お風呂をリフォームして快適なバスタイムを!費用や業者の選び方は?

風呂のリフォームを考える前に、知っておくべきことがたくさんあります。どのようなタイプがあるのか、費用はどのくらいかかるのか、分からないことがたくさんあるでしょう。また、自分の家の風呂がリフォームの必要なタイミングかどうかも知りたいですよね。そこで、この記事では風呂のリフォームにかんする情報をまとめてご紹介します。工事を依頼する前に、ぜひ読んでみてください。

  1. 風呂の種類について
  2. 風呂のリフォームについて
  3. 風呂・浴室リフォームの種類
  4. 風呂の給湯器について
  5. 風呂リフォームの費用はどのくらい?
  6. 風呂リフォームの工事日数や流れ
  7. 風呂リフォームの業者選びについて
  8. 風呂リフォームにかんするよくある質問

この記事を読むことで、いつ、どのような風呂に変えるべきか分かるはずです。理想の浴室を手に入れましょう。

1.風呂の種類について

まずは、風呂の種類について解説します。人気のタイプや最新機能にはどのようなものがあるのでしょうか。

1-1.家庭用風呂設備の種類はこんなにある!

家庭用の風呂設備にはいくつか種類があります。それぞれの特徴を解説しましょう。

1-1-1.ユニットバス

風呂とトイレが一緒になっているものをこのように呼ぶと思っている人は多いでしょう。しかし、実はそうではありません。壁と天井・床が一体になっている風呂のことなのです。風呂と洗面台が一体になっているものを「2点ユニットバス」さらにトイレが付いたものを「3点ユニットバス」と呼びます。防水と断熱の面で大変優れており、工期も短く費用も抑えられるというメリットがあるのがこのタイプです。

1-1-2.在来工法タイプ

浴室を一から作るのが「在来工法タイプ」です。いわゆるオーダーメイドであり、浴槽から壁やドアまで、自分の好みに合わせて作ることができます。「温泉宿のように和風にしたい」「ドアをガラスにしたい」など、デザインにこだわりたい人におすすめです。ただし、ユニットバスに比べて防水性が低いことがデメリットと言えるでしょう。そのため、マンションのような複合住宅にはあまり向いていません。

1-1-3.ハーフユニットバス

その名のとおり、ユニットバスと在来工法タイプを混ぜ合わせたタイプです。床や浴槽はユニットバスで、壁や天井は在来工法というように施工できるため、最もメリットの多いタイプと言えるでしょう。在来工法より費用は抑えられますが、まだ新しいため商品のバリエーションが少ないのが問題点となっています。

1-1-4.システムバス

ユニットバスとほぼ同じ意味で使われている言葉です。一昔前までは風呂とトイレが一体化したものを「ユニットバス」と呼ぶ人が多かったのですが、最近は多機能なシステムが導入されるようになりました。そこで、差別化する意味で「システムバス」という言葉が使われてきたのです。

1-2.人気のタイプは?

どのタイプを選ぶかは人それぞれです。おすすめは以下のとおりなのでぜひ参考にしてみてください。

  • 昔ながらの風呂がいいという人~在来工法へのリフォーム
  • 手軽にリフォームしたいという人~ユニットバスへのリフォーム
  • とことんこだわりたいという人~ハーフユニットバスへのリフォーム

最近の傾向としては、ハーフユニットバスへのリフォームを希望する人が多くなっています。ユニットバスの利点は防水性のよさであり、そのメリットをそのまま利用しながら、壁や窓などは自由に設計することが可能です。「性能もよく、デザインにもこだわった風呂にしたい」という人は、この方法が一番でしょう。

1-3.最新機能を紹介

風呂場は毎日過ごす場所であり、さまざまな機能を求めてリフォームする人も少なくないでしょう。最新機能として注目を集めているものの一つに、浴室の床にW断熱構造を採用したものがあります。断熱だけでなくクッション層が入っており、冬場も暖かく過ごすことができるほか、風呂掃除の際にひざを付いても痛くないのが特徴です。また、小さな気泡を取り込むことで一粒一粒を大粒化したシャワーも必見でしょう。従来の感触はそのままに、節水化を図ることができます。浴室リフォームの際にシャワーも取り替えてみてはいかがでしょうか?

2.風呂のリフォームについて

次に、風呂のリフォームにかんする情報をご紹介します。耐用年数や交換理由についても参考にしてください。

2-1.風呂の耐用年数は何年?

風呂は生活にとって必要不可欠なものです。1日の疲れを洗い流し、リラックスできる空間にしておきたいはずでしょう。しかし、風呂にも寿命があり、一般的な風呂の寿命は15年・ユニットバスだと15~20年と言われています。もちろん使用頻度や使用環境によって異なりますが、15年経過したころからさまざまな不具合が発生することが多くなるのです。よくある不具合としては、コーキングはがれや浴槽・タイルのひび割れ・シャワーや蛇口など水栓部分の故障などがあります。このような不具合が発生すると快適にバスタイムを過ごすことができなくなるでしょう。

2-2.リフォームした方がよいのはこんなとき!

では、風呂のリフォームを検討するべきなのはどのようなときでしょうか。経年劣化によって風呂が不具合を生じるようになってきたときはもちろんのことです。その他にも、生活の変化によってリフォームを検討する家庭もあるでしょう。たとえば、高齢の両親と同居することになったときもそうだと思います。冬は温度差が激しく、滑りやすい床では危険でしょう。高齢者が安心して利用できるバリアフリーの風呂にしたいと考えるのは当然のことです。

2-3.風呂をリフォームしたら何が変わるのか?

風呂は疲れやストレスを癒(い)やしてくれる大切な空間です。生活の中で大変大切な意味を持っていると思いませんか?快適で自分好みの風呂にリフォームすることで、その大切な時間がもっと幸せなものになるでしょう。もちろん、他にもメリットはたくさんあります。メンテナンスも楽になりますし、滑りにくくて安全な浴室を手に入れることもできるでしょう。「脱衣所と浴室の温度差が激しい」という冬場も、ヒートショック対策を重視した商品を選ぶことで安心して風呂に入れます。浴室乾燥機能が付いた風呂であれば、洗濯物の干し場所に困ることがなくなりますし、カビが生える心配もなくなるでしょう。今までの生活がよい方に変わることは間違いありません。

3.風呂・浴室リフォームの種類

風呂・浴室リフォームにはさまざまな種類があります。どの方法が向いているのか考えてみてください。

3-1.ユニットバス入れ替え

現在のユニットバスを取り外して、新しいものに交換します。浴室リフォームの中でも、最も手軽な方法と言えるでしょう。工事にかかる日数も短く済みますし、費用もほかの方法に比べて比較的安めです。ただし、最近のユニットバスは高機能なものが増えているため、選び方によっては在来工法よりも高くなる可能性があります。

3-2.在来工法からユニットバスへ

在来工法からユニットバスへのリフォームを希望する理由として多いのが「冬に風呂が寒い」というものでしょう。このリフォームは比較的手軽にできるためおすすめです。ただし、ユニットバス本体の価格と取り付け費のほかに、既存の風呂を取り壊すための費用がかかります。工期もユニットバス入れ替えと比べて長くなるのが特徴です。

3-3.フルオーダーの在来工法風呂へ

在来工法は、浴室を自分の好きなように設計できるのがメリットです。浴室をフルオーダーできるのは大変な魅力でしょう。もちろん、使用する素材や設計によって工期や費用は大きく異なります。既存の風呂がユニットバスの場合は床下が腐食している可能性が少ないため、撤去も簡単に済むでしょう。しかし、もともと在来工法である場合は、床下が腐食している可能性があります。その際は補強工事が必要になるため、別途料金がかかるということを覚えておきましょう。

3-4.介護・バリアフリーリフォーム

高齢者の利用や介護を考えて浴室をリフォームするなら、バリアフリーリフォームを検討する必要があるでしょう。実際に、入浴中に高齢者が死亡する事故は少なくありません。浴室での意識障害や転倒を防ぐためには、さまざまなことを考慮したバリアフリーリフォームが必要になるのです。たとえば、ヒートショックを防ぐために浴室の断熱性を高めるのもその一つでしょう。その他にも、転倒を防ぐために床や浴槽内を滑りにくくする・壁に手すりを設置するなどの方法があります。

3-5.その他プチリフォーム

「大がかりなリフォームは必要ない」「できるだけ費用を抑えたい」という人に人気なのが、浴室のプチリフォームです。たとえば、以下のような例があります。

  • 蛇口やシャワーだけ取り替える
  • 浴室乾燥機を設置する
  • 壁や床だけを取り替える
  • 浴室と浴槽のフッ素コーティング

4.風呂の給湯器について

次に、給湯器についてご紹介します。種類や選び方・機能などをぜひ参考にしてください。

4-1.給湯器にはどんな種類があるのか?

風呂のお湯を沸かす給湯器には、さまざまな種類のものがあります。まずは、燃料がガスなのか電気なのかで分けるのが一般的でしょう。オール電化住宅の場合は、電気を燃料とした給湯器を使用することがほとんどです。その他にも「貯湯式」と「瞬間式」というように、お湯を沸かすシステムの違いで分類します。貯湯式とは、ガス代や電気代が安い深夜にお湯を沸かしてためておくシステムです。このシステムだと、電気やガス・水道の料金が常に一定というメリットがあります。一方の瞬間式は、お湯を使うときに沸かすしくみです。いつでも好きなだけお湯を沸かすことができるという点がメリットと言えるでしょう。

4-2.省エネタイプの給湯器とは?

省エネタイプの給湯器には「エコジョーズ」や「エコキュート」があります。エコジョーズは、今まで排気ガスとして無駄にしていた熱を利用して効率よくお湯を作るしくみです。通常のガス給湯器よりもガスの使用量が少なく済むため、ガス代を節約することができます。一方のエコキュートは、安い深夜電力を利用してお湯を作るものです。作ったお湯を貯水タンクにためておくため、タンクを設置するためのスペースが必要になります。

4-3.給湯器を選ぶ際のポイントとは?

給湯器を選ぶ際にはいくつか押さえておくべきポイントがあります。自分の家庭に合ったものを選ぶために「号数」というものを知っておきましょう。ガス給湯器にはサイズによって号数が付けられており、その目安は二人暮らしで20号・5人以上で28号というように、家族構成によって異なります。たとえば、子供が自立して夫婦だけで暮らすことになった場合、子供家族と同居することになった場合など、家族構成が変化するタイミングで考える必要があるでしょう。また、メーカーによる違いについても把握しておいてください。日本の2大給湯器メーカーと言えば、リンナイとノーリツです。消費電力を抑えることに重視したリンナイと、熱交換の高さで知られるノーリツ、どちらを選ぶべきか、慎重に検討してみましょう。

4-4.ほしい!こんな機能

給湯器を機能別に分けると「給湯専用器」「風呂給湯器」「給湯暖房熱源器」があります。その中でも、追い炊き機能が付いた風呂給湯器や、暖房機能が付いた給湯暖房熱源器は特に人気です。追い炊き機能とは、冷たくなった風呂のお湯を温かくする機能のことを言います。前日のお湯を使って風呂に入ることができるため、水道代が節約できるのがメリットです。また、家族が入浴する時間にバラつきがあっても、いつでも温かい風呂に入ることができますよね。暖房機能が付いた給湯器だと、浴室乾燥や床暖房・ミスト機能など多機能なものがそろっているため、より快適なバスタイムを過ごすことができるでしょう。

4-5.価格相場はどのくらい?

給湯器の価格は、メーカーやタイプによって大きく異なります。おおよその相場としては、ガス給湯器の本体価格と取り付け工事費用を合わせて10万円前後、エコジョーズなどになると合計40~100万円ほどです。取り付け工事を依頼する業者によっても費用に差があるため、事前にしっかりと見積もりを出してもらい、比較して決めることをおすすめします。

4-6.注意点

給湯器にも寿命はあります。もちろん使用頻度にもよりますが、一般的には10年~15年で不具合が出てくるでしょう。以下のような症状が現れるようになったら、寿命が近づいている証拠です。早めに交換を検討しましょう。

  • お湯の温度が不安定になる。
  • 異音がする。
  • 黒い煙が出る。

5.風呂リフォームの費用は?

風呂リフォームにはどのくらいの費用が必要なのでしょうか。種類別の費用や安く抑えるコツをご紹介します。

5-1.リフォーム費用内訳

風呂のリフォームにはさまざまな作業が必要になるため、費用の内訳についても知っておく必要があります。工事内容によって異なりますが、一般的には以下のような内訳になるでしょう。

  • 現在の風呂を解体するための費用
  • 現在の風呂を廃棄するための費用
  • 新しいユニットバスの搬入や組み立てにかかる費用
  • 電気工事にかかる費用

5-2.ユニットバスの料金と工事費用

ユニットバスの入れ替えリフォームにかかる費用の相場は、50~100万円と言われています。新しいユニットバスの購入費が30~60万円で、取り付け費用に20~40万円は必要になるでしょう。在来工法からユニットバスへのリフォームにかかる費用は、80~300万円が相場です。周辺の補修工事にも費用がかかるため、入れ替えリフォームに比べて高くなるということを覚えておきましょう。

5-3.その他オプション工事を依頼した場合

一部ユニット交換だけや、洗面所のリフォーム込みなど、その他のオプション工事を依頼した場合は、当然料金が追加されます。最も多いのが「追い炊き機能を追加したい」という例です。追い炊き機能を追加する場合は、給湯器の交換が必要になります。そのため、費用は15万円以上かかると考えておきましょう。エコキュートやエコジョーズなどに変更する場合は、70万円以上の費用がかかります。

5-4.費用を安く抑えるコツを紹介!

風呂のリフォーム費用を安く抑えるコツがあります。まず、複数の業者から見積もりをとりましょう。そして、どのような項目から見積もりの差が生じているのかを確認します。商品そのものの価格に違いはなくても、工事費用が業者によって大きく異なる場合が多いのです。その結果、どの業者が最も納得にいく費用でリフォームしてくれるのか考えてみてください。見積書の内容が不明確な場合は、業者に質問して内容をしっかりと把握することが大切です。

6.風呂リフォームの工事日数や流れ

風呂リフォームの工事について、日数や工事の流れなどをご紹介します。

6-1.工事にかかる日数はどのくらい?

リフォーム工事中は風呂に入ることができなくなるため、工事にどのくらいの日数がかかるのか気になるところでしょう。一般的に、ユニットバス入れ替え工事の場合は3~4日間が平均です。浴槽を交換するだけであれば1日で終わることもあるでしょう。在来工法からユニットバスへのリフォームの場合は、平均4~7日間は工事日数がかかります。

6-2.リフォーム工事の流れとは?

風呂リフォーム工事の流れを簡単に説明しましょう。まず、見積もりを依頼して業者が決まったら、現場調査が行われます。実際に自宅の風呂場がどのような状態であるかを確認し、リフォーム後のイメージを固めていくことになるでしょう。現地調査後に本格的な費用の見積もりを出し、業者との契約となります。契約後に工事が開始され、完成したら引き渡し、という流れです。

6-3.どこに依頼するのか?

リフォームの依頼先は多種多様です。工務店やハウスメーカー・リフォーム専門会社・設備メーカーなどがあるため、自分が希望するリフォームをしてくれるところを慎重に選びましょう。給湯器の購入と設置を検討しているなら、「環境ネットショップ」がおすすめです。人気メーカーの給湯器を激安価格で販売しているため、ぜひチェックしてみてください。

7.風呂リフォームの業者選びについて

風呂リフォームを依頼する業者選びについてご紹介します。選び方のポイントや無料相談についても、ぜひ参考にしてみてください。

7-1.業者選びのポイント!ここをチェック!

風呂リフォームを依頼する業者は、以下のようなポイントをチェックして選ぶようにしましょう。

  • 現地調査をしっかり行ってくれる
  • 料金体系が分かりやすい
  • 対応が迅速で丁寧である
  • 実績が多い

7-2.見積もり・無料相談について

リフォーム工事の見積書は作業内容ごとに費用が分けられています。一般人には分かりにくいため、業者に説明してもらいましょう。また、無料相談を利用することもおすすめします。リフォームについて分からないことや不安に思うことがあれば、事前に相談しておくと安心です。

7-3.口コミもチェックしよう!

リフォーム業者を選ぶ際には、実際にその業者を利用したことがある人たちの口コミを参考にすることもおすすめです。リフォーム業者の中には悪質な営業をしているところも存在しているため、信頼できる業者であるか見極める材料にしてください。インターネットで検索すればすぐにチェックすることができます。

8.風呂リフォームにかんするよくある質問

風呂のリフォームを検討している人が感じるであろう疑問とその回答をまとめてみました。

Q.浴室を今より大きくすることはできますか?

A.可能です。脱衣所側に浴室を取り込むか、増築して外部に出す方法があります。メーカーによってはユニットバス本体が外壁になるものもあるため、チェックしてみてください。

Q.高齢の親と同居することになりました。どのような浴室にリフォームすればよいですか?

A.介護の可能性も考え、広さを確保することをおすすめします。また、浴室の出入り口や洗い場・浴槽には手すりを取り付けるとよいでしょう。洗い場の床は滑り止め効果のあるものを選ぶようにしてください。

Q.マンションでもユニットバスへのリフォームは可能ですか?

A.可能です。ただし、現在の浴室に合わせた商品を選ぶ必要があるため、現地調査が必要不可欠になります。

Q.浴室が古くなってきたのですが、自分でリフォームすることはできますか?

A.DIYでのリフォームはおすすめできません。簡単にできるものではありませんし、配管や電気工事については専門の資格が必要な場合もあるのです。材料自体は安く手に入っても「必要な道具をそろえたら結局業者に依頼する方が安く済んだ」というケースも少なくありません。

Q.オプションを付けたいのですが、どのように選べばよいですか?

A.ミストサウナや浴室乾燥機・ジェットバス機能などさまざまなオプションがありますが、まずはショールームに行って直接確認することをおすすめします。本当にほしいものであるかどうか、しっかりチェックしてきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。風呂のリフォームにかんする情報をまとめて解説しました。「快適なバスタイムを手に入れるために、理想の浴室を手に入れたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。どうすれば満足のいくリフォームができるのか、きっと分かるはずですよ。