給湯器の配管について知りたい! 配管方法や取り付け工事について

お湯を沸かすために必要な給湯器は、配管を接続して設置します。配管工事をきちんと行っておかなければ、給湯器を正しく使うことができません。また、誤った配管を施してしまえば、給湯器の寿命が短くなる可能性もあります。給湯器をきちんと正しく使うためには、配管工事にかんする知識も必要です。

そこで、本記事では、給湯器の基礎知識や配管・配管工事・業者選びのポイントなどについて説明します。

  1. 給湯器の基礎知識
  2. 給湯器の配管について
  3. 給湯器の配管工事について
  4. 給湯器の配管工事~取りつけについて
  5. 給湯器の配管に関してよくある質問

この記事を読むことで、給湯器の配管について詳しく知ることができます。買い替えや設置を考えている方は、ぜひチェックしてください。

1.給湯器の基礎知識

給湯器の配管について知る前に、一体どのような器具なのか詳しく知ることが大切です。概要や種類・メーカー・最近の傾向について説明します。

1-1.給湯器とは

給湯器とは、水をお湯に換えて供給する器具のことです。別名で湯沸かし器や温水器とも呼ばれていますが、一般的な給湯器は家庭についているものを指しています。お風呂やお皿洗いなど必要なお湯だからこそ、1家に1台ある器具です。一戸建ての場合は浴室の近く、マンションやアパートの場合は、ベランダや廊下に設置します。

1-2.種類

給湯器の種類は、電気・ガス・石油と熱源の違いで大きく分けることができます。それぞれの特徴について、詳しく確認していきましょう。

1-2-1.電気給湯器

電気給湯器は、電熱ヒータータイプと熱交換を行うタイプに分けることができます。主に、深夜電力を使用して夜にお湯を沸かし、貯湯タンク内に85℃程度に沸かしたお湯を150~560リットルほど貯(た)める仕組みです。そして、日中は貯湯タンクに溜(た)まっているお湯を利用します。排気がない・電気代が節約できる・ガスや灯油の配管工事を必要としない点がメリットです。ただし、日中にお湯が足りなくなったときは、その際に沸かすことになるため、コストがかかります。

1-2-2.ガス給湯器

給湯器の中でも、一般的に主流となっているのがガス給湯器です。ガス給湯器は、タンク内の水を加温する貯湯式と使いたいときに瞬時にお湯を沸かす瞬間式に分かれています。電気給湯器よりも火力が強く、ガス(プロパンガス・都市ガス)と上水道を接続すれば、すぐに稼働可能です。

1-2-3.石油給湯器

石油を熱源とした給湯器であり、浴槽などの多量給湯に使います。従来の給湯器は、ほとんどが石油給湯器でしたが、石油価格の高騰(こうとう)などで現在はあまり使っていません。最近は、石油給湯器から電気給湯器へシフトする方が増えています。

1-3.メーカーについて

給湯器のメーカーといえば、Rinnai(リンナイ)・NORITZ(ノーリツ)・Paloma(パロマ)の3社が代表的です。Rinnai(リンナイ)は、知名度が高く、消費電力を抑える機能が評判となっています。国内給湯器メーカーの最大手であるNORITZ(ノーリツ)は、熱効率が最も高い点が特徴です。コストパフォーマンスを重視する方に人気の傾向があります。そして、Paloma(パロマ)は、幅広い層に人気があり、多彩な機能がそろっている点が特徴です。

1-4.最近の傾向

最近は、消費エネルギーの削減や熱交換率などエコにかんする機能に注目が集まっています。多くの給湯器メーカーも、エコジョーズ・エコフィール・ハイブリッドなどの地球にやさしい給湯器の製造・販売に力を入れているようです。エコジョーズは、従来の給湯器よりも約12%ものガスを削減することができます。また、消費エネルギーの節約だけでなく、二酸化炭素の排出量も抑えることができるのです。