浴室暖房は後付けできる? 風呂のリフォーム工事の費用やポイントまとめ

浴室が寒くて心臓がヒヤッとする・高齢者のヒートショックが心配……という方のなかには、浴室暖房の設置を検討されている方が多いでしょう。しかし、現状の浴室に暖房を後付け工事ができるのか、工事費用はどのくらいかかるのかなど、気になることが多いかと思います。

そこで今回は、浴室暖房の後付け工事などについて詳しくご説明しましょう。

  1. 浴室暖房のメリット
  2. 浴室暖房の後付け工事前に知っておくべきこと
  3. 浴室暖房の後付け設置工事を業者に依頼する
  4. 浴室暖房の後付け工事についてよくある質問

浴室暖房を設置したい方や工事業者の選び方などに迷っている方の参考になる情報も満載です。ぜひ最後まで読んでみてください。

1.浴室暖房のメリット

まずは、浴室暖房も特徴やメリットなどを見ていきましょう。

1-1.浴室暖房で冬も安全に入浴できる

暖房によって浴室を温めておくことで、脱衣時の寒さや入浴後の急激な温度変化を防ぐことができます。入浴前後の急激な温度変化はヒートショックの原因にもなり、特に高齢者や高血圧の方にとっては危険な場合があるのです。あらかじめ浴室を温めておけばヒートショックの危険を防ぐことができるでしょう。

1-2.乾燥機付きなら浴室での洗濯干しも

浴室暖房には、乾燥機が付いているものもあります。梅雨や花粉の時期など、外で洗濯ものを干せない場合にも便利です。

1-3.浴室暖房の種類と設置タイプとは?

浴室暖房器は、壁掛けタイプと天井付けタイプのものがあります。

1-3-1.リフォームや後付けに適した壁掛けタイプ

既存の換気口を利用して設置するので、後付け工事が比較的容易になります。ただし、浴室の広さや窓・照明の位置などで、後付けできない場合もあるので、事前に必ず業者に点検してもらってください。

1-3-2.スッキリした見た目の天井付けタイプ

天井付けタイプは、浴室全体がスッキリとして見えます。ただし、新築の場合や浴室全体をリフォームする場合に設置するのが一般的で、後付け工事の場合は大がかりな工事となることが多いでしょう。また、換気扇の場所や電気配線によっては工事が不可能な場合もあります。

2.浴室暖房の後付け工事前に知っておくべきこと

次に、浴室暖房を後付け工事する際のポイントなどをご説明します。

2-1.スペースの確認

浴室の広さや照明・窓・換気口・窓の位置などを業者にチェックしてもらう必要があります。設置の可否にもかかわることです。また、広さは暖房器のパワーを選ぶ際にも参考になりますので、あらかじめ確認しておきましょう。

2-2.100Vか200Vかパワーを選ぶ

浴室暖房のパワーは大きく分けて200Vと100Vのものがあり、浴室が1616サイズか1717サイズより広いなら200Vを選ぶことが推奨されます。戸建てのお風呂なら200Vがおすすめです。マンションやアパートなどの0.75坪(1014サイズ・1216サイズなど)なら、100Vで十分でしょう。

2-3.後付け工事の料金は10万円以内

壁掛け式の浴室暖房器の本体は5万円前後で購入することができます(天井埋め込み型は約15万円)。工事費は2~4万円程度で、合わせても10万円以下でできることが多いでしょう。ただし、浴室の状態や配管・配線工事などの都合で金額は変わります。天井に取り付ける際の配線工事は、別途2万円ほどかかるのが相場です。

2-4.浴室暖房の主なメーカー

浴室暖房機を取り扱っている主なメーカーは以下のとおりです。

  • リンナイ
  • ノーリツ
  • TOTO
  • パナソニック

3.浴室暖房の後付け設置工事を業者に依頼する

次に、業者に浴室暖房を後付け工事してもらう際のポイントや注意点などをご説明します。

3-1.無料点検と見積もりができる業者を選ぼう

浴室暖房を設置してもらう業者を選ぶ際は、以下のポイントを押さえましょう。

  • 無料で点検・見積もりを依頼できる
  • 料金や工事内容の説明が丁寧で分かりやすい
  • 浴室周りの工事に特化している(ノウハウや実績が豊富)
  • 工事保証が付いている(アフターフォロー)
  • 自宅の近く(点検や修理時に近い方がなにかと便利)

3-2.工事までの主な流れ

業者に工事を依頼する際の大きな流れをご説明します。

  1. 点検・見積もりを依頼する
  2. 訪問・点検
  3. 見積書が届く
  4. 内容を精査し、正契約する
  5. 工事日の決定・内金の支払い(業者による)
  6. 訪問・工事
  7. 支払精算

正契約するまではお金はかからないので、なるべく複数の業者に見積もりをしてもらい、よりよい業者を選ぶとよいでしょう。

3-3.値段だけでなくアフターフォローなどもチェックする

浴室暖房の本体費用や工事費用がいくら安くても、工事保証やアフターフォローが付いていない業者には要注意です。数年間浴室暖房機を使用していると、故障して修理が必要な場合もあります。そんなときに備えて長期の工事保証がついている業者を選ぶと安心でしょう。

4.浴室暖房の後付け工事についてよくある質問

浴室暖房の後付け工事について、よくある質問にお答えします。

Q.浴室暖房の後付け工事にかかる日数は?
A.浴室の環境にもよりますが、最短3時間くらい、長くても1日内で完了することがほとんどでしょう。

Q.浴室暖房の電気代が気になります。
A.一般的には60分の使用で30円くらいです。1か月で900円程度、冬の間4か月の利用でも3,600円くらいなので、そこまで大きな出費にはならないでしょう。また、200Vの浴室暖房は100Vのものより電気代が二倍になると思われがちですが、暖房効率が高い分、使用時間が短くなるため単純に二倍ということにはなりません。

Q.入浴時のヒートショックを防ぐには?
A.ヒートショックを防ぐには、以下のようなポイントがあります。浴室暖房の利用と併せて実践してみてください。

  • 入浴前後に水を飲む
  • 食後1時間以上空ける
  • 入浴前にお酒を飲まない
  • 急に入浴せず(湯船に入らず)、手足などから徐々に温める
  • 浴槽から出るときはゆっくり
  • 家族が声掛けをする

Q.浴室のサイズは自分で測れますか?
A.横幅縦幅を測ることができれば可能です。それぞれの長さの上2桁を組み合わせた数字が浴室サイズになります(※短辺が前に来ます)。

  • 短辺100cm長辺140cm→1014サイズ
  • 短辺160cm長辺180cm→1618サイズ

Q.浴室暖房の電源は付けっぱなしにしておかないといけない?
A.浴室暖房は、エアコンの暖房というよりはドライヤーのようにすぐに温風が出てきます。15分前から付けておくように推奨されていますが、入浴直前でも十分温かくなるでしょう。ただし、寒冷地など地域や浴室の環境によっては暖房を付ける時間を調整することをおすすめします。

まとめ

浴室暖房の後付け工事などについてご説明しました。工事を行う際は、業者選びをしっかり行い、料金・工事内容・アフターフォローや工事補償についてしっかり確認しておきましょう。浴室暖房をつければ安全で快適な入浴ができるようになるので、寒冷地や高齢者のいるご家庭におすすめです。