給湯器を屋内設置するには? 設置場所のポイント&吸排気の安全性などまとめ

お湯を沸かすために必要不可欠な給湯器ですが、その設置場所には少し悩んでしまいます。屋外なら据え置きや壁掛けなどが選べますが、屋内はどこに設置すべきなのでしょうか。また、給湯器を屋内設置する場合、空気の循環や燃焼について不安に思う方もいらっしゃるはずです。

そこで今回は、給湯器の設置タイプや、設置工事を依頼する際のポイントなどをご紹介します。

  1. 給湯器の屋内設置で大切なこと
  2. 給湯器の屋内設置タイプまとめ
  3. 給湯器の屋内設置ポイント
  4. 給湯器の設置業者の選び方
  5. 給湯器の設置についてよくある質問

給湯器の設置場所について知りたい・屋内に給湯器を入れたいという方は、ぜひ最後までこの記事を読んでみてください。

1.給湯器の屋内設置で大切なこと

まずは、給湯器を設置する場所について、基本的な内容を見ていきましょう。

1-1.給湯器の設置場所で大切なこと①吸排気

給湯器は吸気口や排気口から空気を出し入れすることによって、ガスを燃焼させます。どちらか一方が不十分だと、給湯器の仕様どおりの燃焼が行えないことがあるのです。

1-2.給湯器の設置場所で大切なこと②安全性

ガスを燃焼する以上、排気ガスが屋内にたまってしまうといった危険性があります。これらを防ぐために、給湯器の設置基準が決められているのです。

1-3.給湯器の設置場所で大切なこと③スペース

給排気や安全面がクリアできても、給湯器を人の頭があたる高さや、通行などに邪魔な箇所に設置してしまうと、大変不便です。特に、屋内設置の場合は家事の動線なども考慮するとよいでしょう。

2.給湯器の屋内設置タイプまとめ

次に、給湯器の屋内設置のタイプなどについてご説明します。

2-1.壁掛け型強制排気式(FE)

燃焼のための空気を屋内から取り込み、屋外に向けて排気する仕組みです。屋外へ向かうパイプの向き・角度によって、上方給排気と後方排気に分かれます。

2-2.壁掛け型強制給排気(FF)

仕組みは強制排気式と同様ですが、排気だけでなく吸気も強制的に行います。外から吸気して外へ排気するイメージです。屋内の空気を利用しない分、安全性が比較的高くなります。

2-3.自然排気式(CF)

屋内の空気を利用して燃焼するタイプのものです。そのため室内の換気が重要になります。コンロや小型湯沸かし器など、小規模なものに利用されることが多いでしょう。形は壁掛け式です。

2-4.自然給排気式(BF)

密閉式の自然給排気の燃焼器のことで、自然排気式としくみは同じですが、排気は給排気管を使って屋外に排出されます。

3.給湯器の屋内設置のポイント

次に、給湯器を屋内に設置する際のポイントをご紹介します。

3-1.屋外でも屋内でも工事業者による安全確認が重要

給湯器は、屋外か屋内のいずれかに設置する必要があります。給湯器を屋外に設置する場合は、給湯器が邪魔にならずに済みますが、外気温や雨風の影響を受けやすくなってしまうでしょう。一方、屋内に設置すれば雨風の影響は受けませんが、スペースを取ったり室内でガスを燃焼させるという不安があったりします。どちらも一長一短ですが、きちんとした工事業者に依頼すれば、安全に設置してもらうことができるでしょう。

3-2.集合住宅・寒冷地は屋内設置が向いている

一戸建ての場合は、比較的自由に選ぶことができますが、マンションや集合住宅など、屋外に給湯器が設置できない環境では、必然的に屋内に給湯器を設置することになるでしょう。また、寒冷地など外気温の影響を受けやすい土地でも、屋内に給湯器を置いたほうがいいケースが多くなります。

3-3.給湯器を選ぶ前に設置場所を確認しよう

給湯器の種類を選ぶ前に、設置場所を確認する必要があります。従来どおりの場所に置きたいのか、屋外・屋内に移動したいのかを検討しましょう。集合住宅では、廊下に面した屋外部に設置されることが多いですが、住宅環境によっては屋内に設置することもできます。先に業者にチェックしてもらい、どの設置タイプを選べるのか確認しておくとベストでしょう。

4.給湯器の設置業者の選び方

次に、給湯器設置業者の選び方についてご説明します。

4-1.工事業者の選び方のポイント

給湯器の設置業者を選ぶ際のポイントをご説明します。

  • なるべく近いところ(故障時の対応に便利)
  • 工事を依頼することで給湯器本体の割引を受けられるところ
  • 十分な工事補償がついているところ

4-2.給湯器の設置費用は?

給湯器本体は5万~12万円程度で購入できます。工事費用と併せて10万円前後になるのが一般的でしょう。本体と工事がセットのパック料金を使うほうがお得です。設置前の点検(設置できる場所・サイズ・種類の確認)や見積もりは無料で行えます。

5.給湯器の設置についてよくある質問

給湯器の設置について、よくある質問にお答えします。

Q.給湯器の設置費用を安く抑えたいのですが
A.複数の工事業者に本体+工事費の見積もりを取り、費用を比較するのがおすすめです。料金だけでなく、サービス内容や保証年数も併せて確認しましょう。

Q.給湯器の寿命は何年ですか?
A.一般的には10年程度で交換時期とされています。

Q.古い給湯器の処分はどうしたらいいですか?
A.工事業者に設置を依頼すれば、古いものの撤去も併せて行ってもらえます。もし給湯器を処分だけしたい場合は、自治体の粗大ゴミ回収に出す必要があり、費用は1,000円程度です。自治体のHPなどから粗大ゴミ申請を行ったあと、粗大ゴミ処理券を購入し、回収日に回収場所まで持ち込んでください。

Q.給湯器の故障はどこに相談したらよいですか?
A.お近くの給湯器工事会社に依頼しましょう。修理だけで済む場合や、交換工事が必要な場合があります。特に、今までにない異臭がする場合は不完全燃焼などの危険性があるためすぐに点検してもらったほうがよいでしょう。

Q.アフターサービスにはどのようなものがあるの?
A.まずは、給湯器メーカーによる保証が2~3年程度ついています。また、給湯器SHOPエコの店では、独自に10年無償工事補償がついているため、急な故障・不具合が起きた場合も安心です。

まとめ

給湯器の屋内設置などについてご説明しました。給湯器を選ぶ際は、まずどの場所に設置できるのかを確認することが大切です。屋内設置の給湯器は、置く場所によって給排気がうまくいかないことがあります。事故を防ぐためにもきちんとした業者に工事を依頼し、設置基準を守った上で取りつけてもらうようにしましょう。