給湯器の不具合が起きる原因は? 対処法と修理のポイントを知ろう!

給湯器の不具合が起きると、故障したのではとパニックになりがちです。しかし、中には、リモコンのスイッチが入っていなかった・ガス栓が閉まっていなかったなど、自分で対処できることがあります。また、寿命が近づいている症状などをあらかじめ把握しておけば、業者への連絡などもスムーズに行えるでしょう。

本記事では、給湯器の不具合が起きる原因と対処法・注意点を解説します。

  1. 給湯器の不具合はどんな症状か?
  2. 給湯器の不具合が起きる原因は?
  3. 給湯器の不具合があったらまずすべきこと
  4. 給湯器の不具合の修理・交換方法は?
  5. 給湯器の不具合に関してよくある質問

この記事を読むことで、給湯器の不具合が起きたときの症状や対処法・修理と交換のポイントが分かります。気になっている方は要チェックです。

1.給湯器の不具合はどんな症状か?

まずは、給湯器に不具合が起きるとどんな症状が見られるのか、具体的な症状を紹介していきましょう。

1-1.よく起きる水漏(も)れ

給湯器の不具合でよく起きる症状が水漏れです。たとえ、給湯器が正常に使える状態だとしても、水漏れを放置してはいけません。火が近い場所で水漏れが起きた場合、不完全燃焼を起こし一酸化炭素を発生する可能性があります。また、電気系統に漏れた水が入り、ショートを起こす可能性もあるので早めの対処が必要です。

1-2.ガスのにおいには要注意!

「ガスのにおいがする」と感じる場合も、給湯器に不具合が起きている可能性があります。ガスのにおいを感じたときには、不完全燃焼を起こしている恐れがあるのですぐに換気してください。すべてのガス栓を閉めた上で、業者に連絡します。このとき、勝手にスイッチを押したり本体を扱ったりしてはいけません。

1-3.ガス給湯器のサビ

ガス給湯器の排気口まわりは、排気に含まれる水分によってサビやすくなっています。特に、排気温度が低いエコジョーズは、排気が上昇しにくく停滞しやすい傾向があるのです。排気口に近い金属製のドア・フェンスなどもサビで劣化する可能性があるため、注意しておいたほうがいいでしょう。ガス給湯器のサビが目立ち始める前に、対処する必要があります。

1-4.異音がする

給湯器からモーター音・騒音等の異音も、不具合が起きている証拠です。以前よりも音が大きくなったり、ホラ貝のような音・ピーという笛のような音がするのも注意しておきたい症状といえるでしょう。長年使用している給湯器は、モーターを稼働させようと音が大きくなります。寿命の症状ともいえるため、以前と違う音がしたら要注意です。

1-5.温度が安定しない

給湯器の水やお湯の温度が、設定温度よりも低い・温度が安定しないトラブルがある場合も、不具合が起きている可能性があります。1か所の水栓だけ温度が安定しない場合は、水栓金具の不具合の可能性が高いでしょう。金具を新しいものに交換する必要があります。すべての水栓で温度が安定しない場合は、給湯器本体の不具合といえるでしょう。

2.給湯器の不具合が起きる原因は?

なぜ給湯器の不具合が起きるのでしょうか。正しく修理するためには、何が原因で不具合が起きているのか知る必要があります。

2-1.寿命が近くなると起こる症状

不具合の中には、寿命が近づいているサインがあります。寿命が近くなると起こる症状は以下のとおりです。

  • 給湯温度が一定でしない
  • エラーコードが頻繁に出る
  • 給湯器がうるさくなったり、異音が大きくなる
  • お湯張りすると設定温度よりぬるくなる
  • 湯量が明らかに少なくなった
  • 給湯器の排気から煙が出ている

上記の症状が目立ち始めた頃は、給湯器を新しいものに交換するサインです。購入してから2~3年でも、上記の症状が起こることがあります。その際は、設置の施工不良が原因の可能性があるでしょう。

2-2.給湯器に過度な負担がかかっている

給湯器に不具合が起きる原因は、過度な負担がかかっていることです。過度な負担とは、家庭用の給湯器を業務用として使用したり、号数の能力以上に給湯器を使用し続けたりなど、正しい方法で使用していないケースを指します。給湯器は使用人数に適した号数(給湯能力)を選ぶ必要があり、号数以上の湯量を使えば、給湯器の寿命が早まるのです。家族やお湯を使う機会が増えた際は、今使用している給湯器よりも号数が大きめの種類へ交換したほうがいいでしょう。

2-3.激しい雨風による影響

大雨や台風など、激しい雨風による影響で給湯器が破損することがあります。もともと、給湯器は一定量の雨風を想定した上で設計されていますが、一定量以上の雨風の際、給湯器内に雨水が入り込んでしまうのです。その結果、点火しづらくなり、内部のホコリやゴミが湿気を含みトラブルが発生します。しかし、雨が降った後に、一時的に点火しないケースがあるので、必ずしも故障とは限りません。一度スイッチを切り、再び点火できるか試してみましょう。

2-4.凍結による配管の破損

雪が降る寒い日や、寒冷地域などで起こりやすいのが、凍結による配管の破損です。配管に溜(た)まった水が凍結し、配管を破損させてしまうことがあります。給湯器の配管は、1度破損してしまうともとには戻らないので修理または交換せざるを得なくなるでしょう。また、寒冷地域での給湯器は、凍結しにくい配管など工夫が必要となります。

3.給湯器の不具合があったらまずすべきこと

給湯器の不具合が起きたとき、まず自分自身で確認してほしいことがあります。チェックポイントをしっかりと押さえておきましょう。

3-1.まずはリモコンのエラー表示を確認しよう

給湯器本体の操作は、台所や風呂場に設置されているリモコンで行います。不具合が起きると、リモコンにエラー表示の番号が出てくるので、その番号を確認してください。取扱説明書に、番号が示しているエラーの内容が記載されています。取扱説明書がない場合は、給湯器メーカーのホームページをチェックするといいでしょう。エラー番号で不具合の原因が分かり、正しい対処ができるはずです。

3-2.チェックするポイント

給湯器の不具合が出てきたときは、以下の項目をチェックしてみてください。

  • コンセントをリセットしても改善できないか
  • 給水フィルターが汚れていないか
  • 給湯器配管が凍結していないか
  • ガスメーターが止まっていないか
  • ガス栓が閉まっていないか
  • リモコンの電源スイッチがオンになっていないか
  • 電源プラグが抜けていないか
  • LPガスのボンベが空になっていないか

まずは、今どのような症状が起きているのか確認することが大切です。原因が分からない場合は、自分で何とかしようとせずに業者へ相談してください。

3-3.むやみに修理したり扱ったりするのはNG

急に給湯器が使えなくなると、パニックになりがちですが、むやみに扱うのはNGです。特に、ガス給湯器からガスのにおいが出ている場合、変に扱うと不完全燃焼を起こし一酸化炭素が発生します。火災や爆発の危険性もあるため、自分で修理しようとしてはいけません。原因が分からず、一向に症状が改善しない場合は、すぐに給湯器修理業者へ連絡しましょう。

4.給湯器の不具合の修理・交換方法は?

不具合の原因が分かったら、できるだけ早めに修理または交換する必要があります。ここでは、給湯器の修理・交換方法について解説しましょう。

4-1.生産終了後から10年間は修理できる

ほとんどの給湯器メーカーは、生産終了から10年間は部品を保有しています。10年以上経過した給湯器は、部品がそろわず修理できない可能性があるのです。また、給湯器の本体に大きな影響を与える基盤が壊れている場合も、修理できない恐れがあります。修理できるか否かは、素人では判断できないので専門業者に相談してください。

4-2.8~10年使い続けている給湯器は交換しよう

給湯器の平均寿命は、約8~10年といわれています。平均寿命以上の年数を使用している給湯器に不具合が出たときは、交換したほうがいいでしょう。なぜなら、修理できたとしても、再び不具合が起きる可能性が高いからです。また、家族が増えたり、今使用している給湯器が使いづらかったりするケースも、新しい給湯器への交換をおすすめします。さらに、故障内容によっては、給湯器本体を交換するよりも修理にかかる費用のほうが高くなることもあるでしょう。その際は、思いきって新しい給湯器への交換がベストです。

4-3.給湯器修理の実績がある業者へ依頼する

給湯器の修理や交換を行っている業者へ相談するのも方法の1つです。たとえば、給湯器を激安販売&設置工事を行っている給湯器SHOP エコの店では、日本全国どこでも修理の依頼を承っています。工事費込みの商品も発売しているので、ぜひ1度無料見積もり・無料相談をご利用ください。

4-4.給湯器の修理・交換費用はいくらか?

給湯器の不具合や症状で費用は異なりますが、修理費用は約5,000~数万円が目安です。安全装置系の不具合は、出張費・技術料・部品代などで5万円以上かかる可能性もあります。本体の交換を行う場合は、給湯器本体価格が5万円〜+工事費が3~4万円程度かかるでしょう。取付工事費のほか、出張費など諸手数料がかかるため、詳細は見積書をしっかりと確認してください。

4-5.業者選びのポイント

安心して給湯器の修理・交換を行うためには、信頼できる業者を見つけなければなりません。以下に、業者選びのポイントをピックアップしたのでぜひ参考にしてください。

  • 給湯器修理・交換の実績があるか
  • 最新の給湯器がそろっているか
  • 即日工事が可能か
  • 低費用かつ高品質なサービスが受けられるか
  • 無料見積もり・無料相談を受けつけているか
  • 工事保証などサービスが充実しているか
  • 給湯器工事のスペシャリストが工事を行っているか

5.給湯器の不具合に関してよくある質問

給湯器の不具合に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.お湯が白くにごるのは給湯器の不具合か?
A.ガス給湯器から出てくるお湯が、白くにごるのは、空気の気泡が含まれているからです。給湯器本体の異常や不具合が起きているのではなく、人体に害もないので安心してください。気になる場合は、ガス給湯器の修理に対応している業者へ相談するといいでしょう。

Q.業者へ見積もりを依頼する際の注意点は?
A.給湯器自体の定価・工事費がいくらか、出張費の有無を必ず確認してください。本体の割引額が90%と安すぎる業者は、後で高額な追加料金を請求する可能性があるので要注意です。複数の業者へ無料見積もりを依頼し、だいたいの費用をチェックしてください。

Q.自分で修理はできるのか?
A.いいえ。給湯器の内部は細かく、さまざまな部品で構成されています。パッキン・給湯器内部の銅管の劣化を自分で修理するのは、正直困難な作業です。誤って違う箇所をさわってしまい、水漏れを引き起こしさらに費用がかかる可能性があります。ガス管を誤って破損させた場合は大事故につながるため、必ず業者に連絡してください。

Q.修理が高額になる不具合は?
A.給湯器内の電子機器に不具合が起きた際は、ほかの症状よりも修理額が高額になる可能性があります。電子機器に長年のホコリなどが蓄積し、湿気や入り込んできた雨水などで基盤がショートするのです。この場合は、新しい基盤に交換しなければならなくなり、高額になるでしょう。

Q.マンションなど賃貸物件で不具合が起きた際の注意点は?
A.賃貸物件に設置されている給湯器は、大家や管理会社の所有物となります。そのため、自分で勝手に修理したり交換したりしてはいけません。規約違反になる可能性があるので、不具合が起きたときはすぐに大家または管理会社へ連絡してください。

まとめ

いかがでしたか? 給湯器の不具合は、自分で対処できる症状から対処できないケースまでさまざまです。ガス給湯器の場合、ガスのにおいが漂ってくる状態は非常に危険なのですぐに専門業者へ調査を依頼しましょう。まずは原因を突き止めることで、不具合の解消策が見つかります。また、業者へ依頼する際は、即日可能な業者へ依頼するといいでしょう。しっかりと専門業者に調査してもらうことで、正しい処置ができます。修理または交換が必要になった際は、見積書を確認してからお願いしてくださいね。