【京都市】給湯器(湯沸かし器)交換・設置・業者選びのコツとは?

お風呂や飲食用など、普段なにげなく使っているお湯は、給湯器(湯沸かし器)がなければ沸かすことができません。給湯器(湯沸かし器)が故障してしまったり不具合が出た場合には、焦ってしまうものですよね。また、家族が増えて使うお湯の量が増えた・よりエコな給湯器を使って光熱費を節約したいという方も多くいらっしゃるでしょう。そこで今回は、京都市の給湯器交換や設置工事についてのご紹介です。

  1. 京都市での給湯器の交換について
  2. 京都市の給湯器交換業者について
  3. 京都市の給湯器交換業者の選び方
  4. 給湯器交換についてよくある質問
  5. まとめ

京都市で給湯器の設置・交換について検討している方はぜひ最後までこの記事を読んでみてください。給湯器工事の業者を選ぶ際の注意点やポイントを詳しくご説明します。京都市でおすすめの給湯器工事業者についてもご紹介するので、参考にしてみてください。

1.京都市での給湯器の交換について

1-1.京都市の給湯器の傾向

京都市では、コンパクトタイプのガス給湯器が人気です。京都は、庭が狭いもしくはない住宅が多いため、コンパクトタイプが重宝されやすい傾向にあります。また、景観維持のために高層マンションが建てられない区域があるため、屋上やタンクなどでお湯を貯(た)める電気給湯器より、ガス給湯器のほうが多くなっているのです。

1-2.給湯器の選び方

盆地の京都は、冬にかなり冷え込むため、給湯量も自然と多くなります。そのため、給湯効率のいいエコジョーズ(ガス給湯器)など、コストパフォーマンスのよい給湯器がよいでしょう。ランニングコストを抑えることによって、結果的に家計の節約になるのです。家族構成と号数の目安の参考として、下記もご参照ください。

  • 1人…16号
  • 2人…16号・20号
  • 3~4人…24号・28号

1-3.設置場所について

給湯器の設置場所は、主に以下のようなものがあります。

  • 戸建屋外設置
  • 屋内設置
  • マンションPS設置
  • マンションベランダ設置
  • マンションチャンバ設置

設置場所の種類が分からない場合でも、給湯器ショップ エコの店 京都環境ネットの見積もりフォームに写真を添付することで、見積もりを行うことができます。

1-4.一戸建てとマンションとの違い

一戸建てとマンションでは、設置場所が異なります。一戸建ての場合はお風呂場の近くの地面に設置するのが一般的です。一方、マンションはベランダや外廊下に取り付けることが多くなります。マンションのほうが一戸建てよりコンパクトな給湯器を使うことになるでしょう。

1-5.注意点

住宅環境によっては(特にマンションでは)取り付けられないタイプの給湯器もあります。サイズや型番・号数などは、管理人や大家さん、そしてプロの給湯器交換業者に確認しておくと安心です。