お湯が出ない!? ガス給湯器の点火不良! エラーの原因・対策をご紹介

お風呂に入ったりお茶を飲んだり赤ちゃんのミルクを作ったりと、お湯は私たちの生活にはかかせないものです。ガス給湯器がエラーになって、お湯が使えなくなると困ってしまいますよね。たとえば、ガス給湯器の点火不良で、お湯が急に水になったり、湯度が安定しないなどのエラーもあるでしょう。

そこで今回は、ガス給湯器の点火不良についての原因と対策などをご紹介します。

  1. ガス給湯器とは?
  2. ガス給湯器の点火不良について
  3. ガス給湯器の点火不良の対応策
  4. ガス給湯器の修理について
  5. 頼れる給湯器のプロとは?
  6. よくある質問

点火不良が起こったときのガス給湯器のエラーコードや、安全な工事業者の選び方などもご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでみてください。ガス給湯器の点火不良を解決する近道になるはずです。

1.ガス給湯器とは?

1-1.ガス給湯器の定義について

そもそも、ガス給湯器とは何を示すのでしょうか? ガス給湯器とは、その名のとおりお湯を供給する器械(機械)のことです。具体的には、ガスを使って水を温め、お湯にしてから供給するもののことをいいます。

1-2.ガス給湯器の特徴について

ガス給湯器の特徴は以下のとおりです。

  • ○給湯能力が高い(台所・風呂など、複数の箇所でお湯を使用できる)
  • ○給湯機器がコンパクトである(狭い家・マンションにも取り付けが可能)
  • ○必要な分のお湯が即座に使える(瞬間式の場合)
  • ×お湯を沸かす際に音がする
  • ×給排気設備が必要

1-3.ガス給湯器の種類について

ガス給湯器は、大きく分けて二つの種類があります。

瞬間式:パイプを加熱することでパイプ内を通る水を随時温めてお湯を供給する方式です。水量とガス量を調節することで、一定の温度のお湯が出るようになっています。

貯湯式:なべにためた水を温めるような方式です。ためておいたお湯の温度が、設定した温度より下がると再度加熱されます。現在では、電気による加熱が主流となってきており、電気代が安い夜のうちにまとめてお湯を温めておくというものもあるのです。

1-4.ガス給湯器の耐用年数について

ガス給湯器の寿命は約10年です。電気給湯器に比べてやや短めとなっています。使用状況によって年数は前後するため、大人数の家族で使用回数や使用量が多い場合は、早めに寿命が来てしまうことがあるでしょう。

2.ガス給湯器の点火不良について

2-1.点火不良とは?

ガス給湯器の点火不良とは、ガスが点火しない・使用中に消火してしまう・点火と消火を繰り返すなどといった症状があります。

2-2.点火不良の前兆は?

点火不良が起こる前の兆候として、以下のようなものがあります。最近こういった症状がなかったか、思い出してみましょう。

  • 湯温が安定しない
  • 設定した温度まで温まらない
  • 異音・異臭がする
  • (お湯はりはできるが)追い焚きができない

2-3.点火不良の症状・確認方法

点火不良の症状が出ると、リモコンにエラーコードが表示されます。たとえば、リンナイやノーリツでは、点火不良は「111・112・113」途中失火は「121・122・123」です。取扱説明書やホームページのエラーコード表とも照らしてみてください。あきらかに点火不良だという場合でも、念のためエラーコードを確認しておきましょう。

2-4.点火不良の原因

ガス給湯器の点火不良の原因のほとんどは、電気系統の制御基板の異常です。また、ガス給湯器よりも石油給湯器のほうが点火不良になりやすいでしょう。石油に不純物が混ざったり、バーナーに異物が詰まったりするためです。

3.ガス給湯器の点火不良の対応策

3-1.点火不良が起きたときの対応策

ガス給湯器の点火不良が起こったときは、状況の確認と自分でできる対策、そして問い合わせを行う必要があります。順番に冷静に対応しましょう。

3-2.自分でできること

  • リモコンのエラーコードからエラー内容を調べる
  • ガスの元栓が全開になっていることを確認する
  • 吸気口・排気口が、ゴミやものでふさがっていないかを確認する
  • すべての給湯を一度とめてから、リモコンを再起動する

4.ガス給湯器の修理について

4-1.点火不良による給湯器の修理・交換について

ガス給湯器の不調が疑われる場合は、修理もしくは交換をしなければなりません。給湯器の寿命が近い場合や、点火不良以外にもトラブルが起きていた場合は、交換を検討しましょう。

4-2.修理の方法・料金など

ガス給湯器の点火不良を修理する際は、電気系統の制御基板を直すことがほとんどです。一度工事業者に点検に来てもらい、見積もりを出してもらう必要があります。出張費・部品料・技術料を合わせて、10,000円~50,000円程度となるでしょう。

4-3.交換方法・料金など

寿命が近い給湯器や、点火不良以外にも異常がある給湯器は、交換の時期かもしれません。給湯器の交換は、給湯器本体の料金と工事費用が必要となります。本体購入と工事依頼をセットにすることで、格安で交換できる場合もあるのです。

4-4.交換すべき症状

下記のような症状が出たら、給湯器の交換のサインです。古い給湯器をだましだまし使っていると、不完全燃焼などの危険がありますので、すぐに業者に相談しましょう。

  • 異音・異臭がする
  • 煙が出る
  • まったくお湯にならない

4-5.何年目ぐらいから故障が多い?

使用頻度にもよりますが、8年目くらいから異常が出やすいでしょう。10年以上使用している給湯器は、寿命を超えていますので、明日壊れてもおかしくありません。

4-6.定期点検について

ガス給湯器の寿命を延ばす方法として、定期点検があります。給湯器が完全に壊れてしまう前に、各部品や基盤を修理・交換することによって、給湯器が正常運転できる状態を、常にキープするのです。そうすれば、寿命は少し長くなるでしょう。

5.頼れる給湯器のプロとは?

5-1.給湯器の業者について

給湯器の購入や工事は、専門業者の利用がおすすめです。各種メーカーの給湯器を取り扱っているうえに、工事のノウハウも豊富ですので、家の構造などによって取り付けられる給湯器などの判断をしてもらうことができます。工事とセットで依頼すれば料金が安くなるので、ワンランク上の機能の給湯器を購入できるかもしれません。

5-2.業者選びのポイント

最後に、業者選びのポイントをご紹介します。

  • 実績・ノウハウがある
  • 時間帯・地域に対応している
  • 豊富な種類の給湯器を取り扱っている
  • 工事補償・アフターサービスが充実している
  • 料金体系が明確である

6.よくある質問

Q.ガス給湯器の交換をなるべく安く行いたい。
A.給湯器と工事をセットで依頼するのがおすすめです。また複数の業者から見積もりを取り、比較することで、より安い業者を選ぶことができるでしょう。

Q.古い給湯器の捨て方が分かりません。
A.新しい給湯器を設置した際に、古いものを回収してもらうのがベストです。ただ捨てたいだけ、という場合には自治体による粗大ゴミ処分や、回収業者を依頼しましょう。

Q.悪徳業者にひっかからないポイントは?
A.5-3の業者選びのポイントを実施したうえで、身元の分からない業者や、金額に関することを書面で提示しない業者は使わないようにしましょう。

Q.給湯器を設置するまでの流れは?
A.業者に取り付け工事を依頼する流れは以下のとおりです。

  1. 問い合わせ
  2. 無料見積もり
  3. 訪問日の決定
  4. 本見積もり→工事するかどうかを決める
  5. 工事
  6. 精算

業者や、給湯器のタイプ・取り付け状況によって詳細は異なります。詳しくは工事を依頼する業者に確認しましょう。

Q.ガス給湯器の異音とは?
A.ガス給湯器の異音のうち、点火不良にかかわる異音として、「ボン」という小さな爆発音のような音や、「ピー」という笛のような音があります。このような音がしたら、ガス給湯器の故障の可能性が高いでしょう。特に、爆発音は、不完全燃焼の可能性がありますので、再点火を繰り返すことはやめて、ただちに修理・交換を依頼してください。

まとめ

寿命がせまったガス給湯器は、点火不良をはじめとしたさまざまな不具合やエラーが出てきます。完全に壊れてからあわてて交換するよりも、今のうちにゆっくり給湯器の種類や工事業者を選んでみてはいかがでしょうか。壊れてしまった後でも、業者を選ぶときはあわてずに、サービス内容やアフターサービスなどをしっかり確認しましょう。

京都環境ネット