ちゃんと作動してる?給湯器故障の気になる原因と対処法

長年給湯器を使っていると、さまざまな不具合や故障する箇所が出てきます。
音が大きくなったり臭いがしたり、水漏れが発生したりと不具合の現象はさまざまです。
給湯器の寿命は15年程度ですから、15年ぐらい経ったら故障個所が出てくる可能性があることを頭に置いておきましょう。

ここでは給湯器の故障の原因と対処法をご紹介します。
よくある故障と思われる原因をピックアップしていますので、給湯器の不具合が気になる方はぜひ参考になさってください。

お湯も水も出なくなった

よくある給湯器のトラブルが「お湯も水も出ない」というトラブル。
この場合は1か所だけなのか、家中の複数個所なのかで対処法が違います。

1か所だけ不具合がある場合

水栓の交換・もしくは修理が必要な場合がほとんど。
そのほか、配管が一部凍結している・バルブの故障などが考えられます。

家の複数個所の不具合の場合

原因として考えられるのは給水配管の凍結・リモコンのスイッチが入っていない・給水バルブが閉まっているなどです。
これらの不具合はそれぞれ凍結場所にお湯をかける・リモコンのスイッチを入れる・給水バルブを開けることで解消します。

複数個所からお湯も水も出ない場合は栓が閉まっていたりリモコンのスイッチの入れ忘れなどが多く、故障ではないこともあります。
1か所だけの不具合の場合は修理が必要な場合もありますから、専門の業者にお願いしましょう。

水は出るがお湯が出ない

水がお湯にならない場合は

  • 給湯器の電源が正しく入らない
  • 水がぬるいまま熱くならない
  • 燃焼ランプがつかない

などのトラブルが考えられます。

原因としては

  • 水栓金具の不具合
  • 給水フィルターの詰まり
  • 給水栓の開きが不十分

などが考えられます。
水栓金具の不具合の場合は修理・交換を、フィルターの詰まりの場合はフィルターの清掃を行いましょう。
いずれも業者の方に見てもらって対処してもらうのがおすすめです。

また、ガス給湯器の場合は

  • ガス栓が閉まったままになっている
  • プロパンガスのガス切れ
  • ガスメーターの不具合

などの原因がが考えられます。
プロパンガスの場合はガス容器の交換を、ガスメーターの不具合の場合は専門業者の点検が必要です。

音に異常がある

給湯器の音に異常がある場合は音の種類によって原因が違っています。
「ピー」という笛のような音がする場合、ファンモーターの部品の不具合・故障が考えられますので専門業者に点検をお願いしましょう。

点火する際に小さな爆発音がする場合は不完全燃焼を起こしている可能性があります。
ガス漏れの可能性もありますから、必ず業者にお願いしてチェックしてもらいましょう。
場合によっては機器の交換や修理が必要です。

給湯器故障の原因まとめ

  • お湯も水も出ない場合、特に1か所だけの不具合は故障の可能性がある
  • 水は出るがお湯は出ない場合、水栓の交換やフィルターの清掃が必要(ガス給湯器の場合はガスメーターの不具合の場合あり)
  • 音に異常がある場合は専門業者に点検をお願いしたほうが無難

いかがでしたでしょうか。
給湯器の不具合はスイッチを入れれば解消されるものから業者にお願いしたほうが良いものまでさまざまです。
何日も同じ不具合が続く場合は故障の可能性がありますので、必ず専門業者に点検をお願いしてください。

京都環境ネット