給湯器のお湯が出ない! ケース別の確認方法と対処方法を紹介!

給湯器のトラブルの中で最も多いのはお湯が出ないというトラブルです。お湯が出なくなるとあわててしまいますが、まずは落ち着いて点検してみましょう。

これらの基本事項を確認しましょう。もともとの電源がオフになっていただけだった、という場合も多々あります。その場合は電源を入れれば問題なくお湯が出ます。しかし、それでもお湯が出てこない場合は給湯器やその他施設のトラブルが考えられます。「水そのものが出てこない場合」と「水は出るがお湯にならない場合」で原因を探っていきましょう。

水そのものが出てこない

水そのものが出てこない場合は、給湯器のトラブルよりも水道のトラブルの方が多いです。まずは他の蛇口から水が出るかどうかを確認し、断水していないか確認しましょう。平日の昼間に断水して工事など行われている場合もあります。うっかり断水情報を見逃していないかどうかを確認してみましょう。

そして、寒い地域に多いのが給湯器の水道管の凍結です。凍結対策がとってあっても、屋外設置のガス給湯器の場合は凍ってしまう場合もあります。寒い地域の古い賃貸住宅に住んでいる方は、大家さんに凍結の様子を聞いたり、家の外の水道管をチェックしてみましょう。

凍結の場合は、水道管にお湯をかけて凍結を解消し、水道管が凍結しない処置をする必要があります。水道管の状況や給湯器の種類によって凍結防止処置は違ってきますので、大家さんに相談を。どうしても自分で処置できない場合は給湯器の会社に連絡してみましょう。

水は出るのにお湯にならない場合

水は出るけど冷たいままお湯にならないという場合は、給湯器のトラブルが考えられます。良くあるトラブルは、

  • 豪雨や落雷で給湯器のブレーカーが落ちている
  • 雨水の侵入による着火ミス

これらの自然災害によるトラブルです。ブレーカーが落ちている場合は給湯器の電源を抜いてリセットします。雨水の侵入の場合は、内部が乾くまで着火しない場合もありますので、乾くまでおいてから試してみましょう。

ガス給湯器の場合、ガスメーターでガスが遮断されていないかどうかを確認します。ガスが供給されているのにお湯が出ない場合は、配管の凍結具合や給湯器まわりの水漏れを確認します。水漏れや配管の凍結は自分で対処できない場合もありますから、その場合は購入したお店に連絡して対処法を聞き、それでも治らないようなら修理を依頼しましょう。

それ以外にも、「給湯器そのもののトラブル」があります。自然災害もなにもないのにお湯が出ないという場合やリモコンにエラー表示が出ている場合は給湯器の故障やトラブルの可能性が高いです。これは自分では対処できない場合が多いですから、購入したお店に連絡してエラーの対処を聞くのがベストです。

また、お湯の温度が一定にならない場合も同じ。しばらくお湯を出しても温度が一定にならない、最初はお湯だったけどお水に代わってしまう、という場合は早めにお店に連絡を! 取り替えが必要な場合もありますので、お湯が出ない場合は早めに対処しましょう。

給湯器のお湯が出ない原因と解決策まとめ

  • まずはガス栓・給水元栓の開閉、運転スイッチのオンオフ、ガスメーターが動いているかをチェック
  • 水そのものが出ない場合は断水・凍結を疑ってみる
  • 凍結していた場合は凍結防止の対処をする
  • ブレーカーが落ちている場合はブレーカーをあげる
  • 雨水の浸水の場合は雨水を抜き、内部を乾かしてから試す
  • 給湯器からの水漏れ・リモコンのエラー表示が出た場合・お湯の温度が一定しない場合は給湯器のトラブルの可能性大
  • 給湯器のトラブルは購入店に連絡して対処を聞く

お湯が出ないというトラブルは意外と多く、電源が入っていないというアナログなトラブルから給湯器の故障までさまざまです。まずは電源が入っているかどうかをチェックし、何度か抜き差ししてお湯が出るかどうかを試しましょう。給湯器のトラブルの場合は自分で対処不可能な場合もあります。お湯が出ないと生活に支障が出ますから、早めに連絡して対処法を聞き、必要な場合は修理を依頼しましょう。