交換工事費は?ガス給湯器の設置や取り付け・価格相場などのご紹介

お風呂・台所・洗面所などで毎日使うお湯は、給湯器なしには使うことができません。毎日使うものだからこそ、故障してお湯が出なくなったら困りますよね。また、電気代・ガス代などを考慮して、新しい給湯器に交換工事をしたいという方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、給湯器の交換工事や工事費用などについてご紹介します。

  1. 給湯器について
  2. 給湯器の工事・費用について
  3. 給湯器の工事・見積もりについて
  4. 給湯器の工事・業者の選び方
  5. 給湯器についてよくある質問
  6. まとめ

給湯器の工事費について知りたい方や、給湯器の設置・交換について検討している方は、ぜひ最後までこの記事を読んでみてください。業者の選び方のポイントや、給湯器の工事費の料金相場などもご紹介しますので、給湯器の工事で悩んでいる方にはぴったりの内容となっております。

1.給湯器について

1-1.給湯器とは

給湯器とは、水を温めてお湯として供給するための機械のことです。主に、ガスや電気を利用してお湯を沸かします。メーカーは、リンナイ・ノーリツ・パロマなどが主流です。

1-2.給湯器の種類

給湯器には、主に二つのタイプがあります。一つは瞬間式、もう一つは貯湯式です。瞬間式は、水道をひねった時に水を瞬間的に温めて、お湯にします。貯湯式は、電気代が安い夜間の時間帯に、あらかじめお湯を沸かしてタンクにためておくタイプです。

1-3.最近の傾向

最近では、エコジョーズやエコキュートなど、省エネ志向の給湯器に人気が集まっています。エコジョーズの熱源はガス、エコキュートは電気です。どちらも排熱を逃さず使用するため、エネルギーを効率的に使えるのが特徴となっています。

2.給湯器の工事・費用について

2-1.給湯器の工事について

給湯器に寿命が来て買い換える場合には、取り付け工事が必要になります。給湯器の工事では水道・ガス・電気を扱うため、自力での取り付けは不可能です。資格を持った専門の業者に依頼する必要があります。

2-2.工事費について

2-2-1.標準工事費

給湯器の工事費は、3万~4万円程度です。給湯器SHOPエコの店の工事費も併せてご参照ください。

  • ガスふろ給湯器:36,000円
  • ガス給湯器:30,000円
  • 高温水供給式タイプ:33,000円
  • エコジョーズ:39,000円

上記は、同タイプの給湯器の標準取り付け工事費です。異なるタイプの給湯器を取り付ける場合は、ご相談ください。

2-2-2.別途工事費が必要な場合

下記のような場合は、別途工事費が発生することがあります。見積もりをおこなう場合は、事前にしっかりサービス内容と料金を確認しておきましょう。

◆別途工事費が必要な場合

  • 各配管総延長が2m以上ある場合やリモコンを増設する場合
  • タイプ変更工事(給湯専用から追い焚き(おいだき)機能付きへなど)
  • 排気筒工事
  • 電気工事
  • 暖房端末追加工事
  • 壁貫通工事

◆別途費用が必要な部材例

  • 循環アダプター、循環パイプ
  • 排気カバー
  • 配管カバー
  • 据置台

部材の写真など、詳細はこちらを併せてご覧ください。

2-3.給湯器本体の価格について

工事費以外に、給湯器本体の費用も必要になります。給湯器の主な価格は以下のとおりです。

  • ガス給湯器:4万円~7万円程度
  • ガスふろ給湯器:7万円~12万円程度
  • エコジョーズ:10万円程度

本体価格+工事費込みのパック料金もあります。

3.給湯器の工事・見積もりについて

3-1.業者への相談について

どの商品を選ぶべきか分からないことも多いでしょう。給湯器SHOPエコの店では、コスト面での心配や、リフォームでの設備導入など、さまざまなご相談にも対応できます。

3-2.費用の差について

給湯器の取り付け工事を依頼する際は、複数の業者に見積もりを依頼し、見積もり合わせをおこなうのがおすすめです。その際は、料金だけで判断せず、サービス内容もきちんと確認しましょう。アフターフォローなど、工事保証も重要なチェックポイントです。

3-3.注意点

工事費用や給湯器の料金が安い場合、下記のような理由があります。

  • 給湯器を安く仕入れられる
  • アフターフォローやオプション料金など、必要な費目を削って料金を提示している

後者の場合、安い料金が提示されていても、最終的には高くついてしまう可能性もありますので注意してください。

4.給湯器の工事・業者の選び方

4-1.業者を選ぶポイント

工事業者を選ぶ際は、料金・サービス内容・アフターフォローの充実度・実績やノウハウなどを検討しましょう。見積もりを依頼した際の説明が分かりやすく丁寧かなども、業者選びのポイントとなります。

4-2.工事の流れについて

給湯器SHOPエコの店の工事の流れをご紹介します。

  1. お見積もり依頼
  2. 現地調査(必要に応じて関西だけ対応)
  3. お見積もり
  4. 発注
  5. 取り付け工事
  6. お支払い

4-3.トラブル対応

給湯器SHOPエコの店では修理対応にお伺いすることが可能です。給湯器の修理・トラブル対応についての詳細は、こちらでもご紹介しております。ただし、お急ぎの場合は直接メーカーにお問い合わせください。

4-4.アフターフォロー

給湯器SHOPエコの店では、充実のアフターフォローを提供しております。

  • 当社独自の10年工事保証
  • メーカーによる商品保証(無償2年)
  • JBR ジャパンベストレスキューシステム株式会社による商品延長保証(有償)

弊社が施工した工事の場合、工事後10年間は無償で工事いたします(天災・過失・経年劣化などによる不具合をのぞく)。

4-5.相談窓口

給湯器の工事について、不明点やお問い合わせがあれば、こちらのフォームより無料でお問い合わせいただくことができます。工事内容や料金・給湯器の種類などについて分からないことがあれば、お気軽にご相談ください。

5.給湯器についてよくある質問

5-1.給湯器の寿命は何年くらいですか?

使用状況にもよりますが、約10年が寿命となっています。寿命を過ぎた給湯器や、不具合が多くなってきた給湯器は、交換をご検討ください。

5-2.すぐに給湯器の取り付け工事をしてほしいのですが

給湯器SHOPエコの店では、以下のような対応が可能です。

  • 平日の午前11時までのご注文の場合:最短で翌日
  • 平日の午後および休日のご注文の場合:最短で翌々日

※弊社に給湯器の在庫がある場合にかぎります。ご依頼はお電話(0120-619-630)でも受け付けておりますので、ぜひお問い合わせください。

5-3.給湯器の号数を上げることは可能ですか?

一戸建ての場合は、サイズや配管を設置するスペースがあれば、号数を上げることが可能です。マンションの場合はこれらのスペースが取れないことが多く、号数を上げられない可能性が高くなります。管理人さんや大家さんなどに事前に確認しておくと確実です。

5-4.古い給湯器の処分方法は?

弊社に工事をご依頼いただいた場合、古い給湯器の回収も料金内に含まれております。ご自身で処分する際は、自治体のゴミ区分を確認し、指定の方法(粗大ゴミ・金属ゴミなど)で処分してください。

5-5.悪徳工事業者にひっかからないようにするためにできることはありますか?

以下の方法がおすすめです。

  • 料金に関することは、書面やデータなど残る形でもらう
  • 不明な料金(人件費・作業代などあいまいな費目)については説明を受ける
  • 資格の有無を確認する(給水装置工事技術者・電気工事士・ガス機器設置など)
  • ネットで口コミ・評判などをチェックする

6.まとめ

いかがでしたか。給湯器の工事費についてご紹介しました。毎日使う給湯器だからこそ、突然壊れたり不具合が起きたりすると困ってしまいますよね。いざという時にあわてないためにも、きちんとした工事業者を選んでおくことが大切です。また、給湯器の工事費をなるべく安くするためには、見積もり合わせや、料金とサービス内容をチェックすることが重要になります。しっかりと業者を検討することで、お得に給湯器の工事をおこなうことができるでしょう。