自宅のお風呂がエステに変身?! お風呂でキレイになる方法。

お風呂でエステ

1日の終わりにゆっくりとお風呂につかると、心の底からリラックスできますよね。
バスタイムを楽しみにしている人も多いことでしょう。
お風呂には様々な健康効果がありますが、特に注目したいのがダイエット効果にエステ効果。
その方法をまとめてみました。

お風呂でダイエット

一番簡単にできる方法が、半身浴と全身浴です。半身浴はじっくりと入浴したい時に、全身浴は時間がない時に、と使い分けるとよいでしょう。

半身浴のやり方

39度前後のお湯に、かかり湯をした後に一度肩までつかります。
3分ほどしたらお腹のあたりまでお湯を減らし、そのまま20分。
その後10分休憩し、さらに20分お湯につかりましょう。

全身浴のやり方

41度~42度のお湯をバスタブに張り、ぬるま湯で入念にかかり湯をしてから入ります。
いきなり肩までつからずに3秒ほど立ったまま呼吸を整えた後、みぞおちのあたりまでつかり、そのまま1分間我慢しましょう。
さらに肩まで3分間つかります。
湯船を出て5分休憩。
これを3回くりかえします。

さらに、入浴中にエクササイズをするとダイエット効果がアップします。

http://allabout.co.jp/gm/gc/378660/
こちらは、お風呂の中で行う骨盤ダイエットのエクササイズを紹介しています。
足のむくみがすっきり取れるそうです。

http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20110713/111528/
こちらは、おなかが凹むリンパエステを紹介しています。

どちらのHPも写真付きで解説を行っていますので、わかりやすいですよ。
また、お風呂は美肌を作る効果もあります。
上記の半身浴や全身浴は湯船につかる、休憩を繰り返します。そうすると、体が温まり、毛穴が開いて老廃物が落ちやすくなります。
休憩時間を利用して体を丁寧に洗えば、肌がつるつるのピカピカになりますよ。

また、グレープフルーツやレモン、ブラックペッパーやジンジャーのアロマオイルはダイエット効果があります。それらの精油が練りこまれたアロマキャンドルを湯船に浮かべて灯してみたり、精油を2〜3滴手に取って体をマッサージしてもダイエット効果が高まります。 

お風呂でエステ

上記しましたが、お風呂の中では毛穴が開いて汚れが落ちやすくなっています。
普通に石鹸で体を洗っても良いのですが、より肌を美しくするにはここで一工夫してみましょう。

100円ショップのバスグッズできれいになろう。

ナイロンやポリエステルのボディタオルは、石鹸の泡立ちはよいのですが硬い繊維によって肌が傷つきやすいのです。
そこで、100円ショップにある天然素材のボディタオルを使ってみましょう。
絹・綿・麻などいろいろな種類があるので、自分の肌に合ったものを探してみましょう。全部買っても数100円です。

石鹸に粗塩をプラス

これはバスグッズではありませんが、100円ショップに売っている粗塩を石鹸と混ぜて体を洗うことで、驚くほど滑らかなお肌になるんです。
コツは優しくこすること。ごしごしこすればかえって肌を傷めてしまいます。
ただし、肌の弱い方は塩かぶれを引き起こすことがありますので、気になる人は事前に手の甲などに粗塩入り石鹸をちょっとつけてみて、肌の反応を見てから試してみてください。

お風呂から上がったら即保湿

お風呂から上がった後、体からは水分が急激に蒸発していきます。
ですから、そのままでいると肌が乾燥してしまいますよ。
お風呂から上がった後は、顔と同じように体も保湿してあげましょう。
今はいろいろな保湿クリームが売っていますから、自分に合ったものを使ってみてください。また、水分補給も大切ですが、せっかくですからこの時にビタミンCが含まれている飲料を摂るとより美肌効果が期待できます。

いかがでしたでしょうか?
毎日のバスタイムです。有効利用してきれいになってみませんか?

この記事が参考になったらシェアしてくださいね☆