マンションの給湯器が故障したときの対処法は? 修理・交換の注意点

マンションの給湯器が故障したり不具合を起こしたりすると、お湯が使えなくなるので生活に支障が出てしまうでしょう。賃貸物件で給湯器が故障したら、誰に依頼をすれば良いのか分かりません。また、修理・交換費用は誰が負担するのか不安になります。本記事では、マンションの給湯器が故障したときの対処法を解説しましょう。

  1. マンションの給湯器が故障した場合の対処法は?
  2. マンションの給湯器が故障した場合にチェックすべきこと
  3. マンションの給湯器が故障した場合の注意点
  4. マンションの給湯器の故障に関してよくある質問

この記事を読むことで、マンションの給湯器が故障したときの正しい対処法が分かります。悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

1.マンションの給湯器が故障した場合の対処法は?

マンションの給湯器が故障した場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。ここでは、給湯器が故障する原因についても解説します。

1-1.故障かチェックしよう

「お湯が出ない」「設定温度よりもぬるい」など、給湯器のトラブルはさまざまです。トラブルが起きると、給湯器が故障したと思われがちですが、故障でない場合もあります。給湯器に不具合が生じたときは、まず以下の項目をチェックしてください。

  • 水道の止水栓・元栓が閉まっていないか
  • 給湯器本体の給水元栓が閉まっていないか
  • 給湯器の水抜き栓のフィルターにゴミが詰まっていないか
  • ガスの供給が遮断されていないか
  • 給湯器のリモコンがオンになっているか
  • 漏電遮断機(ブレーカー)が落ちていないか
  • 給湯器の電源プラグがはずれていないか

また、リモコンにエラー表示が出ていないかも必ずチェックしてください。給湯器に不具合が生じたときは、リモコンの画面にエラー番号が表示される可能性があります。エラー番号それぞれに意味があるので、取扱説明書またはメーカーのホームページで確認してください。

1-2.故障の原因は?

給湯器が使えなくなったのは、「安全装置」が作動した可能性があります。基本的に、給湯器には、適切な温度で安全に使用するため安全装置がついているのです。しかし、給湯器内に異常事態が起きると、安全装置が作動します。長時間使用による酸欠・経年劣化による熱交換器の詰まりが主な原因です。安全装置が作動した原因は、素人が判断できるものではないため、必ず業者やメーカーに確認してもらいましょう。
ほかにも、寿命・凍結・雨の影響・過度な負担など、さまざまな原因があります。

1-3.どこへ連絡するか?

マンションの給湯器が故障した場合は、大家さんか、賃貸物件を管理している管理会社に連絡するのが基本です。使用している給湯器は、建物に付随する設備となるため、建物の所有者に連絡しなければなりません。誰が管理しているか分からない場合は、賃貸物件を契約した不動産に管理者の連絡先を聞いてください。

1-4.やってはいけないこと

「すぐに使いたいから、とりあえず修理を依頼して大家さんに後日連絡する」という方がいますが、これは絶対にNGです。入居者自身が勝手に修理業者へ連絡すると、後で大家・管理会社とトラブルになってしまいます。あくまで賃貸物件のマンションは、大家や管理会社の所有物なので、退去時には原状回復が基本です。連絡せず勝手に給湯器を交換すると、退去時に「もとに戻してほしい」と言われる可能性があります。経年劣化による故障だったとしても、修理代金を支払ってくれないケースがほとんどなので注意してくださいね。

2.マンションの給湯器が故障した場合にチェックすべきこと

マンションの給湯器が故障した場合は、大家または管理会社へ連絡する前に、ぜひチェックしてほしいことがあります。

2-1.どんな症状が起きているのか?

まずは、給湯器にどんな不具合が起きているのか状況を把握してください。これは、修理をする際にとても重要な情報となります。たとえば、お湯が出ない・水漏れが起きている・黒煙が出ている・操作パネルにエラーコードが出ているなどです。実際に起きている症状と箇所をチェックし、メモしておきましょう。以下に、よくある不具合の症例をピックアップしてみました。

  • リモコンで調節しても設定温度にならない
  • 出し始めはお湯が出るが、少し経過すると水になる
  • 蛇口からお湯が出るが、シャワーからは水しか出ない
  • 自動湯はりで設定温度・水量にならない
  • シャワーや蛇口からお湯の勢いが弱くなった、または強くなった

2-2.給湯器の種類・メーカー・型番・製造年月日

症状とその箇所をチェックした後は、給湯器の種類・メーカー・型番・製造年月日を確認してください。マンションに使われている給湯器は、ガス給湯器がほとんどです。ガス給湯器でも、バランス式風呂釜・給湯専用ガス給湯器・追い焚き機能付きガス給湯器などがあります。細かく伝える必要はありませんが、この3種類のどれに当てはまるのかは確認しておいたほうが良いでしょう。そして、ガス給湯器本体には、メーカー・型番・製造年月日の記載があります。型番から、必要な部品や不具合事例・原因などが分かりやすくなるため、これらの情報を正確に把握してください。

2-3.再点火は危険?

給湯器のトラブルが起きたときに、再点火を試みる方がいますが、絶対にしないでください。火がつかないからと何度も点火してしまうと、一酸化炭素中毒になるおそれがあります。急にお湯が出なくなると焦りがちですが、点火ボタンを何度も押す行為は避けてください。また、機器の上にタオルをかけて、排気口や給気口をふさぐのもNGです。給湯器が壊れた場合は、症状を確認するだけにしましょう。

2-4.給湯器の配管が凍結している場合は?

寒い地域では、配管の凍結によってお湯が出なくなることがあります。凍結している場合は、凍っている部分を溶かさなければなりません。そこで熱湯を注ぐ方がいますが、給湯器の故障原因になるので絶対に自分で解決しようとしないでください。気温の上昇によって自然解凍できるまで待つか、大家または管理会社に連絡するのがベストな方法です。自分で対処すると、逆に壊れてしまい、弁償しなければならなくなるので注意してくださいね。

3.マンションの給湯器が故障した場合の注意点

では、マンションの給湯器が故障した場合の注意点について、改めてチェックしておきたいと思います。

3-1.給湯器故障のサインは?

あらかじめ、給湯器の故障サインをチェックしておけば、スムーズな対応ができるでしょう。そこで、以下に、給湯器の故障でよくあるサインをまとめてみました。今、給湯器に起きている症状と見比べてみてください。

  • 給湯器から異音がする
  • お湯の温度が一定しない
  • 給湯から煙が出る
  • 風呂のお湯がぬるい
  • 追い焚きができない

以上の項目に当てはまる方は、たとえ元通りになったとしても、一度大家または管理会社に連絡したほうが良いでしょう。急に使えなくなると、修理までに時間がかかる可能性があるため、早めの対処が必要です。どんなときにどういう症状が起きたのか、メモしておくと忘れずに伝えることができます。

3-2.ガスのニオイがしたら要注意!

ガスのニオイがしたときは、すぐに給湯器の使用をやめましょう。不完全燃焼の可能性が高いため、そのまま使用し続けると一酸化中毒を起こしてしまいます。すぐに電源を落とし、換気しましょう。また、ガス給湯器から黒い煙が出てくるのも、非常に危険な状態です。黒い煙が出ているのは、給湯器が空気をきちんと取りこめていなかったり、熱交換器にススが溜(た)まりすぎている可能性があります。

3-3.賃貸物件の管理規約を確認しよう

賃貸物件の契約をする際に確認した管理規約には、給湯器交換について詳しく記載されているでしょう。「新しい給湯器に交換するなら号数をアップしたい」「新機能が付いた給湯器にしたい」など、要望があると思いますが、管理規約により不可となるケースがあります。マンションは、すべての世帯へのガス供給能力をきちんと考えて設計しているのです。そのため、1世帯でも号数を上げると、全体バランスが崩れてしまいます。管理規約をもっているなら確認し、大家または管理会社と話し合ってください。

3-4.分譲マンションの場合は?

分譲マンションの場合は、購入費用に設備代が含まれています。設備1つ1つが分譲された捉えられるため、給湯器が壊れた場合は入居者が自己負担し交換を行うことになるのです。分譲マンションの場合は、大家または管理会社に連絡する必要はありません。自分で工事会社へ連絡し、給湯器を修理・交換することになります。費用負担が発生しますが、設備をよりよくできるメリットがあるでしょう。

3-5.修理、交換どちらにすべきか?

設置してから1~2年以内の給湯器なら、保証期間内であることが多いので無償で修理が受けられる可能性があります。また、製造から10年以内なら部品保有されており、修理対応が可能です。ただし、メーカーによっては、部品保有期間が6年になっているところもあります。保有期間が過ぎている場合は必要な部品がそろわず、修理費用が高くなる可能性があるでしょう。その場合は、新しい給湯器に交換したほうがお得になることもあります。給湯器の使用年数・故障内容・費用などを踏まえた上で、業者と話し合いながら決めてくださいね。

4.マンションの給湯器の故障に関してよくある質問

マンションの給湯器の故障に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.給湯器の耐用年数は?
A.種類によりますが、約8~10年が給湯器と本体内部の部品の平均耐用年数と言われています。耐用年数を超えた給湯器は、一時的に修理をしても再び故障する可能性が高いので、8年以上経過したものは交換したほうが良いでしょう。使用年数が分からないときは、大家・管理会社に尋ねてしっかり確認してください。

Q.誰が修理代金を支払うのか?
A.賃貸物件の場合は、大家・管理会社の所有物となるため、給湯器の修理代金は大家・管理会社の負担となります。ただし、通常使用で壊れた場合だけです。入居者が故意に壊した場合は、入居者自身で修理代金を支払わなければなりません。念のため、修理費用は誰の負担になるのか確認しましょう。

Q.応急処置法が知りたい
A.不具合が起きたときは、給湯器のコンセントを一度抜いてみてください。1分程度抜いたら、コンセントを差し込み、不具合が解消されたか確認します。コンセントを抜くことで、給湯器の中に組み込まれている回路がリセットされるのです。コンセントを1度抜いても改善されない場合は、業者に連絡しましょう。

Q.マンション給湯器の修理費用はいくらぐらいか?
A.分譲マンションの場合は、自分で修理費用を負担しなければなりません。そこで、気になるのが修理代金ですが、故障や状態によって大きく異なります。目安となる故障内容と修理費用を以下にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

  • 燃焼異常:17,000~33,000円
  • 電気トラブル:6,000~46,000円
  • 安全装置不具合:7,500~58,000円
  • 水流弁などの異常:10,000~35,000円
  • リモコントラブル:15,000~38,000円

Q.マンション給湯器交換時の業者選びのポイントは?
A.自分で業者へ連絡する場合は、業者選びのポイントを押さえておく必要があります。特に注意しておきたいのは、以下のポイントです。

  • 給湯器修理・交換の実績があるか
  • 丁寧かつスピーディーな対応か
  • 見積書が細かく記載されているか
  • 工事補償・アフターフォローが充実しているか
  • 最新の給湯器がそろっているか

給湯器SHOP エコの店」では、いつでも相談を受けつけています。給湯器のトラブルで悩んでいる方は、1度ご相談ください。

まとめ

いかがでしたか? 賃貸マンションの給湯器が故障した場合は、自分で勝手に新しい給湯器へ交換してはいけません。給湯器の不具合が起きたら、管理人または管理会社へ連絡してください。また、新しい給湯器に交換する際は、もとから設置されていたモデルと同じものにしなければならないという決まりがあります。マンションによって条件が決まっているため、自分勝手な判断で行うのは絶対にNGです。それらの注意点を踏まえて、給湯器のトラブルを解消しましょう。