給湯器の買い替えを検討中の方必見! 給湯器の選び方 ベスト3

あなたの家の給湯器。そろそろ買い替えが必要ですか? 
給湯器は家で温かいお湯を使うためになくてはならないものです。
ですから、自分の家にあった良い給湯器を設置したいと思いますよね。
あなたもどんな給湯器を設置しようか迷っているところですか? 
給湯器にはガス給湯器・電気給湯器・エコキュート・石油給湯器などがありますよね。「自分の家にはどちらが向いているのだろう」と思いますか?
そこでこの記事では、色々な給湯器の選び方をご紹介します。

元々設置されている給湯器と同じタイプを選ぶ

あなたの自宅に設置されている給湯器は、その家に住むようになった時から設置されていた物ですか? 
もしそうなら、給湯器を交換するときには同じタイプのものを選ぶのがおすすめですよ。
同じタイプの給湯器なら施工費用も安く簡単な工事で取り付けることができます。 
マンションでは施工の関係で原則同じ給湯器にしか交換できません。
この点も知っておくと良いですよ。

家族構成の変化に応じて給湯器を選ぶ

家族構成というのは時と共に変化しますよね。子供が自立して夫婦二人だけになる場合や子供たちの家族と同居することになる場合など様々です。 
その家族構成の変化に合わせて給湯器も大きさを変えることが出来るでしょう。
ガス給湯器は大きさによって「号数」がつけられています。
夫婦二人になる場合は「20号」、家族の人数が5人以上に増える場合は「28号」を目安に選ぶのがおすすめです。 
電気給湯器の選び方は「タンクの容量」です。夫婦二人なら「370L」、家族が5人以上になる場合は「550L」を目安に選びましょう。 
エコキュートのタンク容量は夫婦二人なら「300L」、家族が5人以上になる場合は「550L」が選び方の目安です。 
石油給湯器の取り付けには専門的な知識が必要になります。
あなたの家族構成や使用状況を専門の業者に伝えてアドバイスを貰いましょう。

それぞれの給湯器メリットとデメリットを理解して選ぶ

給湯器には色々な種類があります。どのように選べばいいと思いますか?
給湯器にはそれぞれメリットとデメリットがあるということを知っておきましょう。
例えば「エコキュートは一番経済的」と言われますが災害で停電した場合動かなくなってしまうこともあるのです。
電気給湯器も同じことが言えますね。 
逆にガス給湯器はガス代が高いということが問題になるでしょう。
石油給湯器の場合は石油の値段によって利用料金が左右されます。 
周りで色々な宣伝を見かけるかもしれませんが、あなたの住んでいる地域と家族の状況に一番あった給湯器を選ぶことが大切ですよ。

いかがでしたか?

この記事では、色々な給湯器の特徴とその選び方を3つご紹介致しました。

  • 今ある給湯器と同じ物を選べば安く簡単に交換できる
  • 給湯器は家族構成の変化に応じて選ぶ
  • 給湯器のメリットとデメリットをよく理解して選ぶ

給湯器を新しく取り付ける時にはこれらの点に注意して選んでみてください。