追い焚きや自動保温機能・リフォームでお風呂をしっかり保温!

お風呂は1日の疲れを取り、ゆったりした睡眠に入るために大切な時間となります。風呂にまつわる悩みで多いのは、お湯の温度や保温方法についてです。「すぐに冷めてしまう」「温度をキープするコツはないか?」など、風呂を快適な空間にするためには、気になることも多いでしょう。
追い焚き機能がある場合、加温調整は簡単にできるものです。しかし、すべての家庭に追い焚き機能が備わっているわけではなく、ふたの活用や入浴時間の工夫をしても、ぬるくなって困る方もいるでしょう。入浴剤で温めることもできますが、温度が持続する効果は期待できません。毎日使う場所ゆえ、少しでも気持ちのいい空間にするため、風呂の温度を維持する秘訣(ひけつ)を覚えておきましょう。

  1. 風呂の保温について
  2. 風呂の保温ですぐにできること
  3. 給湯器の自動保温機能とは? 
  4. 自動保温機能のおすすめポイント
  5. 給湯器業者の選び方
  6. 風呂の保温や給湯器についてよくある質問
  7. まとめ

風呂全体のリフォームは難しくても、給湯器を変えるという方法もあります。自分なりにできる工夫や保温のポイントなども覚えておき、毎日の入浴に役立ててください。とても便利で快適だと好評である、給湯器の自動保温機能についてもご紹介します。 風呂の保温にかんする悩みをお持ちの方は、ぜひご一読ください。

1.風呂の保温について

ぬるくなった風呂は、体の熱をどんどん奪っていきます。温まるどころか、湯冷めしてしまう可能性のあるため、保温はとても重要です。

1-1.風呂の温度は1時間でどのくらい下がる? 

風呂の温度変化は、外気温の影響も大きく受けます。外気温が低い場合、温度低下も速まるものです。1時間に下がる温度は、外気温が高いと下がる温度も少なく、低いと下がる温度が大きくなります。

1-2.風呂保温の必要性

風呂の温度が一定に保(たも)たれなければ、追い焚きや湯足しなどを行って補うことになり、光熱費が余計にかかります。節約志向の方には、大きな無駄となるでしょう。快適な風呂環境が維持できず、次に入る人がぬるい湯で風呂に入らなければなりません。風呂を保温できれば、光熱費の節約や湯がぬるいといった悩みも、一気に解消されます。

1-3.追い焚き機能について

追い焚き機能は、必要なときだけお湯を温め直す機能です。常に温度を一定にするものではないため、手動でボタンを操作する必要があります。手間もさほどかからず、すぐに快適な温度まで上昇するので、入浴時は温かい風呂に入ることができるでしょう。必要なときだけ操作するため、無駄が発生しません。電気代は追い焚きがないものに比べ、多少割り増しとなります。しかし、24時間いつでも家族全員が気持ちのいい風呂を楽しめるのであれば、追い焚き機能は非常に使い勝手のいい機能といえるでしょう。

2.風呂の保温ですぐにできること

時間や費用をかけずに、すぐに風呂の保温でできることはないかと思う方に、ふたやグッズを使った保温のコツをご紹介します。それぞれのメリットやデメリットも覚えておきましょう。

2-1.ふた

最も簡単にできる方法は、入浴時以外は浴槽にふたをすることです。ふたをするため、湯とふたの間に空間が生まれます。蒸気が逃げてしまい、風呂の温度は下がるはずです。しかし、何もしないよりふたは保温効果があり、費用も安く済むのがメリットでしょう。ふたにもいくつかの種類があり、厚みがあるものほど保温効果は高いとされています。

2-2.内ふたの使用

内ふたは、湯の上に載せるタイプのもので、風呂の湯を密閉することができます。そのため、保温効果はふただけ使用している場合より高く、アルミシートや銀マットなど温度が持続する材質でできているのも特徴です。100円ショップなどでも購入でき、サイズの大きなシートは自分でカットして使うことができます。

2-3.時間を置かずに入る

時間を置かず、湯温が下がる前に入ることも1つの方法です。しかし、1人入れば自然とお湯の温度は体温で奪われ、必然的に一定温度に保(たも)つことはできません。また、家族全員が同じ時間に帰宅でき、間を空(あ)けずに入ることは難しいでしょう。なるべく間隔が開かないように入るのは時間のロスが少ないメリットはあっても、時間の制約がつきまとうのがデメリットです。

2-4.保温グッズを使う

風呂の保温グッズで代表的なのは、バンスというバスヒーターです。湯船に入れて使うヒーターのような保温器で、軽量でコンパクトなサイズとなっています。湯を循環してヒーター内に取り込み、湯船の湯を加温する機能です。省エネ設計になっており、光熱費が高くなることを過度に心配する必要はありません。ほかにも、湯沸かし太郎クリーナーつき湯美人も人気で、電子レンジで加熱して使うNEW遠赤バスパもあります。

3.給湯器の自動保温機能とは? 

追い焚き機能と同じように捉(とら)えられているのが、給湯器の自動保温機能です。しかし、2つには違う点があります。

3-1.自動保温機能とはどのようなものか? 

24時間一定温度に保(たも)つのが、自動保温機能です。湯温をセンサーが感知し、自動で温度調整を行います。温度設定はあらかじめ自分でしておき、設定温度を下回った場合は自動で加温を始めるようになるのです。保温したい時間を自分で限定することもでき、光熱費の無駄も生まれません。自動保温機能がある給湯器には、追い焚き・保温・クリーンの3機能が搭載されているものもあります。

3-2.自動保温機能の目的

時間を決めて家族全員が風呂に入ることを、毎日続けるのは難しいものです。誰か1人でも帰宅が遅れれば、ぬるい風呂に入るはめになります。自動保温機能を使えば、いつでも適温で入浴を楽しむことができ、家族の予定がそろわなくても気になりません。

3-3.自動保温機能のメカニズム

自動保温機能には2種類の方式が採用されています。

3-3-1.循環釜直結方式

浴槽に上下2つの穴があり、下の穴から吸引し、上の穴から温めた湯を排出する方式です。循環釜直結方式にも2種類あり、自動で吸引と排出を行う自然循環方式と、ポンプを使った強制循環方式があります。

3-3-2.給湯方式

熱い湯を足し、浴槽内の温度を高めるのが、給湯方式です。追い焚き機能も装備したタイプもあります。

3-4.自動保温機能の普及率は? 

近年の給湯器には、自動保温機能と追い焚きの両方が装備されており、買い替えなどをきっかけに導入する事例も増えています。家族の人数が多いほど、自動保温機能や追い焚きは重宝されるため、ファミリー層には人気です。リクシル・TOTO・パナソニックなどのメーカーがあります。

4.自動保温機能のおすすめポイント

自動保温機能は、家族全員が適温で入浴を楽しみたいという方におすすめです。追い焚きとの違いや光熱費の差などもご紹介します。

4-1.自動保温機能の利便性

自動保温機能は、手動での操作が必要なく、湯沸かしから保温まで一貫して行う機能です。温め忘れがなく、24時間いつでも適温を維持します。ゆったりした時間を過ごしたいとき、風呂はリフレッシュ効果があって最適です。自動保温機能で風呂の環境を整え、体を休めて疲れを癒(い)やすことができるでしょう。

4-2.自動保温機能はどんなときに使うべきか? 

家族の生活時間は、それぞれ違うものです。就寝が早い子どももいれば、帰宅が遅い父親もいます。時間をつめて入ることができない場合でも、自動保温機能をオンにしておくだけで、誰もが同じ温度で風呂に入ることができるのです。

4-3.どんな家庭に自動保温機能は向いているのか? 

帰宅時間にバラつきがある家庭では、自動保温機能がとても便利です。1日に複数回の入浴を楽しみたい方にも、自動保温機能で一定温度に設定しておくと、毎回追い焚きをする必要がありません。

4-4.自動保温機能と追い焚きの違い

給湯器は、ガスを使用して湯を温めています。自動保温機能と追い焚きには、ガス使用量に差があるのが違いです。自動保温機能は、わずかな温度変化もセンサーで感知し、温め直しを行います。そのため、少しのガス使用量で済むでしょう。
追い焚きの場合、保温機能をきった状態にあるため、温度が低下してから加温するため、ガス使用量も多めになります。とはいえ、自動保温機能が作動している時間が長くなった場合、1回の追い焚きよりガス使用量が多くなる傾向もあり、光熱費にも注意しなければなりません。1時間以上保温したい場合は、追い焚きの方がお得です。

5.給湯器業者の選び方

風呂のリフォームをする場合や、給湯器が寿命を迎えた場合に、給湯器を新しくする必要があります。工事内容に納得できるように、業者選びや費用などについては事前に知っておきましょう。

5-1.給湯器業者選ぶときのポイント

給湯器の取り扱い実績が豊富で、幅広いメーカーを用意している業者を選びましょう。また、工事や最新機能について熟知しており、質問や問い合わせにもスムーズな受け答えができるかも、業者を選ぶ際のポイントにしてください。1日でもお湯がでないと不便です。そのため、即日工事可能など、速やかな工事を行えるかも着目すべきでしょう。工事後は、何かとトラブルが起こりやすいため、保証期間を設けていると安心です。

5-2.給湯器の工事について

ガス管などの取りつけを伴うため、経験と知識が豊富な業者に依頼すべきです。工事不良で故障やトラブルが発生することも視野に入れ、信頼できる業者の見極めが重要となります。無料見積もりで工事内容をきちんと提案してもらい、必要に応じて現地調査もしっかり行ってもらいましょう。

5-3.給湯器工事の料金プラン

給湯器の販売と工事を行う給湯器SHOP エコの店では、料金プランをわかりやすく提示しています。

  • ガス風呂給湯器 3万6,000円
  • ガス給湯器 3万円
  • 高温水供給式タイプ 3万3,000円
  • エコジョーズ 3万9,000円

上記は、弊社での標準工事費用となります。現地調査を行い、排気筒の交換など別途工事が発生する場合は、見積もり内容に記載しますのでご確認ください。

5-4.給湯器設置後のトラブル対応

給湯器の不具合は、突然起こるものです。標準工事にトラブル対応にかんする事項が含まれていない場合、別途費用負担を余儀なくされます。そのため、トラブル発生時にも迅速に対応してくれることを確認しておきましょう。無償対応の範囲なども、契約前にチェックしてください。

5-5.給湯器のアフターフォローについて

工事後は、うまく作動しない・不具合が生じるなど、気になることも多いものです。給湯器の修理や性能も重要ではあるものの、アフターフォローがいかに充実しているかが鍵となります。弊社では、設置後10年の保証を設けており、安心して使っていただくことができるでしょう。保証期間内は無償でのトラブル対応が可能で、いざというときに大変役立ちます。

6.風呂の保温や給湯器についてよくある質問

気持ちのいい風呂にするため、風呂の保温や給湯器にかんする疑問や不安は事前に解消しておきましょう。

6-1.自動保温機能がついている場合は、入浴剤の使用を避けるべきか? 

自動保温機能は、穴から湯を循環して温めるため、入浴剤がフィルターに付着してしまいます。取り扱い説明書に従って、こまめにフィルターを掃除し、循環口のメンテナンスも怠らないでください。

6-2.給湯器のクリーン機能とは? 

配管の洗浄を自動で行うことを、クリーン機能と呼びます。自動保温機能・追い焚きなどがついている機種には、クリーン機能が搭載されていることが多いものです。配管の詰まりや汚れを自動的に洗浄し、きれいな環境で使用することができます。

6-3.今の給湯器に追い焚きだけをつけることはできないか? 

追い焚きには、配管や循環口の設置が必要です。新たに工事をしなければならず、今あるものに追い焚きだけをつけることはできません。

6-4.給湯器の工事をしたら、古いものは引き取ってもらえる? 

弊社での工事は、古い給湯器の撤去費用も含まれています。実績ある職人が手がけておりますので、安心してご依頼ください。

6-5.給湯器は定期点検が必要? 

設置後、所有者登録を行います。登録先へメーカーより定期点検のお知らせが届くでしょう。特定保守製品として、法律に従って行われます。不具合やトラブルなどがないか、30項目をチェックしていくものです。

7.まとめ

いかがでしたか? 風呂を一定温度に保(たも)つためには、自動保温機能が必要です。ガスを使用して加温する仕組みで、センサーが温度低下を感知して自動的に温度調整する機能となっています。自動保温機能を搭載した給湯器があれば、家族全員がいつでも同じ温度で風呂に入ることができ、風呂の快適性が上がるでしょう。しかし、ガス使用量を考慮する場合、1時間以上自動保温機能を使うより、追い焚きをした方がお得です。高機能な給湯器なら、どちらの機能も備えています。家族の入浴時間を踏まえ、使いわけるといいでしょう。風呂のリフォームは難しくても、給湯器の交換や設置工事なら小規模で済みます。風呂は1日の疲れを取り、癒(い)やしを求める場所です。気持ちのいい空間にするため、給湯器の交換を考えてみてください。