追い焚き配管は定期的な掃除が大切! 掃除方法や頻度を解説!

「追い焚きをすると、お湯に汚れが浮いてくる」「毎日追い焚きをしているので、配管内の汚れが気になっている」という人はいませんか? 追い焚き配管は定期的な掃除が必要ですが、つい忘れてしまう人も多いことでしょう。しかし、長年掃除をしていない配管は雑菌が繁殖しており、そこを通ったお湯を使えば、病気になる可能性もあります。
そこで今回は、追い焚き配管を掃除する方法を紹介しましょう。

  1. 追い焚き配管とは何か?
  2. 追い焚き配管につく汚れとは?
  3. 追い焚き配管の掃除方法
  4. 掃除を業者に依頼する方法
  5. 追い焚き配管の掃除に関するよくある質問

この記事を読めば、掃除する目安などもよく分かります。追い焚き配管の掃除方法を知りたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.追い焚き配管とは何か?

追い焚き配管とは浴槽内のお湯を給湯器内まで運び、温まったお湯を再び浴槽内に戻すための配管です。追い焚き機能がついている浴槽には、必ず追い焚き配管が設置されています。追い焚きをオンにすると、浴槽内のお湯が追い焚き配管へと送られ、給湯器内で温められて再び浴槽内に送られるのです。追い焚き配管には、強制循環タイプ(浴槽に1つ穴)と自然循環タイプ(浴槽に2つ穴)タイプがあります。現在は、強制循環タイプ(1つ穴)が主流です。

2.追い焚き配管につく汚れとは?

追い焚き配管は、皮脂や入浴剤などが混じったお湯が通ります。また、使い続けているうちに水あかもたまってくるでしょう。それらをエサにレジオネラ菌や大腸菌などの最近や、微生物が繁殖します。すると、そこを通るお湯が雑菌で汚染されてしまうでしょう。目に見える汚れがなくても、追い焚き配管は使い続けていれば必ず汚れます。そのため定期的に掃除することが大切です。

3.追い焚き配管の掃除方法

この項では、追い焚き配管の掃除方法を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.追い焚き配管の掃除は専用のクリーナーが便利

追い焚き配管の掃除は、専用のクリーナーを使うと便利です。1つ穴用と2つ穴用があるので、浴槽の穴の数を確認してから購入してください。

3-2.掃除方法:強制循環タイプ

強制循環タイプ(1つ穴)穴は以下のような方法で掃除しましょう。

  1. 水を配管穴の5cm程度上まで張る(入浴剤が入っていないなら、残り湯でも可)
  2. 専用のクリーナーを入れ、追い焚きを2~3分行う。長い間掃除をしていなかった場合は、7~8分行う
  3. そのまま10分ほど放置してから水を抜く
  4. 再度きれいな水を張り、再び5分追い焚きをして水を抜く

3-3.掃除方法:自然循環タイプ

自然循環タイプ(2つ穴)は以下のような方法で掃除しましょう。

  1. 上の穴にお湯止めがある場合は外す
  2. 2つ穴の5cm上まで40℃ほどのお湯を張る(水だと十分に効果を発揮できない)
  3. 専用の容器を下の穴にあてて、薬剤を穴の中に送り込む
  4. 汚れがたまったお湯を捨てる
  5. シャワーやホースなどで、下穴から勢いよく水を入れてたまった汚れを出す
  6. 汚れを洗い流す

3-4.掃除の頻度

追い焚き配管は、3か月に1度くらいの頻度で掃除しましょう。ただし、毎日追い焚きをしている場合や入浴剤入りのお湯を追い焚きしている場合は、汚れが早くたまりがちなので1か月に1度程度掃除するのがおすすめです。追い焚きをするとお湯の中に汚れが浮いてくる場合は、かなり汚れがたまっている証拠なのですぐに掃除をしましょう。

4.掃除を業者に依頼する方法

忙しくてなかなか追い焚き配管まで掃除をしている余裕がない場合や、自分で掃除をしてもすぐにお湯に汚れが浮いてくる場合は、掃除業者に配管掃除を依頼しましょう。ハウスクリーニング業者ならば、浴室掃除にオプションで追い焚き配管掃除をつけられるところもあります。サイトなどに追い焚き配管掃除に関することが書いていない場合は、電話で配管掃除をオプションで行えるか聞いてみてください。掃除業者は専用の掃除用具で徹底的に掃除してくれるので、長年掃除をしていない場合もおすすめです。また、追い焚き配管掃除だけを数千円で請け負っている業者もあるので、そのような業者に依頼してもいいでしょう。インターネットで業者を探すと便利です。なお、年末が近づくほど掃除業者は混みあうので、早めに申し込みましょう。

5.追い焚き配管の掃除に関するよくある質問

この項では、追い焚き配管の掃除に関するよくある質問を紹介します。

Q.自然循環タイプと強制循環タイプ、どちらが汚れがたまりやすいでしょうか?
A.自然循環タイプの方が汚れがたまりやすい一方、強制循環タイプの方が配管が長く、雑菌が繁殖しやすくなっています。

Q.追い焚き機能を全く使っていない場合、汚れはたまりませんか?
A.追い焚き機能を使わない場合、水あかはたまりにくいのですが、経年によってたまる配管内の汚れもあるので掃除は必要です。

Q.追い焚き配管専用クリーナーはどのメーカーの浴槽にも使えますか?
A.はい。ただし、強制循環タイプ(1つ穴)用のクリーナーで自然循環タイプ(2つ穴)は、併用することができません。必ず自宅浴槽の穴の数を確認し、タイプに合ったものを購入してください。

Q.何年も配管の掃除をしていませんが、自分で掃除できるでしょうか?
A.まずは一度専用クリーナーで掃除をしてください。その後、お湯に汚れが混じるようならプロに依頼しましょう。

まとめ

いかがでしたか? 今回は追い焚き配管の掃除方法を解説しました。強制循環タイプならば、専用の薬剤を入れて追い焚きをするだけで掃除が完了します。ぜひ、2~3か月に1度は掃除しましょう。そうすれば、いつでもきれいなお湯で入浴ができるでしょう。