給湯器の燃焼状態を調べるフレーム電流測定方法 3つのポイント

自宅にある給湯器。きちんと燃焼しているか心配ですか?
もし給湯器のお湯が理由も無く冷たくなる場合は給湯器が正しく燃焼していない可能性があります。そのような場合は給湯器のフレーム電流を測定してみる必要がありますよ。

フレーム電流値というのは、給湯器の中で正しく炎が燃えているかどうかを監視するための数値です。
炎は電気的に導体なので電気を通します。ですから、給湯器の火が付く場所に電極を設置すると、燃焼している場合は電気が流れますし、そうでない場合は電気が流れません。このことによって給湯器が正しく燃焼しているかどうかを知ることが出来るのです。

では、自宅にある給湯器のフレーム電流をどのように測定することができるのでしょうか?
この記事では給湯器のフレーム電流測定方法について3つのポイントをご紹介します。給湯器の炎が正しく燃焼しているかチェックする時にお役立てください。