亀岡市で給湯器の交換を依頼するならどこがいい? 業者選びのポイントを解説!

亀岡市は京都府の中西部に位置する市で、京都市・宇治市に次いで京都府では3番目に人口が多い都市です。保津川下りの出発点としてもよく知られています。現在は、大阪府や京都市のベッドタウンとして発展しており、パナソニックをはじめとする企業の支社も豊富です。また、新興住宅地の開発も進んでいるので、京都府の中では次世代型給湯器の導入が進んでいます。
今回は、亀岡市の給湯器事情について解説しましょう。

  1. 亀岡市の給湯器事情
  2. 亀岡市で給湯器交換を行っている業者
  3. 業者を選ぶ際のコツや注意点
  4. 亀岡市の給湯器交換に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、亀岡市で給湯器が故障したとき、どの業者に依頼すればいいのかすぐに分かります。亀岡市にお住まいの人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.亀岡市の給湯器事情

亀岡市は京都市の西側、嵐山から愛宕山や烏ヶ岳を超えたところにある市です。京都府、宇治市に続いて京都府第3位の人口をほこり、近年は京都市や大阪府のベッドタウンとして発展してきました。市の歴史は長く、古い一軒家や築浅のマンションや住宅が混在しています。また、亀岡市は都市ガスが普及しているため、給湯器はガスを使用したものが多いでしょう。この他、オール電化住宅などでは、電気温水器も使われています。また、排熱を利用する次世代給湯器のエコキュート(熱源:電気)やエコジョーズ(熱源:ガス)の導入も進んできました。
なお、一戸建ての場合は給湯器の大きさや熱源もある程度自由に決められます。たとえば、大がかりな水回りのリフォームをする際、熱源をガスから電気にしたり、次世代型給湯器にすることもできるでしょう。しかし、マンションの場合はあらかじめ給湯器の熱源や規格が決まっているところがほとんどで、交換する場合は同じ熱源、号数のものにする必要があります。さらに、給湯器は、屋外の地上・屋外の壁面・屋内の3か所に設置できますが、建物の状態によっては、取り付けられない場所もあるでしょう。壁面の高い場所に取りつけられている給湯器を交換する際は、一度業者に下見をしてもらうのがおすすめです。