暖房効率を上げる方法を知りたい! 電気代を節約するコツも詳しく!

「暖房器具を使っても部屋が寒いので、暖房効率を上げる方法を知りたい」「電気代を節約しながら効率よく部屋を暖める方法はないか」とお考えではありませんか? せっかく暖房器具を使用しても、なかなか暖まらないのでは困りますよね。実は、暖房器具の使い方を工夫することで、暖房効率を上げてより快適に過ごすことができるのです。しかし、どんな方法で暖房効率を上げられるのか、暖房器具を使用する際の注意点は何かなど、分からないことも多いでしょう。

そこで今回は、暖房効率について詳しく解説します。

  1. 暖房器具にはどんな種類がある?
  2. 暖房効率を上げるポイント
  3. 暖房器具の電気代を節約する方法
  4. 暖房器具を使用する際の注意点
  5. 暖房効率に関するよくある質問

この記事を読むことで、暖房効率を上げるポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.暖房器具にはどんな種類がある?

最初に、暖房器具の主な種類について見ていきましょう。

1-1.ストーブ

ストーブは、燃料の燃焼で発生した熱を利用した暖房器具です。使用する燃料によって、以下のような種類があります。

  • 石油ストーブ
  • ガスストーブ
  • 薪(まき)ストーブ
  • 電気ストーブ

なお、電気ストーブ以外は、不完全燃焼による一酸化炭素中毒を防ぐため、使用中はこまめに換気する必要があります。

1-2.こたつ

こたつは、長年日本の家庭で愛用されている暖房器具の一つです。冬はこたつ布団と合わせて暖房器具として、オフシーズンにはテーブルとして使用することができます。こたつの内部をヒーターなどの熱源により温めることで、足を入れるとがぽかぽかとして快適に過ごすことが可能です。最近では、イスに座って使用するダイニングタイプのこたつも人気が高まっています。

1-3.あんか

あんかは、昔から日本で使われている暖房器具の一つです。外観は湯たんぽに似ていて、直径20~30cm程度で持ち運びしやすいサイズのものが多くなります。現在一般的に見られるのは、電気を熱源に使用した電気あんかです。電気あんかは、布団の足元近くに入れたり、イスに座って足裏を乗せたりして体の一部を接触させて使います。

1-4.ヒーター

ヒーターとは、熱源を発熱させて暖房効果をもたらす暖房器具のことです。ヒーターには、使用する熱源によって以下のようなものがあります。

  • セラミックファンヒーター
  • 赤外線ヒーター
  • ハロゲンヒーター
  • オイルヒーター

1-5.ホットカーペット

ホットカーペットは、専用のカーペットを電気によって温める暖房器具です。ホットカーペットを使用すると、足元が冷えず快適に過ごすことができます。色やデザインが豊富で、インテリアにも合わせやすいのも特徴です。ストーブやヒーター・エアコンなどと併用することで、より快適に過ごすことができます。

1-6.床暖房

床暖房とは、床下に暖房システムを組み入れた暖房器具で、冬でも足元が暖かく過ごせるのが特徴です。カーペットを敷かなくても十分なので、ダニの繁殖を心配する必要もありません。なお、床暖房は初期費用が高く、工事も大がかりになるので、導入はよく考えて行うことをおすすめします。

1-7.エアコン

エアコンも暖房器具の一つです。リモコンを操作して温風を出し、室内の空気を暖めます。一般家庭用のエアコンは、多くが冷暖房兼用機なので、夏は冷房・冬は暖房といった感じで1年中使うことができるのがメリットです。なお、エアコンとそのほかの暖房器具を併用することで、暖房効率をより上げることができます。

2.暖房効率を上げるポイント

暖房効率を上げる主なポイントを詳しく見ていきましょう。

2-1.窓にカーテンをかける

窓にカーテンをかけると、暖房効率が上がります。せっかく暖房器具を使っても、窓から熱が逃げてしまうことが多いからです。窓にカーテンをかければ保温効果により、窓から熱が逃げにくくなります。温かみのあるカラーで、部屋のインテリアに合うデザインを選ぶとよいでしょう。

2-2.ドアや窓をきちんと閉める

暖房器具を使うときは、窓やドアをきちんと閉めましょう。窓やドアが開いたまま暖房しても、暖かい空気が逃げてしまい、電気代が多くかかってしまうだけです。暖房を使う前に、窓やドアをきちんと閉めるだけでも、随分違うので試してみてください。ほかの部屋に移動するときも、なるべく静かにドアを開けて素早く出ることをおすすめします。

2-3.窓の断熱対策をする

窓の断熱対策をすると、暖房効率が上がります。また、結露を防ぐ効果もあるのでおすすめです。たとえば、以下のような方法で断熱対策してみるといいでしょう。

  • 窓に断熱シートや断熱パネルを貼る
  • 断熱窓に交換する

2-4.サーキュレーターを活用する

サーキュレーターを活用すると、暖房器具で暖められた空気が循環し、暖房効率が上がります。暖まった空気は、部屋の上部に移動するので、サーキュレーターにより上から下に流すようにするとよいでしょう。顔がのぼせたり、足元が冷えたりするのを防ぐことができ、快適に過ごしやすくなります。

3.暖房器具の電気代を節約する方法

暖房器具の電気代を節約する方法を詳しく解説します。

3-1.暖房器具をきちんとクリーニングする

暖房器具をきちんとクリーニングすることで、電気代の節約につながります。暖房器具が汚れていると、暖房効率が下がるのです。特に、温風の吹き出し口には大量のホコリが付着しやすいので、定期的にクリーニングしてください。暖房器具の種類によっては、フィルターの交換が必要になるケースもあるでしょう。暖房器具をきちんとクリーニングすることで、暖房効率が上がるだけでなく、衛生面でも安心です。

3-2.タイマーを活用する

暖房器具の使い過ぎを防ぐためにも、タイマーを活用するといいでしょう。上手に活用すれば、24時間暖房を付けたままにするよりも電気代を節約できます。たとえば、朝起きる1時間前にスイッチを入れたり、夜寝てから2時間後にスイッチが切れたりするようにすれば、無駄がありません。

3-3.省エネ設計の暖房器具を使用する

省エネ設計の暖房器具を使用すると、電気代を抑えることが可能です。古い暖房器具は、暖房効率が悪くて使用するほどに電気代がかさむことがあります。特に、10年以上使用しているものは買い替えがおすすめです。省エネ設計の暖房器具に買い替えれば、いつもどおりの使い方であっても、電気代が少なく済みます。買い替えの初期費用はかかりますが、長い目で見ればお得な方法といえるでしょう。

4.暖房器具を使用する際の注意点

暖房器具を使用する際の主な注意点を詳しく見ていきましょう。

4-1.正しい使い方を守る

暖房器具は、正しい使い方を守りましょう。使い方を守らないと、思わぬケガやトラブルの原因になります。特に起こりやすいのは、間違った使い方による低温ヤケドです。こたつやあんかなど、肌と近い距離で使用する暖房器具は、長時間使用すると低温ヤケドを引き起こすことがあります。特に、就寝時に使用する場合は気を付けてください。また、間違った使い方をすると、暖房器具が故障して早期に買い替えが必要になる原因にもなります。

4-2.灯油やガスなどを使うものは適度に換気する

暖房器具の中でも、灯油やガスなどを使うものは、適度に換気することが必要です。不完全燃焼を起こすと一酸化炭素が発生し、一酸化炭素中毒を引き起こす可能性があります。最近の暖房器具には安全装置が付いており、センサーが働いて警告音を鳴らしてくれるので便利です。寒いからといって換気をしないでいると、頭痛がしたり気分が悪くなったりするだけでなく、最悪の場合は命にかかわることがあるので十分に注意しましょう。

4-3.暖房器具による火災に気を付ける

暖房器具による火災にも気を付けてください。暖房器具の近くに可燃物があると、異常加熱により発火し、火災を引き起こすことがあります。また、石油ストーブを使用中、洗濯ものを乾かそうと干しておいたところ、洗濯ものが落下して火が燃え移ることもあるのです。暖房器具による火災は、毎年数多く報告されています。自分だけは大丈夫と考えず、火災を発生させないように注意しましょう。

5.暖房効率に関するよくある質問

最後に、暖房効率に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.換気をすると暖房効率が下がってしまうのでは?
A.確かに、換気をすれば暖房器具で暖まった空気を逃がしてしまうことになります。しかし、換気をしないでいると、部屋の酸素濃度が低くなって頭痛などの原因になるのです。また、灯油やガスなどを使う暖房器具は、一酸化炭素中毒になるリスクが高まるので必ず換気をしてください。

Q.古い木造住宅で暖房効率を上げるコツは?
A.できるだけ家のすき間をふさいでください。古い木造住宅は密閉性が低いため、あらゆる場所にすき間があります。せっかく暖房しても、すき間から暖かい空気が逃げてしまうので注意しましょう。市販のすき間テープなどを利用すると簡単に対策できます。

Q.厚着をすれば暖房器具を使用しなくていい?
A.確かに、電気代をかけずに寒さを防ぐには、厚着をすることで一定の効果を期待できるでしょう。しかし、一時的に寒さをしのぐことができても、着替えや入浴時の脱衣で体に大きな負担がかかり、ヒートショックを引き起こす原因になります。厚着をするよりも、暖房器具を適切に使うことがおすすめです。

Q.暖房効率が悪いとヒートショックになる?
A.ただちにヒートショックになるとは断言できません。しかし、暖房効率が悪くて部屋が寒いままだと体に大きな負担がかかり、血圧や心拍が上昇して血管や心臓に致命的なダメージを与えることがあります。健康面から見ても、暖房効率を高めることに越したことはないでしょう。

Q.断熱窓に交換する際の費用目安は?
A.以下を参考にしてください。

  • カバー工法(既存の窓枠を利用して新しい窓枠を設置する):10~20万円程度
  • はつり工法(既存の窓枠を取り外して新しい窓枠を設置する):30~50万円程度
  • 既存の窓に内窓を設置する:15~30万円程度
  • 断熱ガラスに交換するだけ:1枚5万円程度~

まとめ

今回は、暖房効率について詳しく解説しました。暖房効率を上げる工夫をすることで、電気代を抑えながら、暖かい部屋を実現することが可能です。暖房効率を上げるには、家のすき間をふさぐ、窓にカーテンをかける、窓の断熱対策をする、サーキュレーターを使うなどさまざまな方法があります。また、暖房器具の使い方を見直したり、きちんとクリーニングしたりすることで、電気代を抑えながら暖房効率を上げることが可能です。寒い冬を快適に乗りきるためにも、ぜひこの記事を参考に対策してみてください。