーもそれ以外のメーカーもそれほど値段は大きく変わりません。
型落ちの有名メーカーとそれ以外のメーカーの最新式では、最新式の方が高価ということもあるでしょう。

2-2.ビルトインガスコンロの種類

ビルトインガスコンロは、都市ガスかプロパンガスかで種類が変わります。
ですから、引っ越し先でビルトインコンロを使いたいという場合は、引っ越し先のガスの痔種類を調べておきましょう。
また、ガス台の幅も60センチ幅と75センチ幅があります。
一般的な幅が60センチですが、広い家や広いガス台を使いたいという場合は75センチを選べばよいでしょう。
ただし、2~3千円ほど高くなります。また、天板もガラストップやメタルトップなど汚れのつきにくい素材別にいくつかの種類があるのです。
展示会などで一度現物を見てから決めるのもよいでしょう。

2-3.ビルトインコンロの相場はどのくらい?

ビルトインコンロの相場は移動ができるガスコンロよりも高めです。
大体10万円~20万円前後が相場になっています。
移動ができるガスコンロの相場が7万円~10万円ですから、ほぼ倍ですね。
しかし、設置工事を行っている業者の多くが値引きをしていますので、実際はもう少し安めになるでしょう。
また、ビルトインコンロの場合は製品の値段にプラスして工事費もかかります。
そのため、実際の製品に数千円~1万円前後が加わった値段になることが多いでしょう。
「工事費込み」になっている場合は、その値段に設置工事まで含まれています。

2-4.ガスコンロからビルトインコンロに変更する方法

ガスコンロからビルトインコンロに交換するためには、キッチンの大舩場リフォームが必要です。
ガスコンロの場合はキッチンの台の一部が低くなっており、そこにガスコンロを置く仕様になっています。
そのため、そこにビルトインコンロを収納するスペースを新しく作らなければなりません。
ですから、キッチン全体のリフォームが必要になるケースもあるでしょう。
しかし、キッチンは定期的なリフォームが必要です。
古くて使いにくくなったなと思ったら、思いきってキッチン全体をリフォームしてもよいでしょう。
費用がかかりますので、家族とよく相談して行ってください。

2-5.ビルトインコンロの選び方

ビルトインコンロを選ぶ場合は、サイズと掃除のしやすさを基準に選ぶとよいでしょう。
また、同じ幅であればコンロを増やすことも可能です。
ただし、コンロを増やしたからといって使い勝手がよくなるわけではありません。
一般的な家庭なら3つで十分です。
また、コンロ以外も魚焼き機やグリルなど付属品がつけられます。
付属品が多いほど値段も高くなりますので、よく考えてからつけましょう。
なお、ビルトインコンロはサイズ違いのものはつけられません。
自分の家のコンロの幅を忘れずに測っておいてください。

3.ビルトインコンロの寿命と故障の種類について

ビルトインコンロの寿命は一般的に10年~15年といわれています。
しかし、これはあくまでも目安であり、コンロを使う頻度が高いほど故障しやすくなるでしょう。
また、コンロの寿命が一斉に訪れるより、一番よく使うコンロだけが故障して点火しなくなった、ということの方が多いのです。
この場合は、1個だけコンロを取り換えることはできません。
全体の交換になります。
ビルトインコンロの故障は、ガスの噴出口のつまりや点火スイッチの劣化などが多いでしょう。
特に、掃除をあまりしないコンロでは噴出口がつまってガスが一定に出なくなります。
すると、安全装置が働いてガスが点火しなくなるのです。
そのほか、内部の部品の劣化などによってもガスが点火しなくなったり、ガスの噴出がうまくいかなくなったりするでしょう。
設置してから5年以内のガスコンロの場合は修理した方がお得ですが、それ以上のガスコンロの場合は交換した方がよい場合も多いのです。ガスコンロの調子が悪くなったら、一度業者に見てもらい交換か修理かを選択してください。

4.ビルトインコンロは自分で交換できるの?

インターネット上では、ビルトインコンロをDIYで交換する方法も説明されています。
しかし、ビルトインコンロは移動できるガスコンロよりもつなぎ方が複雑で、さらに古いガスコンロを取りだす、という過程があるので素人には難しいでしょう。
無理に行おうと思えば、システムキッチンが傷ついてしまいます。
わずか数千円~1万円くらいのお金を節約しようと思わず、業者に依頼した方がよいでしょう。

5.ビルトインコンロを交換してくれる業者とは?

この項では、ビルトインコンロを交換してくれる業者やその選び方などをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

5-1.業者の種類とは?

ビルトインコンロを交換してくれる業者は、リフォーム会社やガス会社の直営ショップ、家庭用設備機器設置会社などいろいろあります。
ビルトインコンロを買えば必ず工事が必要なので、家電量販店やホームセンターなどが請け負ってくれることもあるでしょう。

5-2.業者の選び方とは?

どの業者を選んでも、仕事をきちんとしてくれるなら問題ありません。
しかし、中には工事がいいかげんなところもあるでしょう。
業者の腕を見抜くのは大変ですが、口コミがよい業者や実績な豊富な会社に依頼すれば間違いありません。
また、アフターフォローの有無も大切です。自分の工事に自信がある会社ほど手厚いアフターフォローをつけてくれるでしょう。
さらに、工事の際の受け答えも大切です。丁寧に施主のことを考えて説明してくれる業者なら問題ありません。

5-3.取り付けにかかる時間はどのくらい

ビルトインコンロの交換時間はおおよそ2時間くらいです。
終わった後の古いコンロは業者が処分してくれることが多いでしょう。
ただし、キッチンごと替える大幅リフォームの場合は、2~3日かかります。
移動できるガスコンロからビルトインコンロに替えるという場合は、数日間ガスが使えないものと判断してその間の調理をどうするか考えてから依頼してください。

5-4.依頼から工事に取りかかる日数はどのくらい?

製品が業者の手元にあり、手が空いている状態ならば数日後に工事に来てくれます。
製品が取り寄せになる場合は、1週間くらいかかるでしょう。
ですから、壊れてから申し込むよりも、調子が悪くなったらすぐに見てもらった方がよいのです。

6.ビルトインコンロ交換にかんするよくある質問

Q.ビルトインコンロはガスコンロよりも寿命が長いのでしょうか?

A.一概にそうとは言い切れませんが、清掃しやすいので長持ちはしやすいのです。

Q.ビルトインコンロはどこで購入するのが一番お勧めですか?

A.身近に複数の購入場所がある場合は、比較してみてください。

Q.ビルトインコンロの方が火力は強いのでしょうか?

A.火力の強さは特に変わりありません。

Q.賃貸物件でコンロの交換は可能ですか?

A.管理会社や大家さんが壊れた場合は交換してくれます。

Q.ビルトインコンロの設置場所を作る工事はキッチンごとのリフォームしかありませんか?

A.工務店に相談してみてください。

まとめ

いかがでしたか?今回はビルトインコンロの交換についてご説明しました。
自分で交換しようと思う方もいますが、無理をせずに業者に頼ってください。
また、壊れてから交換するよりも、調子が悪くなったら早めに交換しましょう。

京都環境ネット