優しい香りでリラックス! 手軽にできるアロマバスとは?

アロマバスアロマテラピーというと、アロマキャンドルをともしたり、アロマランプと精油を使ったりして良い香りを部屋中にくゆらせてリラックスする、という方法が良く知られています。
でも実はもっと手軽な方法が!
植物の成分をギュッと凝縮したエッセンシャルオイル(精油)をお風呂に数滴たらすと、手軽にアルマバスを楽しむことができるのです。
「最近疲れがたまっている。」「イライラしがち。」「気分が落ち込む。」・・・そんな時は良い香りのするアロマバスにゆっくりつかって心身ともにリラックスしてみませんか。

普通のお風呂がエッセンシャルオイルでアロマバスに変身

アロマバスの作り方はとても簡単。
お好みのエッセンシャルオイルを数滴たらせばよいだけです。
ただし、使用するオイルは必ず天然純度100%の「エッセンシャルオイル(精油)」と書かれたものを使ってください。
フレグランスオイルやアロマオイルなどは、アルコールや人工香料が入っている場合が多いので、正しい効果が得られません。
エッセンシャルオイルは10mlで2000円~4000円前後と安くはありませんが、一回に数滴使うだけですので、一瓶買えば長く楽しむことができます。
また、肌が弱い方は、たとえ数滴でもエッセンシャルオイルを混ぜたお湯に刺激を感じるかもしれません。
指先をちょっと入れてみて刺激を感じたら、エッセンシャルオイルを希釈するキャリアオイルを同じく数滴入れてみましょう。

気分や体の状態によってエッセンシャルオイルを選ぼう

それでは、心身の状態別にお勧めのオイルをいくつかご紹介します。

気分が落ち込み、元気が出ない時

  • オレンジ・スイート
  • エレミ
  • コリアンダー
  • シナモン・リーフ

イライラして不安な時

  • アンジェリカ
  • グレープフルーツ
  • ゼラニウム
  • マンダリン

落ち着いてゆっくり眠りたいとき

  • フランキンセンス
  • サンダルウッド
  • ラベンダー

お風呂から出てもうひと頑張り、集中力を高めたいとき

  • クローブ・バッド
  • パイン
  • ペパーミント
  • レモン

上記で紹介したオイルはほんの一例です。
専門店にはたくさんの種類のエッセンシャルオイルがあります。
自分が「良い香り」と思ったものならば、効能は特に気にしなくても構いません。
お気に入りの香りでアロマバスを楽しんでみてください。

注意事項

エッセンシャルオイルの中には、妊婦の方に使ってはならないものです。
また、お年寄りやお子様には刺激が強すぎるものなどがあります。
それらは必ずオイルの取扱説明書に記載されていますので、書かれてあることは必ず守ってください。
また、エッセンシャルオイルは湿気を嫌います。
取り扱いは乾いた手で行い、脱衣所などに置きっぱなしにしないようにしましょう。